​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「正しい金額設定とは…」

 

f:id:gudosha:20200501050403j:image

 

 

社会におけるお金の立場

 

人間社会はお金のやり取りで営みが成り立

っている。

お金に全く関与しないで社会で生きることなど

不可能である。

 


お金とは動物で言うところの餌である。

職業、貢献度、立場によって収入に格差は

生まれる。

 


お金は "出るか入るか留まるか" の三つの

在り方しかなく、その殆どを

"出るか入るか" に費やしている。

 

 

つまり常に取引きの渦中にいるわけだ。

 

 

ならば正しい金額設定とはどういうもの

だろうか。

 

 

スーパーで品物を買ったり、

固定費を払うことくらいはあまり

気にならないが、

親しい友人に仕事を依頼した時や、

友人に仕事を頼まれた時には何を指針に

すべきだろうか。

 

 

f:id:gudosha:20200501050408j:image

 

 

金額設定に悩んだ時は…


友人だから安くやってあげようと思うか、

友人とはいえ仕事なんだからいつも通りの

代金を請求するのか…。

 

 

どちらも間違ってはいないのだろうが、

最も安全かつ公平な取引きとは、

 

 

中庸を意識することである。

 


中庸とは真ん中のことであり、

自分の立場から見た視点だけではなく、

相手にも納得してもらえる形で金額設定を

配慮すれば双方にとって結果はWin-Winとなる

のである。

 


欲をかいてお金を多めにもらって恨まれたの

では結局損もしているではないか。

 


安くしてあげたのにお礼をしてくれなかった

と愚痴るのは本末転倒ではないか。

 


リピーターこそ最高のお客様であるし、

対人関係は円滑にしておきたいものだ。

 

 

その為にも金額設定は中庸を心掛けておき

たいものである…✍️

 

 

f:id:gudosha:20200501044426j:image

 

 

⬇︎「求道者の精進日記」も毎夜更新中 ⬇︎

https://sensan.gudosha.space/

 

 

#金額設定  #中庸

#Win-Win  #リピーター

#営み #出るか入るか留まるか

#本末転倒  #仕事の依頼

#対人関係  #金額設定に悩んだ時は