​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

処方箋

「人生を自由に創造するには…」

自由に創る可能性 "空の間" と書いて空間。それを余白とも言う。 空間には何も無いように思われがちだが、 しかし、その空間・余白にも確かに存在する 唯一のものがある。 その唯一のものとは "可能性" ではない だろうか。 隙間があるからこそそこには物事…

「願望は語るほどに遠ざかる」

言葉を軽んじてやしないだろうか。 ​​私達は普段、言葉を無神経に使いすぎて ​​いるのかもしれない。​​ ​​ ​​ 例えばそれは頭の中で行われる思考習慣。 ​​ 歯を磨く間、電車を待つ間、 食事中や​​ 運転中…。​​ ​​ ​​ 例えばそれは会話において、 反射的に発…

「地球の視点で "病は気から" 」

病は気から…? 古来より "病は気から" とよく言われるが、 科学が隆盛を極めるかのような現代社会に おいては、科学的な裏付けが何事にも 必要とされがちだ。 現代科学では、まだ精神に関する分野は 未解明な部分があまりにも多く、 お得意の元素記号によっ…

「ファーストフードは【正しい】」 

神との対話 「神との対話」という極めて本質的な本を 読んでいて、そこにはこう書いてあった。 「自分が正しいと思うことの全てが本当は 間違っているとしたらどうだろう。 逆に自分が間違っていると思った全てが 本当は正しいとしたらどうだろう。 優れた科…

「イラつく心の処方箋」

イラつく心を愛してる…? それぞれの性格というのは体型のように 元々の雛形がある。 価値判断や好き嫌い、 盲信的か現実主義か、 利己的か利他的か、 待ち合わせの際に待たせるのはどうも 気になってしまう、 逆に待つくらいなら絶対待たせる、 負けず嫌い…

「自分・子供・社会を平和にするたった一つの方法」

人生の素材とは… 私達の思考、言葉、行動の根本の 原因となっているものは 一体なんだろうか。 一体なぜそのように考え、話し、行動する のか。 それぞれの人生の現状がどんなものであれ、 常に思考、言葉、行動の3つのアクションから 人生は成り立つ。 元々…

「不機嫌と戦争の真実」

不機嫌さが周囲にもたらす影響とは 人は他人が嫌がることを平気でするものだ。 例えばそれは虫の居処が悪かったりする場合、 他人のことなどお構いなしで無愛想に 振る舞ったりする。 不機嫌の原因が雨降りなのか、生理なのか、 寝起きなのか、偏頭痛なのか…

「成功者が陥る罠とは…」

成功者の厄介な側面 お金持ちと言われる物資的に成功した人や、 スポーツ万能でオリンピックに出る ような人、勉強が得意で天才と言われ、 ノーベル賞までもらうような人。 有名スポーツ選手、政治家、病院の医師、 エリート社員、有名芸能人、自由にお金を …

「 "意識" …神は頭に鎮座する」

第六器官とは 人間を構成する六器官とは「耳鼻目舌触知」 である。 耳鼻目舌知は頭にあり、触感は全身にある。 耳鼻目舌触の五感の他に、 思考出来る第六器官の知がある。 脳が正常に働かなければ、これら六感の経験を 享受する事は出来ない。 つまり頭は六…

「色眼鏡から見る景色」

色眼鏡が歪めた景色 黒いサングラスをかけた旅の人はアフリカを 訪れた感想を聴かれてこう答えた… 「確かに自然は豊かだったけど、 特に綺麗なんてもんじゃなかったね、 なんだか町全体が黒ずんでて モヤがかかったみたいさ…」 青いレンズの眼鏡をかけた紳士…

「不安のスパイスは少しでいい」

それはあなたが決めたこと 創造の三原則は思考➡︎言葉➡︎行動である。 ならば思考は口にさえ出さなければいいのか というとそうでもなく、 蓄積されれば自ずと態度に現れ 行動化してしまうものでもある。 思考はエネルギーである。 ゆえにそれは目には見えない…

「フォーカスという大前提」

学びにおける必要不可欠なツール 例えば、あなたがなんらかのスポーツや料理、 自己啓発やビジネスシーンにおいて スキルアップを目指すべく情報に興味を 持っていた場合、ハウツー本やYouTube、 コーチなどからより良い方法を学ぶだろう。 本を読んでいる時…

「自分の価値と自分の役割」

好きな事を仕事にする…? 現代社会の諸々が良いか悪いかは別として、 社会全体が今のような現状である事は 間違いない事実である。 そしてこの社会においては様々な 職種があるが、 セレブは、成功者は、お金持ちは、 アーティストは、スポーツ選手は、 自己…

「三日坊主をスッキリリセットする方法」

身体によくても三日坊主…? 健康に良いものを身体に取り入れたいとは 多くの方が思うことである。 それは果物であったり、玄米であったり、 コーヒーであったり、サプリメントで あったりと、何を良しとするかは 人それぞれであろう。 身体のことを労る人は…

「結果が全て…でしょうか」

「結果が全て」と言う意見があるが、 果たして本当にそうだろうか。 確かに仕事や学業やスポーツなどの 競技にしても1位と2位は雲泥の差であるし、 良い結果を残さなければ 良い評価をしてもらえないのだから、 結果を求めて努力するのは行動の指針としては …

「アナログ派とデジタル派」

PCが得意な人がいる一方で苦手な人もいる。 スマホが便利だと分かっていながらガラケーを 使う人がいる。 苦手な人は便利だと解っているものの どうしても慣れる事が出来ず、 仕事などの都合上ストレスを感じながらも 仕方なく利用しているというのを よく見…