​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「不機嫌と戦争の真実」

 

f:id:gudosha:20200515064057j:image

 

 

不機嫌さが周囲にもたらす影響とは

 

人は他人が嫌がることを平気でするものだ。

 

 

例えばそれは虫の居処が悪かったりする場合、

他人のことなどお構いなしで無愛想に

振る舞ったりする。

 

 

不機嫌の原因が雨降りなのか、生理なのか、

寝起きなのか、偏頭痛なのか、仕事でミスを

したのか、恋人に浮気されたのか、

過去の事を思い出しているのかは知らないが、

 

とにかく、虫の居処が悪いのと

不機嫌の原因とは、全く関係のない他人に

横柄な態度をとったりする。

 

 

そうしてぞんざいに扱われた方は

訳が分からずに不機嫌な人のことが気にかかり、

余計な注意を払うことになる。

 

 

もはやそれはいじめだ。

 

 

f:id:gudosha:20200515064221j:image

 

 

私は怒るが戦争反対!

 

いじめとは、相手の注意を奪うエネルギーの

搾取である。

 

 

いじめられる事ほど惨めな事はない。

 

 

いじめる人ほど愚かな人はいない。

 

 

感情の嵐に見舞われてしまったのは

仕方ないかもしれないが、

他人を巻き込む必要はあるのだろか。

 

 

"イライラするものは仕方ない" のだろうか。

 

 

 

その人は "私は今兎に角イライラしてるん

だから近寄らないで頂戴" と言わんばかりの

雰囲気を発していたりする。

 

 

例えばアナタがイラついている人に横柄に

振る舞われたとして、その相手がどんな立場の

どんな人なら許せるだろうか。

 

 

子供か、上司か、親兄弟か、友人か、

隣人か、先生か、社長か、病人か、

お客さんか、取引き相手か、お医者さんか、

独り身の子か、不慮の事故で身内を亡くして

しまった人か、ホームヘルパーさんか、

お坊さんか、牧師さんか…

 

 

f:id:gudosha:20200515064838j:image

 

 

アナタは普段よく接するその人が、

しょっちゅうそんな態度であったら、

その人のことをどう思うだろうか。

 

 

なるべくならその人を避けたいと

そう思わないだろうか。

 

 

その人をなるべく避けて済むぐらいなら

まだいいとして、アナタの大事な人が

目の前でそんな扱いを受けているのを

しょっちゅう目のあたりにしたら、

文句の一つでも言いたくなりは

しないだろうか。

 

 

まさかとは思うが、アナタがそんな酷い態度を

取っていたりはしていないだろうか…。

 

 

アナタが加害者であったとして、

アナタの不機嫌さからくる横柄な態度に

文句を言ってきた人がいたら

一体どうするつもりなのか。

 

 

 

その問題がまず個人間で持ち上がり、

身内に対してそうすることで家庭内に

不和が生じる。

 

次には家族ぐるみで隣家の態度に腹を立て、

子供のクラスの担任がそんな態度だと

PTAで問題として取り上げ、

政治家の先生は人格者だと盲信的に思い込み、

果てには国家間の争いにまで発展しているのだ

 

…と言ったら少々大袈裟だろうか。

 

 

「私はイラついたら他人を巻き込んで争いの

火種を作るけれども、戦争は反対!」

とでも言うつもりだろうか。

 

 

f:id:gudosha:20200515065227j:image

 

 

奪い合いからの卒業

 

私もかつてはそうだったから、イラついている

人なりに理由があるのもよく分かる。

 

 

別にイラつくなと言っているのではない。

 

 

せめて関係ない人まで巻き込まないように 

"気を使いなさい" と言っているのである。

 

 

 

イライラしている嵐の渦中にあってそんな

余裕はないだろうか。

 

しかしその前に単純に考えてみてほしい…

「アナタがどうでもいいと思って迷惑を

かけているその人のことを、大事に思っている

人もいるのだ」ということを。

 

 

アナタがそんな酷い仕打ちを受けたら

アナタの家族はきっと悲しむ。

 

 

だからきっと相手も同じだ。

誰にだって心配してくれる家族や仲間や

社会はいるではないか。

 

 

f:id:gudosha:20200515070434j:image

 

 

往々にして、最も身近にいて

自分より立場が下だと思っている相手に対して

その様な態度になりがちである。

 

 

自分の子供、妻、夫、年老いた両親、

ペット、部下、後輩、生徒、お手伝いさん、

下請け業者、コンビニの店員さん…。

 

 

私達のような一個人が、

世界の戦争を止める為に出来る事など

極々微力かもしれないが、

少なくとも自分の目の前の現実に

自分から争いを仕掛けるよう真似だけは

しないでおこうではないか。

 

 

そもそも争う理由というのは

"奪うか守るか" の二つしかない。

結局はみんな自分や自分の大事なものを

護りたい一心で争いをするのだ。

 

 

ならばせめて、奪う為に争うような真似は

よそうではないか。

 

 

全ての争いの火種は

エネルギーの奪い合いである。

 

 

アナタの中に愛が無い時、

不安や怒りや癇癪に苛まれている時、

どうにかして他人から奪おうとしている

そのやり方に気付かなければ、

 

いつまで経っても、自らの内にあって

常に光輝いている無限のエネルギーに

繋がることは出来ないのだ…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200515072301j:image

 

 

⬇︎求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活…毎夜更新中⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#癇癪  #無限のエネルギー

#家族や仲間 #気を使いなさい

#偏頭痛 #虫の居処

#不機嫌の原因  #横柄な態度

#ぞんざいな扱い  #エネルギーの搾取

#苛め #酷い仕打ち

#自分の子供 #年老いた両親

#クラスの担任  #PTA

#国家間の争い    #嵐の渦中