​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「本来の自分に出会うため」

f:id:gudosha:20200412110042j:image

 

 

情報が横溢する現代にあって、

目に映り、耳に聴こえてくる情報はどの人も

対して変わらないのではなかろうか。

 


勿論興味の対象はそれぞれであるから、

選択する情報量と情報の種類に個人差は

あるであろうが、要は何を選ぶかの違いである。

 


様々な情報に晒されると、

心が刺激されてあれやこれやと欲しだし、

逆にあれやこれやを必要ないと判断し、

とかく頭で考えすぎるようになって

しまったりする。

 


情報化社会は人類の進化を確かに促したし、

逆に進化の結果でもあるのだが、

果たしてそれによって幸せの価値観は

以前ほどより良くなったのだろうか。

 


ライフスタイルの選択肢が増えた分、

個性を発揮する機会は確かに増えたが、

逆に雑多な情報は自分にとって不要なものまで

抱え込んでしまってはいないだろうか。

 

 

f:id:gudosha:20200422130855j:image

 

 

誰にも自分に似た特性を持つ人を見極める

能力は元来備わっており、

赤ん坊も相手を赤ん坊と認識し、

コアラもコアラを認識するし、

昆虫や微生物ですらその能力を持っている。

 


そして、その自分なりの人を選ぶ能力は

たんに人を見極める際にだけ用いられている

訳ではなく、情報や状況や物を選ぶ際にも

発揮されている。

 


しかし、何かを手にいれてただの一度も

使わずに結局は必要無かったと手放すのは

恐らく人間だけである。

 


そうなってしまったのも、

自由に思考できるようになったからであり、

しかしその思考は多くの人にとってもはや

無意識のうちに行われていて、

それをコントロールする術を知らなかったり

するものだから、もはや自由とは言えない

のである。

 

 

f:id:gudosha:20200422123852j:image

 


どう考えようと思考 (言語的思考) は過去の

産物である。

 


知らないことを思考することはできないし、

「あいうえお」からなる言葉の羅列は過去に

習った記号である。

(思考=言語的思考。直感、

インスピレーションは別)


勿論、新たなる創造には材料が必要で

あるから、

(ケーキを作るのに粉と砂糖が必要ということ)

あなたの人生は思考やイメージすることに

よって展開していくのだけれども、

それではいつまで経っても過去の影響を

引きずってしまい、それに囚われることになる。

 


新たな価値観を手に入れることで、

幾分方向転換できるにせよ、

その手にした価値観もいつか別のより良いと

思われた価値観にとって変わられる

ことであろう。

 


勿論、それこそが成長プロセスで

あるのだけれど…。

 

 

それでは一体何が一番良い価値観、

良いやり方だというのか。

 


知識を得続けることか、科学を信じることか、

音楽を聴くことか、許すことか、

好きなことだけすることか、愛することか、

会社に行くことか、認めることか、

神の名を唱えることか、笑うことか、

仕事に生きることか、寧ろそんなことは

考える必要がないのか…。

 


それぞれピンときたやり方を選ぶので

あろうし、むしろあなたの行く道に間違いなど

はないのだけれど、私が最も重要だとしている

やり方は「なにも考えない」ことである。

 


それはつまり心が何も考えていない状態を

意識している状態であり、空であり、

自己認識であり、ゆえに愛であるのだ。

 

 

f:id:gudosha:20200412110356j:image

 

 

それはなにも仕事の段取りや、

明日の予定などを考えるなと言っているの

ではない。

 


失敗や、注意された事に対して

反省・改善するなと言っているのではない。

 


自らの考えを世に表現するな、

と言っているのではない。

 


起きている間中常に思考し続けるその習慣を

やめるべきだと言っているのだ。

 


つまり「自分は今なにも考えていない」

はっきりと自覚出来ている状態を意識的に

作り出すのだ。

 


しかしそれはボッーとして自覚がない状態

ではない。

 

 

それでは眠っているのとなんら変わり映えは

しない。

 

 

何も考えなければどんなに楽なことか。

 

 

そして信じられないかもしれないが、

その瞬間こそが最も人間としての本質が

成長しているのであり、

その瞬間こそはエゴが光に晒されて大人しく

なっている、見張られている状態なのだ。

(エゴ=自我。生れ育った周囲の環境や情報に

よって育まれた記億からなる無意識的な

反応をする心の状態)

 

 

f:id:gudosha:20200422125055j:image

 


光とは意識 (自覚意識) のことである。

 


凡人から聖者になる段階では「明け渡し」

という段階を経なければならない。

 


その「明け渡し」こそ思考習慣を、

つまりエゴを手放して、自己認識して自らの

心に光を当てている状態なのである。

 


あなたが聖者になりたいかどうかは別として、

より良い人格を求めて様々なやり方を実践

しているのであれば、

(ありがとうと唱えたり、笑顔でいるなど)

 

「無心・無思考」にチャレンジしてみては

いかがだろうか。

 


なぜなら言葉はどこまでいっても二元論の

片側を担ってしまうからだ。

 

 

"笑顔でいる" というのは相手を意識した

行為であり、一人の時にも行うのであれば、

それはエゴのご機嫌取りなってしまうのだ。

 


「無心・無思考」こそはど真ん中の中庸に

あって、そこから私達の全てが始まって

生かされているのだ。

 


この中庸こそが真のエネルギーであり、

普遍にして不滅の誰もが持ち、

求めている愛の源であるのだ…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200422130124j:image

 

 

⬇︎「求道者の精進日記」も毎夜更新中 ⬇︎

https://sensan.gudosha.space/

 

 

#中庸  #愛の源 

#無心無思考 #情報化社会 

#明け渡し #直指人心 

#幸せの価値観 #雑多な情報 

#瞑想 #真のエネルギー

#座禅 #何も考えない

#中庸  #求道者の閃き