​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

無心

「般若心経超超超訳とは」

大般若経典 般若心経を読み解く 昨日までの記事で般若心経について、 「般若心経超超超訳」として その内容に触れたので、 今日は般若心経について 少し角度を変えて書いてみよう。 とは言え、般若心経の意味については ネットサーフィンすれば いくらでも詳…

「願望は語るほどに遠ざかる」

言葉を軽んじてやしないだろうか。 ​​私達は普段、言葉を無神経に使いすぎて ​​いるのかもしれない。​​ ​​ ​​ 例えばそれは頭の中で行われる思考習慣。 ​​ 歯を磨く間、電車を待つ間、 食事中や​​ 運転中…。​​ ​​ ​​ 例えばそれは会話において、 反射的に発…

「イラつく心の処方箋」

イラつく心を愛してる…? それぞれの性格というのは体型のように 元々の雛形がある。 価値判断や好き嫌い、 盲信的か現実主義か、 利己的か利他的か、 待ち合わせの際に待たせるのはどうも 気になってしまう、 逆に待つくらいなら絶対待たせる、 負けず嫌い…

「本当の人生に気づくには…」

14年来の私の実践方法 私は14年程前から常に試みている実践がある。 それは 「今頭の中で喋っていないという認識 (自覚意識)と、 対象物に触れている五感の感覚を観察する」 という双方向に対してフォーカスを向けて 観察することを行っていて、 その間にち…

「人生とは…頂上へと至る道」

頂上へと至る道 本人がそのことを知っていようがいまいが、 全ての人は悟りという頂きへの道を日々着々と 歩んでいる。 決して「死」を頂上と言っているのでは無い。 日々の生活の中での怒り、不安、不満、問題、 苦しみ、葛藤、失敗…そういったおおよそ ネ…

「この逆説よ!このユーモアよ!」

ただ一つわかること ある人は会社役員であり、 ある人はクラスの中でも落ちこぼれ、 東大の教授になる人もいれば、 寒い夜に段ボールの上で寝る浮浪者もいる。 子供の頃から何不自由なく、 死ぬまで親の財産で生活していけるような 人もいれば、 奴隷として…

「ファインプレーが出来ない理由」

ファインプレーは気づかれない 真のファインプレーとは危機に直面する 以前に回避されるもので、 それは次善策であるがゆえに 気づかれないことが多い。 貯金、貯蓄、保険、掃除、点検、 整理整頓、健康管理、準備運動、知識を得る、 歴史に学ぶ、他人を気遣…

「汝自身を知れ…自分を知る方法」 

汝自身を知れとは… 「汝自身を知れ」とは古代ギリシャの 都市国家デルポイのアポロン神殿の入口に 刻まれた格言である。 格言の著者は諸説あれど、有名なのは ソクラテスとピュタゴラスだろう。 「汝自身を知れ」 禅ではこれを「直指人心」と言い、 キリスト…

「細胞の誕生に最高の波動を」

私達の身体を構成する細胞は原子という 極微小の物資であり、 それは私達のスケールで見ると途轍もない スピードで刻々と生滅が繰り返されている。 あらゆる身体の部分の状態 (各器官の原子レベル) は一瞬一瞬波動として変化し続け、 それは外的環境や心的作…

「本来の自分に出会うため」

情報が横溢する現代にあって、 目に映り、耳に聴こえてくる情報はどの人も 対して変わらないのではなかろうか。 勿論興味の対象はそれぞれであるから、 選択する情報量と情報の種類に個人差は あるであろうが、要は何を選ぶかの違いである。 様々な情報に晒…