​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

​​​​食生活と無心の関係

f:id:gudosha:20200526161735j:image

 

  • 子供時代のすさんだ食生活


​​​​まだ年端もいかない子供の食生活は

集中力に​​大きな影響を与えるという。

​​​​集中力のなさは思考習慣と大きな関係に

あり、​​無心で居られるならば対象物に

集中して取り組むことが出来るはずだ。
​​

​​

​​今思えば子供の頃の私の食生活は乱れ、

集中力の​​なさは酷いものであった。
​​

​​

​​小学校低学年の頃には両親が離婚して、

父は男手一つで私達三兄弟を育ててくれた。
​​

​​

​​建設現場の大型重機を操る仕事を

していた父は、​​私達を分け隔てなく

愛情深く育ててくれたが、

​​子育てに関しては不器用だったようだ。
​​

​​

​​8つ上の姉は気が向けば料理を作って

くれたが、夕方になると私は自転車に

乗って近所の弁当屋​​まで走って行く

ということが度々あった。
​​

 

f:id:gudosha:20200527154434j:image

 

​​

​​子供の選ぶ食事と言えば

「唐揚げ、ハンバーグ、ステーキ」

といったようなものばかりである。
​​

​​

​​私は特に好き嫌いがある方ではないが、

​​多分に漏れず好んで野菜を食べるような

子ではなかった。
​​

​​

​​父は仕事が休みの日曜日になると

朝早くに出かけていき、両手に紙袋を

ぶら下げて帰ったきたかと思うと

朝マックをドーン​‼️​とテーブルの上に​​置いた。
​​

​​

f:id:gudosha:20200526144034j:image

 

 

​​2つ上の兄と「こんなに食えね〜よ〜」

と言いながらも嬉々として食べた事を

憶えている。

​​

​​今になって調べてみれば、安価な材料は

コスト​​ダウンと害虫対策の為に農薬まみれの

お粗末な育てられ方、遺伝子組換え食品は

大量生産と病気には強くなったかも

しれないが、人体への影響が良いもので

あるとは到底考えられない。

添加物たっぷりの​​材料や、合成洗剤

(界面活性剤) で洗われたサラダなど、

そんな食事を幼い子供に大量に与えるとは

考えただけでもゾッとするが、

子供の喜ぶ顔見たさの父なりの愛情表現で

あったのだろう、当時はそういった情報量が

あまりにも少なすぎた。

 

  • 27歳、マクロビにはまる

 

​​f:id:gudosha:20200527154530j:image

 

 

​​初めてのヴィパッサナー瞑想10日間コースを

経験した事がきっかけで、27歳の頃には

マクロビオティックにハマり、それから

半年間はビーガンを貫いたが、​​生活が不安定な

未熟な精神修養者の食事制限は、陰湿で過剰な

までに一般の食品や外食に対して​​嫌悪感を

示すようになり、身体には良かったの​​かも

しれないが心は過剰なまでに神経質になって

いった。
​​

​​

​​それでも肉魚断ちの食生活は感情に

見るからに​​変化をきたし、怒るようなことが

殆どなくなったのだ。
​​

 

​​それはきっと肉食動物が狩りの際には

牙を剥いて獲物を襲うのに対して、

草食動物は植物を食べる際に襲う必要が

ないことに起因しているのだと​​思う。
​​

 

  • 41歳、ビーガンになる

 

f:id:gudosha:20200527154557j:image

 

 

​​当時の個人的なビーガンブームは生活環境の

変化から​​半年程で終わり、それからは特に

気にするような事もなくごく一般的な食生活

を営んでいたが、それから14年後に臨済宗の

お寺で半年間修行していた頃は精進料理を

食べていた。

 

お寺での食生活は基本的には肉魚は出ない

のだが、ご供養 (寄付) して頂いた際には

勿論食べていた。
​​

​​

​​お寺での食生活は住職である老師の

ご威光にあやかって中流階級かと思う程の

贅沢なものであった。
​​

​​

​​貼案 (台所) にはご供養 (寄付) された甘い

お菓子の数々がいつでも溢れかえっていた

から、自分を律するのには一苦労した。
​​

 

​​昔は僧堂での食事が質素だったことから、

脚気 (かっけ) になる危険性があったというが、

私の居たお寺では下手すりゃ糖尿病に

なりかねないくらいであった。
​​

​​

​​お寺に入山して4ヶ月が経った頃、

当初の予定である半年の修行期間も

後半戦になった事に気づき

「やばい、下山まであと2ヶ月しかない…」

思い立ったのをきっかけに、それ以来

「肉、魚、砂糖、加糖 (蜂蜜など) 、お酒、

添加物、小麦粉、マーガリン、お菓子」

といった食材を極力排除した結果、

まず大きな変化として性欲がなくなった。
​​

 

f:id:gudosha:20200526130809j:image

 

 

​​それとほぼ同時に長年常識となっていた

初老ばりの頻尿の回数も減り、動画やゴルフ

などの趣味に費やす時間も殆どなくなった。
​​

​​

​​感情的にイラつくようなことが起きても

すぐに​​気づくことができて苛立つ感情は以前

よりも早く治るようになった。
​​

​​ 
​​若い頃のマクロビ体験とは違って

今は過剰に​​神経質になることもなく、

一般的な食事に対しては"必要ない"

といった感じで、"嫌悪感" という視点で

はなくなったのだ。
​​ 

 

f:id:gudosha:20200527154721j:image


​​

​​今となっては食用動物の育てられ方や

野菜の​​農薬、ポストハーベスト問題とは概ね

 "気が合わ​​​ない" といったような理由から

選択しなくなっている。
​​

 

 

  • 変化の兆し


f:id:gudosha:20200527154814j:image

 

​​お寺から帰って来てからというもの、

私の車の​​運転が非常にゆっくりになったと

言って妻は​​大喜びしている。
​​

 

​​確かに先を急ぐ気持ちもなくなったし、

のんびり走っている方が気楽に感じるよう

になった。

​​

 

​​東京で仕事をしていた時はとにかく

タイムイズマネと考えていたし、

実際そのテンションでいたから

稼ぐ事もできた。
​​

​​

​​その悪習は仕事を辞めて約一年経って、

食生活の改善と共に落ち着いて来たようだ。
​​

​​

​​身体の落ち着きは心の落ち着きと密接に

関連している​​事だろう。

​​一挙手一投足の全ては結局のところ

心の現れで​​あるはずだ。
​​

​​

​​お寺にいた頃に食生活を改善してから、

これを書いている時は四ヶ月目であるが、

瞑想中の集中力はお寺に行く以前よりも

格段に強くなり、毎朝晩の​​一時間づつの

瞑想が楽しみになった。
​​

 

​​日中も思考習慣に苛まれる時間は減り、

無心で居られる事が無意識で行われる

ようになってきた。
​​

​​

f:id:gudosha:20200527155051j:image

 

 

​​しかし、重要なのは

"何を食べるかではなく

どんな気持ちで食べるか"

であると思う。

​​要は心の持ちようで全てが決まってしまう

のではないだろうか。
​​

​​

​​その為にもやはり無心でいる事は

私にとって14年前からの最大関心事であり、

最重要課題となっているのだ。
​​

​​

​​

​​