​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「瞑想の実践法を紹介」…その2. 坐相を保つ

 

瞑想の実践法その1はこちら

「瞑想の実践法を紹介」…その1. 瞑想のメリットとは - ​​求道者は黙して嘘をつく​…

 

f:id:gudosha:20200517092336j:image

 

 

1.坐相を整えるメリット

 

あらゆるスポーツ、武道、芸事、仕事において

正しい姿勢というのはより良いパフォーマンス

を発揮する上で重要な要素であります。

 

 

姿勢を良く保つ為には「腰」が重要であります。

「腰」という字は「月辺 (肉) に要」と

書くことからも要の部分であり、

上半身と下半身を繋ぐ要所であり、

身体の中心であります。

 

 

そしてその腰を入れておくには丹田の充実が肝となります。

 

 

瞑想中に正しい坐相を保つことのメリットは、

綺麗な姿勢を保つことによって

 

  • 腰と腹側にある丹田に力みが生じることにより気が充満する。

 

  • 心も隙なくピンと緊張感を張り詰めることが出来る。

 

  • 頭、首、背骨 を一直線にすることで脳脊髄軸にエネルギーが流れやすくなる。

 

  • 呼吸が楽になる。

 

などがあります。

 

 

瞑想初心者は、初めは腰をしっかりと前に入れて座ることが窮屈に

感じるかもしれませんが、

一旦慣れてしまえばこれ程瞑想にとって"理想的で楽な姿勢はない"

実感できるので、初めのうちは瞑想中正しい坐相を保つこと

だけに全神経を集中する事が出来ます。

 

 

ある程度の瞑想実践者であれば、それぞれの

やり方で集中法を行っているでしょうが、

今一度基本に立ち返って正しい坐相を整える

ことに注力するべきであります。

身体が整えば自ずと心も整うのです。

 

 

f:id:gudosha:20200517093905j:image

 

 

2.お尻の下に何を敷く

 

床に座る時はお尻の下に固めのクッションを

置きお尻を半分ほどのせます。

曹洞宗 (禅宗) で使用されている座布 (ざふ) は

コンパクトで程よい固さと高さなので使い勝手がとてもいいでしょう。

 

そうでなければ座布団を折り畳んで座ってもいいですが、

柔らかすぎるとお尻が沈み込んで腰が引けてしまうので

固めのものがいいでしょう。

 

 

椅子に座っても構いませんが、

その際は椅子に浅く腰掛け両足を肩幅に開いて座ります。

 

お尻の下が固いと足が痺れやすくなり、

余程強い集中力を保てていない限り痛みで容易に気が散るの

お尻が沈み込みすぎない程度の固さのクッションを敷くといいでしょう。

 

 

3.足の組み方

 

  • 半跏趺坐 (胡座あぐら.の片足もも乗せ)
  • 結跏趺坐 (胡座の両足もも乗せ)

 

が好ましいですが、

胡座 (あぐら) の姿勢が窮屈ならば

座布をまたいで正座のような姿勢でも構いません。

しかし、なるべくなら胡座の方が好ましいでしょう。

 

 

f:id:gudosha:20200517092638j:image

半跏趺坐 (はんかふざ) は片足のもも乗せ

 

 

なぜなら肛門と生殖器の間には第一チャクラと呼ばれる「会陰(えいん)」という

ツボがあり、そこを圧迫しない為であります。

 

 

第一チャクラは生命エネルギーを司っており、

大地のエネルギーを吸収する箇所であります。

 

半跏趺坐の際は会陰は座布より前に出ていますが、

片足の踵が会陰に当たらないようにします。

 

椅子の際は少し浮いているので特に会陰には当たらリマ戦。

座布をまたいで座るとモロに会陰を塞いでしまうので圧迫感を感じます。

 

 

私は会陰を塞いでいるととても窮屈に感じて注意力が散漫になります。

会陰を塞ぐことでどの様な悪影響があるのかは分かりませんが、

私はとても気になってしまいます。

 

 

半跏趺坐の場合は片足が地面から浮かないように気をつけましょう。

 

 

 

f:id:gudosha:20200517104110j:image

結跏趺坐 (けっかふざ) 両足太もも乗せ

 

 

4.上半身と坐相を整える

 

座り方が決まったら、腰を意識して

骨盤の上に乗っているイメージで

しっかりと腰を前に押し出します。

 

自ずと腰とへその下の丹田辺りに力が入りますが、

初めはそれでいいです。

慣れてくれば自然と力んでくれるようになります。

 

 

なるべく刺激を避ける為に目は閉じておきましょう。

 

 

両手はそれぞれのももの上に置きますが、

ひじの位置が前に出過ぎると

肩が前に出ることで重心が前になり、

前屈みになりがちなので、

ひじの位置は胴体より前に出さないようにしましょう。

両手は上を向けて開いた状態にします。

 

 

頭は背骨の真っ直ぐ上に乗せるイメージを

保つとやや後ろの方になりますが、

顎をしっかりと引いて、後ろに重心がいかない

ようにします。

 

 

頭はボーリングの球程の重さがあるので、

頭の位置が少しでも前後するとすぐにそちらに

重心が偏るから要注意であります。

顎を引くからといって決して頭が前に

いかないように気をつけましょう。

 

禅寺では "つむじから背骨を通って肛門まで

一本の棒通っている" ようにイメージすると

教わりました。

 

 

f:id:gudosha:20200517093015j:image

胡座 (あぐら)

 

 

腰をしっかりと前に入れ、ひじを引いて

頭の位置が決まれば自然と胸が張って

呼吸が楽になります。

 

 

上半身、特に肩の力を抜きます。

顎を引くことによって、

首の後ろはやや引っ張られて窮屈に感じますが、

それくらいが丁度良いでしょう。

 

 

5.継続は力なり

 

坐相が決まればそれを保つべく

瞑想中にその姿勢が崩れなくなるように

なるまでは坐相にのみ注意を払いましょう。

 

 

時間は5分でも10分でも30分でも構いませんが、

毎日続けることが肝要であります。

貯金にしたって毎日コツコツ貯めていけば

そのうち立派なものになります。

 

 

忙しない現代社会において、落ち着いて自分に

向き合う時間は特別なものであります。

「継続は力なり」何事も一番初めが

肝心であると思います。

 

 

f:id:gudosha:20200517104249j:image

 

 

仏壇屋 滝田商店 座禅布団(座布) 綿 1.1尺(直径33cm)◆坐禅用のふとん・坐布・座蒲・坐蒲・座禅専用の座布団【滝田商店発行 証明書付】

 

 

⬇︎求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活…毎夜更新中⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#瞑想の仕方  #結跏趺坐

#継続は力なり  #半跏趺坐

#丹田  #坐相を保つ

#チャクラ #正しい姿勢

#脳脊髄軸 #曹洞宗

#会陰 #大地のエネルギー