​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「学者と覚者の違い」

 

f:id:gudosha:20200419043005j:image

 

 

「知っている」ことと「悟っている」

ことの間には大きな違いがあるだろう。

 

 

なぜなら「知っている」とは知識の範囲内

であり、「悟っている」とは体験を伴った

理解であるからだ。

 

 

例えば本で料理の研究をしていたとしても、

実際に作ったことがなければ「知っている」

の範囲内である。

 

 

熟練の料理人は失敗に失敗を重ね、

体験を伴って成長してきたから

料理においては「悟っている」と言えるので

ある。

 

 

熟練の料理人にしても、

その意識のエネルギーは料理そのものに

向けられているのであって、自らの心に

向けられているわけではない。

 

 

確かな実践を伴った真の宗教家や

スピリチュアリストは、その意識のエネルギー

を自らの心に向けている。

つまり自覚意識を保っているのである。

 

 

それゆえエゴである人格がより良く成長

するのである。

(エゴ=精神。自我。生れ育った周囲の環境や

情報によって育まれた記憶からなる無意識的な

反応をする心の状態。元々備わっている性格。)

 

 

様々な分野の学者や専門家が普段は

人間らしい愚かさを備えているのに対して、

覚者が完璧な人格を含んでいるのはその様な

理由からである。

 


その違いは、自覚意識の道を通って覚者と

なった人のエゴは、起きている間中常に意識

(内なる慈愛) に晒され続けたことによって

全身を構成する素粒子が高い波動状態に

あるからである。

 

 

f:id:gudosha:20200419043649j:image

 

 

世の中に知識は溢れている。

普通の人間がその全てを理解するのは

不可能である。

 

 

ある人が人生をかけて世の中の知識を

誰よりも多く得たとしても、宇宙の全てを

理解することは到底できないだろう。

 

 

我々はその辺にあるコップ一つについてさえ

本当に正しい情報を知ることは出来ない

ではないか。

 

 

そのコップの背景にまでことが及べば尚のこと

正確に知ることなど出来ないのだ。

 

 

そして多くの知識を得たところで、

彼は誰よりも多くを知ってはいるが、

決して悟っているとは言えないのである。

 

 

f:id:gudosha:20200419043010j:image

 

 

いくら外に目を向けて知識を貪ったところで、

不安や怒りの種は自分の中にあり、

その種がある種 (しゅ) の影響で発芽するの

だと知り、

(ある種の影響とは、五感に触れた際の刺激や、

思考の中でネガティブに考えてしまうこと)

 

 

その瞬間自らの心を自覚意識で客観視しない

限りらその人はいつまで経っても不幸の種を

抱えているのである。

 

 

地獄とはそれだ。

 

 

不安や怒りを捉えて中和するのは自覚意識の

働きであり、そのようにしようと思えたのは、

しかし知識のおかげである。

 

 

知識は所詮川を渡る為の船であり、

船を動かす動力ではないのだ。

 

 

行き着きたいなら実際に自ら櫂を持って船を

漕がなければならない。

自覚意識を保つことがそれである。

 

 

f:id:gudosha:20200419044926j:image

 

 

意識を対象物に向けた時に物事を享受

できるのなら、

意識を自分の思考・言動・行動

に向ければ自らの習性を理解することも

出来る。

 

 

自覚意識でもって自らの心を観察すれば

自分について悟ることができる。

 

 

覚者となるために自らの「学者」となろう

ではないか。

 

 

f:id:gudosha:20200419043713j:image

 

 

⬇︎「求道者の精進日記」も毎夜更新中 ⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#学者と覚者の違い #自分を知る

#アインシュタイン #正しい情報

#自分を愛する #自覚意識

#意識のエネルギー #悟り

#マスター  学者#