​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「男と女の畑違い」

 

f:id:gudosha:20200502082057j:image

 

 

男は浮気性とよく言われ、奥さんが旦那さんの

女遊びを叱っている、という構図はもはや

一般常識であるかのようにすら思える。

 

 

散歩の途中、畑に手で苗を植え付ける男を

眺めながら、私はふとそんなことを考えて

いた…。

 

 

男と女のラブゲーム

 

ある日男は畑に種を撒くべく、

より多くの子孫を繁栄させるべく、

あちらの畑に、こちらの畑にと種まき交渉に

忙しそうである。

 

 

「俺の持っている種は他の奴よりも立派

なんだぞ」

と吹聴して廻り、その証拠を見せるために

立派な服を着て高価な車を乗り回し、

畑の主である女に自慢話をする機会を

あちこちで伺っている…。

 

 

f:id:gudosha:20200502112044j:image

 

 

畑の主である女はそんな男に惚れ、

「種を植えるのは構いませんが、

私が苗をキチンと世話できるように養って

ください」と約束を交わした。

 

 

男は種を植えたい一心で

「勿論だとも、任せとけ!」

大風呂敷を広げてみせた。

 

 

f:id:gudosha:20200502101126j:image

右斜めから

 

 

夏になり、植え付けられた苗は

大きな実をつけた。

 

 

散歩の途中に見かける

畑にはいつも決まって女の姿があった。

 

 

女は雑草を抜き、畑に水を引き込み、

せっせせっせといつも世話をしている。

 

 

男は畑にたまに現れては少し手伝い、

女の機嫌を取っていた。

 

 

女がこうして畑仕事に尽力できるのも、

養ってくれる男の財力と愛情のお陰であった。

 

 

そうして穏やかな季節は何度も訪れたが、

ある日女は男が他の畑に種を

撒こうとしているのを見かけた。

 

 

f:id:gudosha:20200502101130j:image

左斜めから

 

 

女は直感的に "まずい" と思った。

なぜなら男は種を撒いたらその畑に入り浸る

ことを知っていたからだ。

 

 

女は男がいなくなっては稲を育てる事が

出来なくなると思い、男に抗議した…。

 

 

「約束が違うわ、種を植えるのは私の畑

だけだって言ったじゃない! この契約書を 

忘れたの…」

 

 

そういって婚姻届を突きつけた左手の

薬指には、男とツガイである事を示す

同じ輪っかがはめられていた。

 

 

f:id:gudosha:20200502082338j:image

 

 

"約束だから仕方がない"、男は謝って

他所の畑には二度と種を植えないと約束した。

 

 

そして男は翌年、

他所の畑にまた植えた…又怒られた…

また植えた…。

 

 

f:id:gudosha:20200502104919j:image

確信犯

 

 

女の愛と男のプライド

 

女は畑である。

植え付けられた種を産み、守り、育て、

やがて収穫して世に送り出す。

 

 

実ったその稲は人々の糧となり、

社会を営む一役となる。

 

 

女性のテーマは愛である。

それは苗を育むことに起因している。

愛が根本になければあんなに大事に世話を

して、立派に稲を育てあげることはできない。

 

 

愛を見失っている時の女性は陰湿で邪悪で

嫌味ったらしい。

 

 

往々にしてそれは夫に、子供に、

自分より立場の弱い者に

向けられることがある…。

 

 

f:id:gudosha:20200502102333j:image

 

 

男は種である。

種を植えることで子孫が繁栄し、人々の、

そして社会の糧となり、

社会を守れるということを本能的に

知っているから、種を植えたくなる衝動に

駆られるのだ。

 

 

男性のテーマはプライドである。

種を植え付けるためにはまず畑の主である

女性に認められなければならないから、

自分の有能さを必死でアピールする。

 

 

自らの種を少しでも多くの畑に植えるべく

画策しているのだ。

 

 

プライドを捨てた男は無邪気な子供の

ようである。

自由に表現することができて

伸び伸びとしている。

 

 

f:id:gudosha:20200502111129j:image

 

 

レディース & ジェントルメン

 

女性諸君よ、恋心というのはあくまで

きっかけでしかなく、いつまでも男性にそれを

求めるのはお門違いである。

男は種まきと財を獲得するために

生きているのだ。

家族や仲間や社会を守る事が男性の生きる

テーマであり、それが男性特有の愛情表現で

あるのだ。

 

 

しかし、恋から愛にスケールは変わる。

子育てによって女性は愛のスケールにまで

拡大し、著しく成長する。

 

 

根本のテーマに愛があるからこそ女性は

いつまで経っても強いのだ。

 

 

f:id:gudosha:20200502104205j:image

 

 

男性諸君よ、財を獲得することは最重要課題

であり、家族や仲間や社会を守ることはやはり

重要なテーマであるが、まずはあなた方家族に

とっての基地であり、安全地帯でもある

家庭内が平和であることが望ましい。

 

 

なぜなら疲れた心身はそこでこそ充電されるの

だし、主人である貴方の雲行きが怪しくては

家族は落ち着いてリラックス出来ない。

 

 

しっかり充電されるからこそ元気に明日を

迎えられるのだ。

 

 

その為にも家族には財と愛情をしっかりと

与えるのだ。

 

 

たとえ狩りが下手くそでも愛情を

与えることは誰にでも出来るではないか。

 

 

"要は気ぃ使ってくださいよ" ということである。

 

 

f:id:gudosha:20200502104252j:image

 

 

家庭を顧みず、種まきと財の獲得にあくせく

してきた男性は愛を理解できずにいつまで

経ってもプライドにしがみついている。

 

 

身体は老い、もう種を撒くことも出来ず、

仕事も趣味もない男に残されたものなど

役に立たないプライドしかない。

 

 

プライドを捨てられない晩年の男ほど

みじめなものはない。

 

 

妻にも子供にも相手にされなくなった男ほど

寂しいものはない。

 

 

だからこそ男性諸君よ、

プライドを捨てようではないか。

 

 

貴方は十分強いのだし、

これまでも立派にやってこれたではないか。

 

 

貴方が他人をバカにさえしなければ、

誰も貴方のことをバカにはしない。

 

 

貴方が自分と他人と比べるようなことを

しなければ、他人も自分のことを比べている

などとは思わない。

 

 

いつも通りに考える自らの思考の癖に気づき、

頭の中でのお喋りをやめてみようではないか。

 

無心でいられるその時にこそ、

プライドは浄化され、

愛はその姿を表しているのだ…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200502113116j:image

 

 

⬇︎「求道者の精進日記」も毎夜更新中 ⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#女は畑 #男は種

#安全地帯 #大風呂敷

#種まき交渉   #子孫繁栄

#リラックス #無邪気な子供

#プライド #財産

#晩年の男 #求道者の閃き