​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「汝自身を知れ…自分を知る方法」 

 

f:id:gudosha:20200422201127j:image

 

 

汝自身を知れとは…

 

「汝自身を知れ」とは古代ギリシャの

都市国家デルポイのアポロン神殿の入口に

刻まれた格言である。

 


格言の著者は諸説あれど、有名なのは

ソクラテスとピュタゴラスだろう。

 

 

「汝自身を知れ」

禅ではこれを「直指人心」と言い、

キリスト教ではこう説く…

「心はよろずの物よりも偽るもので、

はなはだしく悪に染まっている。

誰がこれをよく知ることができようか。

主である私は心を探り、思いを試みる。

おのおのに、その道にしたがい、

その行いの実によって報いをするためである」

エレミヤ17:9,10

 

 

f:id:gudosha:20200422201356j:image

 

 

なぜ自分を知る必要があるのか…


自分を知ることの何がそんなに

重要なのか…。

 

 

スケールを変えて考えてみれば、

会社を経営するにあたっては金銭の

出入りや取引先情報、会社の強み、

従業員の得手不得手など、経営戦略上上手く

立ち回るにはそれらの情報を

知っていなければならない。

 

 

スポーツにおいても選手の個性や能力、

ひいては監督の考え方やキャリアまで

知っておいて損することはないはずだ。

 


いや、寧ろ知っておかなければ上位の成績を

収めることは出来ない。

 

 

ということで、自らを知ることが人生を

謳歌する秘訣であることは間違いない。

 

 

自己啓発セミナーで行われるような、

過去の人生を振り返って書き出すという

面倒な作業を好んでする人も中には

いるだろうが、私はその道にピンと来ないし、

臨済禅の修行でもそのようなことは

しなかった。

 

 

f:id:gudosha:20200422201901j:image

 

 

今この瞬間無心であれ…

 

では一体どのようにして汝自身を知り、

自らの心を指し示し、

主であるわたしは心を探り、

思いを試みるのだろうか。

 

 

それはつまり今この瞬間に

行われるべきである。

 


肉体的な五感を注視しつつ、

精神的な思考の働きである第六感をも

見ておくという、双方向に向けて

意識のベクトルを向けておくのである。

 

 

しかし普段から思考習慣に苛まれて

生きてきたこれまでのやり方を手放すのは

容易ではないだろう。

 


これはある種の神経衰弱のような途方もない

努力が必要となるが、

無心 (無思考) でいることのコツ

ほんの1秒でも掴むことが出来たのならば、

そこに無心であることを認識出来たのならば、

外の世界のどこにも注意を向けていない

その無心の状態がいかに気楽なものであるか

を実感出来るはずだ。

 

 

f:id:gudosha:20200422205820j:image

 

 

そしてその瞬間こそが、誰にとっても

人格的な成長を果たしているという事実を、

キリストは、ソクラテスは、達磨大使は、

かのように語ったのであり、

それはいつの時代にあっても、

どんな境遇に生まれ育っても、

どこで誰と過ごしていようが行うことが

出来る沈黙の行である。

 

 

人間としての真の成長を遂げる為に必要な

知識などは本来どこにも無く、

自らの内にあるのだというこのシンプルな

事実こそ真理と言えるのではないだろうか。

 

 

美は、愛は、知恵は、

光は、真理は、エネルギーは、

シンプルである。

 

 

f:id:gudosha:20200422203250j:image

 

 

事実宇宙に遍満する全ての存在は超紐理論で

語られているように、

存在の最小単位は紐状の膜がゆらゆらと動く

非物質の "意思・スピード・エネルギー" 

であり、それ程シンプルなものなのだ。

 

 

最初の意思とは、全てを知っていた神が

唯一持ち得なかった体験を欲した所から

始まり、その思考、考え、意思が物質化して

ビックバンが起こり、今では私達の思考が

世界を形作っているのである。

 

 

思考が現実化していくのである。

 


だからこそ仏陀は全ては無である

(非物質である)と説いたのだ。

 

 

ゆえに無心こそ私達の根源であり、

"汝自身を知る" とは、生まれてこの方蓄積し続けてきた記憶というデータの一群を白日の元に晒す行為なのだ。

 

 

仏陀の言うように全てが無であるならば、

問題は私達の側にあるのではないだろうか。
ゆえに "汝自身を知り、自分自身を知る"

ということは、

世界平和の第一歩であり、争いの無い社会、

世界平和を願う気持ちがほんの少しでも

あるのなら、

まずは自分を知ることである…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200422204455p:image

 

 

⬇︎「求道者の精進日記」も毎夜更新中 ⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#汝自身を知れ  #愛と平和

#世界平和 #ソクラテス

#キリスト #達磨大師

#無心 #ビッグバン #超紐理論

#仏陀   #沈黙の行  #シンプル 

#アポロン神殿 #聖書

#禅 #神経衰弱

#古代ギリシャ #直指人心

#求道者の閃き