​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「あの人がいつも笑顔でいられる理由」

 

f:id:gudosha:20200508054743j:image

 

 

笑顔の理由…


いつも笑顔を絶やさない人がいる…。

 

 

以前の私は

「なぜあの人はいつも

笑顔でいられるのだろうか…」

と、こう思っていた。

 

 

「初対面の人に接した際に何故微笑むことが

出来るのか…」

と、そう訝しんでいた。

 


その笑顔の理由が、「好印象を与えたい」

とか、「接客業の経験からきている」といった

作り笑いであるならまだしも、

 

誰に対しても心の底から柔和に微笑む

聖者のような人は、何がそんなに嬉しいのか。

 

 

 

f:id:gudosha:20200508050447j:image

 

 

私は神に見つめられいる。

 

笑顔の人に会う度にそんな疑問を抱えたまま、

ある朝の瞑想の後に "神への感謝の瞑想" を

していると、ふと気付いたことがある。

 


この私というエゴを生かしてくれているのは

意識である。

 

( エゴ = 自我。生れ育った周囲の環境や情報に

よって育まれた記憶からなる、

無意識的な反応をする心の状態。元々の性格)

 

 

この意識がなければ私は起きていることすら

出来ず、意識的でなければ対象物の内容を理解

することも出来ない。

 

 

意識が光であり、神であるというのなら、

私に対峙した全ての人は、神のエネルギー

常にこちらに向けているのではないか…。

 


意識 = 気 = エネルギー = 真理 = 知恵 = 覚醒 

= 美 = 愛 = 光 = 神の一部

 

 

f:id:gudosha:20200508050720j:image

 


私に対峙した時、

その人の注意はこちらを向いている。

 

 

つまり意識がこちらに向けられているのなら、

私は神に見つめられていることになるのだ。

 

 

対峙した人が私に対してネガティブな感情

を抱き、それを伝えるべくこちらに注意を

払っていたとて、

それはその人の表面的なエゴがそうしたい 

だけであって、その人の持つ意識はその瞬間

にも燦然と光輝いている。

 

愛はこちらに向けて放たれているのだ。

 

 

その人のネガティブな表現を感じ取って

ネガティブに反応してしまうのは

私のエゴの部分である。

 

その瞬間に私が自覚意識を保って無心でいて、

意識 = 愛に鎮座していれば

相手のネガティブな表現

反応せずにいられるのではないか…。

 

そして、私がそのように無心でいれば、

いつしか相手は私からの愛の表現に影響を

受けるのではないだろうか…。

 

 

f:id:gudosha:20200508052042j:image

 


この洞察が正しいか否かは別として、

この理解は出逢った人に対する私の表情を

朗らかにさせ、態度を柔和にしてくれた。

 

 

この心地良い感情の体験こそが愛であり、

その時私は自らの本当の故郷を思い出し、

神がエゴである私にコミュニケートする

一つの手段であるのだとそう

思ったのである…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200508054812j:image

 

 

⬇︎求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活…毎夜更新中⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#笑顔の理由    #本当の故郷

#意識は光  #自覚意識

#好印象を与えたい  #神への感謝の瞑想

#愛に鎮座  #私は神に見つめられている

#柔和  #コミュニケート

#神のエネルギー  #心地良い感情の体験