​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「借金と友情の狭間で…」

f:id:gudosha:20200421084512j:image

 


親しい知人から借金の相談があった場合、

あなたならどうするだろうか。

 

 

その人はどうしても「10万円が必要」

だと言う。

 

 

あなたはそれくらいの余裕はある…。

 

 

それがなんにせよ、エネルギーのある所に

持たざる者は群がってくるものである。

 

 

もちろん親しいその人を助けたい

気持ちはある。

 

 

しかし借金の面倒なとこは、

「金の切れ目が縁の切れ目」

となりがちなとこで、


貸したが最後、その人を思い出す時には

どうしてもそのことが頭をよぎってしまう。

 

 

それは借りた方も同じで、

良心の呵責のある人ならば尚のこと

 


「申し訳ない」

 


という気持ちが働いて貸し主に

連絡しづらくなる。

 


双方にとってそれ程寂しいことはない…。

 

 

f:id:gudosha:20200421085032j:image

 


私はお金を貸さないことにしている。

 

 

変わりに余裕のある分だけ与える

ことにしている。

 

 

10万円必要なのはその人の問題であって、

私にとっての問題はお金を貸すことで

その人との関係に亀裂が入ることなのだ。

 

 

私はまずは自分を守る。

 


自分の心を守り、身体を守り、立場を守り、

家族を守り、財産を守り、仕事を守り、

生活を守る。

 

 

それから親しい人を守り、社会を守り、

自然を守り、動物を守り、芸術を守る。

 

 

借金を頼まれた時の私の懐具合や、

その人に対する感情、同情、応援、投資の

気持ちなどによって幾ら渡すかは

決めるだろう。

 

 

私の懐具合に余裕があると

知っているその友人は、

 


「それでは足りない」

 


と言ってくるかもしれない。

 

 

しかしお金に余裕のある貸す側にとっての

問題は、お金が目減りすることなどではなく、

心が侵されることなのだ。

 

 

ケチだと言われて恨まれるようならば、

そんな人とは付き合わない方がいい。

 

 

f:id:gudosha:20200421084502j:image

 

 

結局どこに居ても似た者同士が惹きつけ

合うのだから、親しい人とは自分と

同程度なのだ。

 

 

昔は仲が良かったからといって、

今がそうだとは限らない。

 

 

宇宙の法則に従って、私達は常に成長か衰退

している。

 

 

だから古い付き合いの友人が今となっては

必ずしも同程度の人物であるとは限らない。

重要なのは、今の状況を踏まえて判断すること

であり、その為にもフラットな視点で見る事が

必要ではなかろうか…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200421085534j:image

 

 

⬇︎「求道者の精進日記」も毎夜更新中 ⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#借金 #ポジティブ思考

#金の切れ目が縁の切れ目

#借金と友情の狭間で

#マスター #精神レベル

#自分を守る  #自分を守る

#奉仕活動  #フラットな視点