​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「 "神との対話" は聴こえるか」

 

f:id:gudosha:20200426071521j:image

 

 

神との対話

 

「神との対話」という本をご存知だろうか。

 


この本の著者は、ある日神に対して投げかけた

質問に対する答えが神からのメッセージとして

聞こえるようになり、筆記によってその問答の

内容を書きとめ、Q&A方式で綴られている

とても強力なパワーに溢れた本である。

 


先日この本を読んでいたら、その文章の中で

神が、「この本だけが私からのメッセージ

ではなく、あなたに聞く気さえあれば全ての

環境を利用して伝えることができる」

と書いてあったので、ならばと思い、

本を下に置いて周囲に神からのメッセージが

あるものかと観察してみることにした。

 

 

すると本を置いた傍らにAquariusの

ペットボトルがありハッとした。

 

 

そういえば地球は2000年頃からAquariusの

時代になったと聞いたことがあるので、

調べてみると面白いことが分かった。

 

 

「age of Aquarius (水瓶座の時代)」


これまでの人類の歴史は長きに渡って争い

奪い合いが続き、物質主義や権力支配が

色濃く表れた魚座の時代はようやく

終わりを迎え、

 

 

f:id:gudosha:20200425215510j:image

 


2012年の冬至から始まった水瓶座の時代に

なってからというもの、宇宙からの

エネルギーは強く繊細に人類に

働きかけてきているという。

 

 

水瓶座が象徴するものは

 ”平和・自由・平等・博愛精神" であり、

それは多種多様な価値観を受け入れて、

国や人種・宗教を超えた横のつながりを

大切にする愛と友情の時代である。

 

 

それはクリスタルのように透明で、

真実でしか生きることの出来ない時代である

という。

 

 

従来の支配的な縦社会よりも、仲間などと

横のつながりで生きることが喜びとなり、

一人一人が自立して、自分の人生を

自分で選び、本当の自分を生き、

その責任を自分でとることができる時代。

 

 

それぞれが自らの『霊性』に目覚める時代の

ことである。

 


世界的な規模の社会全体が新しい時代の

ポジティブな潮流にのり、個人個人が持つ

ユニークで個性的で無邪気な自分を

生かしつつ、グループや社会全体に役立てる

時代でもある。

 

 

f:id:gudosha:20200426072055j:image

 


地球全体の移行に伴って、今まで内側に

隠されていた汚れも表面に浮上する為、

災害や争いといった形でエネルギーの浄化は

現れてくるのだという…。

 


とまあいくつか調べてみると大体こんな

感じの内容であった。

 

 

神の声は聴けるのか

 

これはこれで神からのメッセージを感じる

面白い出来事であるのだが、Aquariusに

気づいたのとほぼ同時に別の疑問も湧いて

きた。

 


「私には "Aquariusの時代" という予備知識が

あった。

しかし、もし私がAquarius (新たな時代) の

意味を知らなかったり、

英語を読めなかったのなら、

それをメッセージとして受け取るようなことは

しなかったはずだ。

ではこの場合盲目の人に、読み書きのできない

人に対してメッセージはどの様に

伝わったのだろうか」

 


神が「彼は盲目だから音で伝えよう」などと

考えたりするだろうか。

 


「彼女は読み書きが出来ないから直感に

語りかけよう」などと配慮するのだろうか。

 

 

愛の化身であるはずの神が聞こうとしている

者にだけ語り、そうでない者を放っておくの

だろうか。

 

 

それならば献身的な宗教者はみんな神の声

を聞けるのだろうか。

 

 

f:id:gudosha:20200426080751j:image

 


「この本だけが私からのメッセージではなく、

あなたに聞く気さえあれば全ての環境を

利用して伝えることができる」

 


結局は聞く気のない者には伝わらないという

ことなのか。

 


まぁそれは確かにそうである。

やる気のない野球部員にいくら熱血指導した

ところで、馬の耳に念仏を聞かせる

ようなものだ。

 


