​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「角を削って丸くなる」

 

f:id:gudosha:20200508064703j:image

 

 

良きものと悪しきもの…

 

個人の意識が主に三次元にある時、

"上下" "左右" "良し悪し" "あなたと私"

といった二元論に視点は束縛される。

 

 

個人の意識、視点が

そのように捉えるからこそ、

人や社会や物事から良き影響を受け、

悪い影響に苛まれる。

 

 

波動レベルで言えば、

"良きもの" は振動数が早く振り幅も短いが、

"悪しきもの" は振動数が遅く振り幅も大きい。

 

 

f:id:gudosha:20200508065345j:image

 

 

つまり"良きもの" とは

芸の細かい気の行き渡った物事であり、

"悪しきもの" とは

粗雑な気の効かない物事なのである。

 

 

その観点から広く世間を見渡してみれば、

人々は、仕事は、社会は、

より良いサービスを求め、求められている。

 

それはつまり "気が効いている"

ということであり、

良きものへと至る道は、否定を通じて

意識的に改善を繰り返していった結果、

良くなっていくのである。

 

 

気の効いたサービス、美味しい料理、

優しい振舞い、言葉遣いの人からは

ポジティブな印象を受ける。

 

 

"悪しきもの" とは

テストでいう所の低い点数であり、

それゆえに注意点が多く、

"わかっていない" つまり

"悟っていない" 状態である。

 

 

暴力的な言動を好む人からは、

粗くて粗野なトゲトゲしいネガティブな印象を

受ける。

 

 

f:id:gudosha:20200508071858j:image

 

 

否定を避けてしまう理由

 

否定というのは注意することであり、

注意には痛み、嫌悪感が伴う。

 

 

なぜなら否定、痛み、嫌悪感といった

ニュアンスは、

二元論的にはネガティブな側になるからであり、

誰もが心地良さを求める衝動を

本質的に持っているからこそ、

痛み、嫌悪感といったネガティブな感じを

避けようとするのである。

 

 

それぞれの瞬々刻々なされる選択は、

"常に良かれ" と思ってなされている

のではないだろうか。

 

 

あなたは常に居心地の良さを求めて

振る舞っているのである。

 

 

何気なく姿勢を変えることや

寝返りを打つこと、

家庭や職場や学校での居場所、振る舞い方…。

 

 

居心地の良さを求める衝動は、

まず衣食住の確保の為に発揮される

生存欲が根本にある。

 

 

本当は大好きな絵を描いていたいのに

生活費を得る為に仕方なく仕事に行く、

というのはそういうことだ。

 

 

f:id:gudosha:20200508072749j:image

 

 

否定の刃

 

言葉にせよ行為にせよ、否定には痛みを伴う。

 

 

改善には痛みが伴う。

荒々しいいびつな形の常識を否定の刃で

削っていくのだ。

 

 

"角を削り角を削り" と極限までそうして

いくと、形はすっかり丸くなる。

 

 

人間が丸くなるとはそういうことだ。

 

 

丸 = 円 = 星 = 正解 = 正しさ = ポジティブ = 愛

 

 

f:id:gudosha:20200508073450j:image

 

 

結局私達は、人々や社会に対して

より良きものを求めているのであり、

愛を求めているのだ。

 

 

ゆえに否定とはつまり愛のことである。

肯定する事は言うに及ばず、

否定も愛であるならば、

全てが愛であるではないか。

 

 

全てが愛であるならば

そこに"在る" という時点で、

それは愛であろう。

 

 

"在る" に対して "無い" という。

"不要な物は消える" というのは

社会においてもそうであるように

宇宙の法則なのだ。

 

 

しかし、全てである神のスケールにおいては

"無い" ことも包含しているから

そこもまた愛に含まれるのだ。

 

 

意識 = 気 = エネルギー = 真理 = 知恵 = 覚醒

= 美 =  愛 = 光 = 神の一部

 

 

f:id:gudosha:20200508075402j:image

 

 

目の前に展開しているはずの本来輝いている

真の美しい姿を感じたいのならば、

否定を通じて行く道もある。

 

 

そして私が語るその道とは、

自覚意識でもって自らの心を観察すること。

 

それによって既成概念・価値観 (意見) を

否定 =注意する。

 

心を観る =  価値観 (思考)に光を当てる =

思考が止まり (無分別) = ただ在る、

という状態はつまり無心である。

 

= 無心の状態こそはニュートラルであり、

本来の姿であり、

自然と一体化した状態である。

 

 

ゆえに無心の時にこそアナタの限られた

価値観の中では想像だにできない奇跡と閃き

のエネルギーがその人生に姿を

表してくれるのだ…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200508075620j:image

 

 

⬇︎求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活…毎夜更新中⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#奇跡と閃き  #無心の時

#無分別  #自然と一体化

#ニュートラル  #自覚意識

#超充電熟睡  #宇宙の法則

#神のスケール #人間が丸くなる

#角を削る  #宇宙エネルギー

#三時限 #波動レベル

#形は意思 #神の一部