​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「色眼鏡から見る景色」

 

f:id:gudosha:20200506072146j:image

 

 

色眼鏡が歪めた景色

 

黒いサングラスをかけた旅の人はアフリカを

訪れた感想を聴かれてこう答えた…

 

「確かに自然は豊かだったけど、

特に綺麗なんてもんじゃなかったね、

なんだか町全体が黒ずんでて

モヤがかかったみたいさ…」

 

 

青いレンズの眼鏡をかけた紳士は仕事で訪れた

エジプトの印象を聴かれてこう答えた…

 

「エジプトは一面の白い砂丘をイメージして

いたけどなんてことない、ピラミッドすら

地中海のように青かったんだ、

信じられるかい…」

 

 

薄い黄色がかったレンズがトレードマークの

女性は環境問題の視察に訪れた北京の印象を

聴かれてこう答えた…

 

「黄砂は本当にひどいわ、

全てが黄色く見えるの、ホテルのレストランで

食べた北京ダックですら黄色かったわ…」

 

 

話しを聞いている最中も彼らは色眼鏡を

かけたままだった。

 

 

否、寧ろ自らがかけている色眼鏡の存在すら

認識してないようで、

色づいたその景色を眺めてはその景色に

ついて語っているのだ。

 

 

f:id:gudosha:20200506072301j:image

 

 

しかし、私達も彼らのように普段から

色眼鏡をかけて世間を眺めてはいない

だろうか…。

 

 

それはなにも実際に色眼鏡をかけている

というのではない。

自らのエゴによって他人の意見や考え、

対象物などを捉えた時の自らの意見は

色眼鏡をかけて景色を見ているようなもので

ある。

 

【エゴ = 自我。元々の性格。

生まれ育った周囲の環境や情報によって

育まれた記憶からなる無意識的な反応をする

心の状態】

 

 


その時、あるがままの本当の景色は

「その人なりの価値観」という色眼鏡越しに

眺められてしまう。

 

それゆえに誤った解釈を伴い、

巷に溢れるNEWSへのコメントや

個人的な意見は、そのもの自体の本質から

遠く離れ、歪められたまま伝えられるので

ある。

 

 

f:id:gudosha:20200506073443j:image

 

 

透明な眼鏡をかけて


しかし、ここでは決して "自分の意見を持つな"

言いたいのではなく、色眼鏡を外し、

透明なまま眺めてみてはどうか、

と提案したいのである。

 


今日見た物事の印象は、いつか心象として

必ずや現れてくることだろう。

 

 

蓄積されたそれらの印象という材料から、

自らのエゴというデータが、

何気なく日々更新され創造されているのだ。

 


それならばいっそのこと、必要以上の印象を

取り込まない方が賢明である。

 

しかしそれらの印象を得ようとする欲求は

その都度起こる。

 

その欲求とは、過去の経験からなる

脳内データを参考にして、

目の前の状況に応じて脳が抜粋した的確な

メニュー表示である。

 

よって、それを選ばないという選択は

よほど意識的でない限り至極困難な作業と

なってしまうのだ。

 

 

f:id:gudosha:20200506074856j:image

 

 

色眼鏡を外したのちに見える世界


ではどうすれば自分のかけている色眼鏡を

外して物事を見ることができるのか。

本当の景色とは一体どういうものであるの

だろうか。

 


普段から思考習慣に身を任せ、

そうすることになんの疑いも持たず、

思考習慣を手放せるという可能性すら

知らなかったのなら、まずは意識する矢印を

自分の心に向けてみることだ。

 

 

自分の心が何を考えているのかと観察すると、

認識した瞬間に思考は止まる。

 

 

そしてその自分の心に向けた視点を保ったまま

対象物を観察する。

 

 

そのとき色眼鏡は外されている。

 


無心、無思考の状態になるのは初め簡単では

ないが、一度コツを掴むと居心地の良さを

感じるので、そちらの方に移行し

始めようとする。

 

 

 

しかし、エゴの方も死んでたまるかと抵抗を

みせるし、それまでの習慣は根強いので、

忍耐強く行わなければならない。

(エゴの死とは、無心•無思考の状態であり、

意識の光に晒されていることにより、

育まれた後天的なエゴの死となる)

 

 

f:id:gudosha:20200506075241j:image

 


自らの無心•無思考の状態を認識しつつ、

周囲の物事を見る事が出来たのならば、

色眼鏡は外れている状態であるからして、

その時エゴの増長はない。

 

 

それはエゴからの解放だ!

 

 

後は対象物に触れた瞬間に起こった自らの

感覚的 (五感) 精神的反応 (六感、思考) を

客観的に観察すればそれでいいのである。

 

 

ひとえに思考は五感の刺激による反応である。

脳はその都度感じた刺激に応じて

過去のデータを持ち出して、

「こんな時はこう考えるんでしたよね?」

とメニューを差し出してくるのである。

 

 

f:id:gudosha:20200506110158j:image

 

 

脳はとても優秀な執事であり、給仕係である。

 

 

ご主人であるアナタの好みをよく分かって

いて、いつでも使い慣れ親しんだメニューを

提示してくるのだ。

 

 

もはやそれは無意識の内になされていて、

アナタも喜んでその思考のきっかけを手に

取ってそこから連想ゲームを延々と繰り返す。

 

 

日々新たな情報を手にしたとこで、

それは油絵のように次から次へと上から

塗り重ねられているようなものだから、

その世界観たるや美しいどころか騒がしいと

すら思える。

 


色眼鏡を外したのちに見える世界は、

ただただ感じるだけの静けさに包まれた、

そのもの本来のあるがままの姿

を見せてくれる。

 


思考が無ければ過去もなく未来もない。

全き今に存在しているその瞬間こそが、

本来あるべき姿の透明な

あなた自身なのである…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200506103705j:image

 

 

⬇︎求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活毎夜更新中…⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#色眼鏡  #奇妙な色

#その物自体の本質  #過去のデータ

#あるがままの姿  #連想ゲーム

#エゴからの解放  #無心無思考

#自覚意識  #透明な姿

#今ここ #五感の刺激