では一体神からのメッセージとは万人に対して

どの様にして伝わるのか…。

 

 

f:id:gudosha:20200426080839j:image

 


神との対話によると、

それは直感として気づき、

心の中にイメージとして見ることができるのだ

という。

 

 

なるほど。

ならばその閃きに気づくためにも普段から

頭の中でぐるぐると駆け回る思考の

連想ゲームはやはりやめておくべきである。

 

 

例えばそれは、騒がしい人混みの中で

誰かに呼ばれても煩くて気づけないような

ものである。

 


静かな自然の中に居てリラックスしていれば、

誰かの問いかけに対してしっかりと

向き合うことができるのだ。

 

 

f:id:gudosha:20200426073507j:image

 

 

神はいつでも私のそばに居て語り掛けて

いるのだ。

全ては神の一部であり全体なのだ。

ゆえに存在している時点で神はもう

顕現しているのだ。

 

 

神の声が聞こえない理由


あなたにそう思わせないもの、

感じさせないものとは、

あなたのその極めて個人的な考え方の

せいである。

 

それぞれの見聞してきた情報、経験

というのは極めて個人的なもので、

狭く限られたその情報の枠の中にあって

それらは都合よく解釈され、

日々インプットしたその情報を頭の中で

反芻してこねくり回す。

 

そのようにして育まれた極めて個人的な

思考習慣の中に本質的な神の姿はない。

 

 

f:id:gudosha:20200426074607j:image

 

 

神を感じ、神と対峙し、神とコミュニケート

したいのであれば、

意識していることを感じ、意識と対峙し、

意識とコミュニケートすればいい。

 

 

指であれ足であれ首であれ、

意識的に動かしているその事に気づいている

時は最も近く神を感じている。

 


指を動かしているその動作を無思考で

客観視することができれば神と対峙している。

 


静かに目を閉じ、思考していないことを

自覚できれば神とコミュニケート

しているのだ。

 

 

初めはなんであれ意識的に注意深く

行わなければならず、慣れるまでは失敗

ばかりするだろう。

 


しかし慣れてきたならばこっちのもので、

子供の頃あんなに苦労した箸の持ち方も

今では自由に扱えるし、

何度も転んだ自転車にも今では優雅に

乗れることだろう。

 

 

f:id:gudosha:20200506083741j:image

 

 

だから自覚意識することにも

慣れてきたならば、

何をも求めずリラックスして

ただただ在ればいい。

 

 

無心であって閃きを期待せずに待つのだ。

 


ゲームのシナリオは放っておいても展開して

いくから、現前しているゲームの進行に

ただひたすらリラックスして楽しんで

参加していればそれでいいのだ。

 


中庸の手前、二元論的解釈から見れば、

打ち寄せる波は上下の二つの極みに見える。

 


だからしてどんなに苦しく辛い事が訪れても、

「あぁ、今は波の底に居るんだなぁ、

今回は中々底が深いぞ…しかしやがてこれも

過ぎ去るんだし、その分次のうねりも

デカイ!」

と肯定的に思っておくべきだ。

 


大丈夫だから、

何があっても絶対に大丈夫だから。

 


「究極のゴールは神として全てを

体験することになている」(神との対話より)

と神はそうおっしゃるのだから、

何をも恐れることはなく、

威風堂々と凛として、思う存分思いっきり

楽しんで、苦しんで、味わって、この人生ゲーム

を一緒にやりきろうではないか…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200425215248j:image

 

 

 Amazon:神との対話 三部作 1~3巻 セット(サンマーク文庫)

 

 

 

⬇︎「求道者の精進日記」も日々更新中 ⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#神との対話 #神からのメッセージ

#アクエリアスの時代 # age of Aquarius

#水瓶座の時代 #究極のゴール

#中庸 #自覚意識

#リラックス #思考の連想ゲーム

#権力支配 #物質主義 

#馬の耳に念仏 #献身的な宗教者

#エネルギーの浄化 #威風堂々

#個性的な自分 #求道者の閃き