​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

悟り

「一切を忘れて全てを手にする」

思い込んでいた過去 私はかつて、なにか目標に向かっていなければ ​​満足出来なかった。 ​​未来の為になにかを積み重ねておかねば、 と​​頑張ることが生き甲斐であった。​​ ​​ ​​時間があればスマホを手に ​​ネットサーフィンして、 ​​それに飽きたら本を取…

「私が神を "知らない" 理由」

神のイメージ 神とは一体なんなのか。 私の思いつく限り、これまで一般的に語られて きたような神のイメージとは、 "宇宙の全ての創造主" とか "人間は神に似せて創られた" とか "人間が創り出した架空の存在" など、 人によって様々なイメージがあるだろう…

「魂は心を酷使する…心は身体を酷使する…」

心は身体を酷使する 誰もが生きる為に必要とあらば、 いくらでも惜しみなく その身体を酷使する。 自分の立場、面子、責任、体裁、見栄、願望、 執着、怒り…行動の動機はいくらでもある。 例えどんなに疲れていようと 約束したなら仕事へ向かい、 約束したな…

「瞑想の実践法を紹介」…その6. 只管打坐

瞑想における様々な手法 瞑想法には、古今東西様々な手法や技法 などがある。以下それらを列挙してみよう。 • 皮膚など身体の感覚を感じる • 真言を唱える (言葉に出したり出さなかったり) • 7つのチャクラに気を留める。回す。 • 呼吸をコントロールする • …

「学者と覚者の違い」

「知っている」ことと「悟っている」 ことの間には大きな違いがあるだろう。 なぜなら「知っている」とは知識の範囲内 であり、「悟っている」とは体験を伴った 理解であるからだ。 例えば本で料理の研究をしていたとしても、 実際に作ったことがなければ「…