​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「表に現れる者」

f:id:gudosha:20200417170650j:image

 


アーティストばかりが表現者のように言われがちですが、

その実「表現」してない人などどこにも居ないはずであります。

 


「表」「現」れるから「表現」

とは上手いこと書いたものだと感心します。

 


その人の選んだ仕事、服装、趣味嗜好、

身振り手振りに至る一挙手一投足の全てに於いて、

それぞれの個性は完全に「表現」されているではないですか。

 

 

ガードマンであれ、料理人であれ、政治家であれ弁護士であれ、

その役割に身を置いたのは心の現れであり、

その中でどの様に振る舞うのかも又心の現れであります。

 

 

病で病床に伏しているのならば、その姿でさえ

"どの様に病に向き合っているのか"とその人の心は表現されているのです。

 

 

それゆえに人生そのものがARTであります。

 

 

f:id:gudosha:20200611110706j:image

 

 

美しいARTには感動を覚えます。

美しさとは気の利いたそつのない柔和なものではないでしょうか。

 


アーティストの創作物に感激して、

アスファルトにあるマンホールに感激しないのは、

エゴに支配されているなによりの証拠だと思います。


(エゴ=自我。本来備わっている性格の個性。

生れ育った周囲の環境や情報によって育まれた

記憶からなる無意識的な反応をする心の状態)

 

 

エゴを完全に支配下に置き、

悟りの境地 (視点) から物事を見る眼を持つことができたのなら、

全てが平等で完璧であると理解して、

内と外の境が無く、全てが光り輝いて見えると言います。

 


その人こそ真の人格者であり、

誰もが本来求めて畏敬の念を抱く「愛」を具現化した表現者であり、

アーティストが目指す「美」を体現した覚者であります。

 

 

その人は注意深くぬかりなくそっとその境地に忍び寄り、

どこにも行かず自らの内にそのゴールを見出したのです。

 

 

覚者は声高に叫ばずむしろ静かに、無声の宣言でもって全てを語ります。

何を言っても言わずともその実表に現れる。

 

生きていることだけで既に "私" という作品を世に表現しているのならば、

堂々と発表しようではありませんか。

 

自信のない作品を個展に出すアーティストなどどこにもいるはずないのですから…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200611110757j:image

 

 

⬇︎「求道者の精進日記」も毎夜更新中 ⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#アーティスト   #表現者

#美 #ひまわり

#ART   #覚者 

#愛を具現化 #マンホール

#真の人格者   #人生そのものがART

#趣味嗜好 #エゴ