​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「inori-ya」…10話*神との対話に救われる

失敗の連続 "お祈り" を専門にした会社「株式会社 祈り屋」 を20年前に設立した当初は失敗の連続で あった。 "初めてやる物事は、余程簡単でない限り 失敗がつきもの" と自己啓発本か何かで読んで、確かにそうだと 思っていた事はあったが、この時ばかりは …

「inori-ya」…9話*お祈り専門団体 "白光真宏会"とは

サービス 妻に否定的な意見を言われたので、 それをお客様の声と思い、対処法を色々と 考えてみた。 祈っている姿を録画してコピーする 願望を願うような祈り方は避ける (〇〇大学に合格出来ますように等) 祈る人を絞る (祈る人の食生活はビーガン、普段から…

「inori-ya」…8話*スピリチュアルな夢

毒が抜ける ヴィパッサナー瞑想に来て半年が経った頃、 当初の予定通り施設を後にした。 帰る直前には生徒としてコースに参加した ので、とても充実した気持ちで集中して 瞑想に取り組めた。 あの半年間は誰とも連絡を取らず、 雑誌もTVも新聞も見ずにいたが…

「inori-ya」…7話*ヴィパッサナー瞑想でのブレイクスルー

祈り屋の原点 京都のヴィパッサナー瞑想センターに滞在して 4ヶ月が経った頃、瞑想をしている時にふと "お祈りを専門にしている会社ってあるのかな" と思った。 それからしばらくはその事が矢鱈と気になり、 ことある毎に考えるようになった。 しかし、瞑想…

「inori-ya」…6話*出家願望と祈りの日々

青森での穏やかな生活 青森県の別荘地へと引っ越してきたのも、 妻の出身地であったからだ。 青森へ来て半年程は仕事もせず ゆっくりと過ごしていた。 起きたい時間に起きて、日がな一日散歩を したり、スピリチュアルな本を読んだりして、 仕事のストレスに…

「inori-ya」…5話*スピンドリフトリサーチの祈り

「スピンドリフトリサーチ」の研究 「祈り」の科学的研究に関しては、 米国の「スピンドリフトリサーチ」という 科学的な機関が些細な研究を行なっている。 彼らは植物に対して "祈る" ことで、 どのような変化が起こるのかを実験した。 祈りの量的効果 まず…

「inori-ya」… 4話*祈りの実践

「拝み屋」 青森へと引っ越してきたはいいが、 これから妻を置いて出家するような真似を 本当にしても良いものだろうか…。 私に出家願望がある事を 妻に初めて出会った時にも言っていたようで、 妻はその事を印象深く覚えていたようだ。 とは言え、この先本…

「inori-ya」…3話*田舎の暮らしと感謝の気持ち

ドロップアウト 仕事を引退すると決めてから、 クライアントに挨拶回りをして従業員を紹介し 会社の荷物の整理や引越し作業、 残っていた残務処理に引き継ぎなど、 本当に目まぐるしい展開であった。 私は最後の力を振り絞るようにして それらのタスクをこな…

「inori-ya」…2話*夢に向かってシフトチェンジ

座右の銘は確かに当たる 「初めてのことは余程簡単でない限り 失敗する」…。 とは私の人生における座右の銘の一つである。 そしてもう一つ、 「何事も動き出しが最もエネルギーを使い、 軌道に乗るまでは要注意である」…。 社長時代 アルバイトから始めた建…

「inori-ya」…1話*アイデンティティは模倣癖

開業当初 今年で62歳になった私が「祈り屋」として 活動しだしてから早20年が経った。 始めた当時は、お祈りと言えば神社で祈祷して もらうか、教会で行われている、というのが 一般的な認識であったし、実際に職業として 「お祈り」だけを専門にしている法…

「般若心経超超超訳」

幸せになるヒントを教えよう。 この世は全て幻だ、苦楽も全て空っぽなんだ。 この世は常に変わりゆく、 それは苦楽も同じなんだ。 五感の全ても空なんだ、だからそんなものには 煩わされるないように。 小乗仏教はあれこれ説明するけれど、 一切が空なんだか…

「般若心経超超超訳とは」

大般若経典 般若心経を読み解く 昨日までの記事で般若心経について、 「般若心経超超超訳」として その内容に触れたので、 今日は般若心経について 少し角度を変えて書いてみよう。 とは言え、般若心経の意味については ネットサーフィンすれば いくらでも詳…

「アラサー女子のインナービューティーよ」…8話 完

"何も考えない" コツを掴んで… 大学生の頃に通っていたピラティススクールの 先生は、2〜3年ほど前に実家のある青森へと 引っ越してしまった。 私もそのタイミングでピラティスは卒業した。 そして当時から付き合っていた彼と結婚した。 30歳になった今でも…

「アラサー女子のインナービューティーよ」…7話

何も考えないコツ 土曜日の21時を過ぎた代々木駅の 下りのホームはひとけが少なかった。 さっき先生に教えてもらったばかりの "何も考えないコツ" を実践するには丁度いい。 私は中学校の頃のいじめのトラウマで、 人がいると気になってしまうのだ。 「本当…

「アラサー女子のインナービューティーよ」…6話

人生の幸福度 先日行った自己診断結果によると、 楽しい思い出と嫌な思い出の割合が 9:1 と なった私の人生はどうやら残念なものらしい。 "人生 幸福度" でググってみたところ、 「幸福度は幸せな思い出の数で決まる」 と、フォロワーの多いスピリチュアルな…