​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「瞑想の実践法を紹介」…その5. 体系に学ぶ

 

f:id:gudosha:20200520075027j:image

 

 

私の学んだ瞑想法…ヴィパッサナー瞑想法

 

瞑想初心者、或いは見様見真似で瞑想を

実践してきた者にとって、

確かな指導者の元で、体系に則った瞑想法を

学ぶ事は、より良い成長の一躍となる。

 

 

私が初めて本格的な瞑想を学び、

その後何度も足を運んでいる

インドの伝統的な瞑想法、

ヴィパッサナー瞑想センターという施設がある。

 

 

この瞑想法は、インドにおける最も古い

瞑想法の一つで、しかしその存在は長きに

渡って忘れ去られていた。

そしてゴータマ・ブッダ (お釈迦様) によって

2500年前に再発見されたものである。

 

 

 

ヴィパッサナー瞑想法とは

 

ヴィパッサナーとは

 "物事の表面だけでなく、ありのままを見る"

という意味であり、

"身体に起こっている感覚のみを

ひたすら観察する" という瞑想法である。

 

 

宗教団体ではないので、教義、儀式といった

概念を一切持たない非営利団体である。

 

 

f:id:gudosha:20200520075327j:image

 

 

施設は世界中に150箇所以上あり、

日本では京都と千葉にセンターが置かれ、

主に月に2度10日間コースが行われている。

 

 

10日間コースは、前日の夕方までに入って

最後は朝方の解散になるので、延べ12日間の

滞在となる。

食事は基本的にビーガンのスタンスに近く、

宿泊は個室もあるが、ドミトリータイプの

部屋で寝る人が殆どである。

 

 

一度のコースでの参加人数は男女合わせて

80名程にものぼり、いつでもコースは

大人気で、連休中や年末年始などのコースは

更に予約が取りづらくなる。

 

 

食費、宿泊費用は一切請求されず、

全ての運営は滞在者の寄付とボランティアに

よって賄われている。

それも人気の一つだろう。

 

 

別にお金を取ることが悪いと言うわけでは

ないが、私の経験上、本当に凄い霊能力者や

組織は、全くお金取らないか、激安か、

本人に任せた寄付である。

 

 

そのような方々は天命を全うしていて、

自らは神様の媒介であり、

"与えたものは必ず返ってくる"

という宇宙の法則を体得しているから、

不安からくる金銭的な問題に煩わされる事は

ないのである。

 

 

衣食住の心配をするのはエゴの最大の

特徴である。

 

それは生存本能に起因していて、

"生活の糧は自分で得なければ生きていけない"

と言った思い込みによるものだ。

 

それは不安や欲望が起因していて、

神様に繋がっていないという思い込みが

無意識のうちにあるがゆえに、

信じ切れないのである。

 

 

f:id:gudosha:20200520080527j:image

 

 

コース中の戒律

 

10日間コースの間は厳しい規律を守る事が

求められるが、"深い心の手術" を行うに

あたっては、とても重要な規律となる。

 

 

コース中の禁止事項は主に、

 

読書、会話、メモ、思考、携帯電話、

宗教儀式、殺生、散歩以外の運動、ヨガ、

お酒、煙草、コーヒー、サプリ、

一切の嗜好品、他者とのコミュニケーション

(目も合わさない)

 

といった広範囲に渡り、

極めて質素でシンプルな心身状態に留まる事を

求められる。

 

起きている間中はとにかく五感に全神経を

向ける。その為の戒律のである。

 

 

 

当たり前の事実として身体のあらゆる部分は

振動している。

 

その当たり前の事実にこれまで気付かなかった

のは、身体に意識を向けてこなかったからだ。

 

この瞑想法はまず、身体の一点に10円玉程の

大きさで意識を向け、それを全身くまなく

移動させていき、一つづつ感じていくという

ものである。

 

それがどんな感覚であれ、感覚を感じない所で

あれ、心は常に平静を保つ事が求められる。

 

慣れてくれば全身が同時に脈打つような感覚を

感じる事が出来る…内臓までもだ。

 

 

指導者との面談は随時行われ、

毎夜には代表による瞑想に関する録音での

講和が90分程度あるから、完全に言葉と隔絶

されるわけではないが、

少なくともネガティブな言葉や情報は一切

入ってこないから、

それだけでも充分恩恵はあると言える。

 

 

f:id:gudosha:20200520083213j:image

 

 

まずは自分のことから始める

 

丸9日間の無言の瞑想三昧ははっきり

言って辛い。

しかしその分得るものも大きい。

最後の10日目の朝にはお喋りが解禁され、

その日は瞑想に充てられる時間もごく少なく、

世俗に帰る為の準備の日となる。

 

 

どの人も皆んなハイになっているから

会話が尽きる事はない。

苦楽を共にした仲間意識が芽生えたのだろう。

 

 

よく働く日本社会において普通に考えれば

12日間も連休を取る事など考えられないが、

個人の選択というのは結局のところ

全て優先順位の問題なのだ。

 

 

ここでの10日間は、情報によるインプットも、

仕事や趣味やコミュニケーションによる

アウトプットもなく、

ただひたすらに自分の身体に起きている現実と

心の動きにのみフォーカスが当てられる。

 

 

これまで、最も身近な自分自身の存在に

ついての情報に目を向けてこなかったのは

"灯台下暗し" ではないだろうか。

 

生きてのちに見え、死んだのちに見えない

ならば、全ての原因は自分自身にあるのでは

ないだろうか。

 

 

"まずは自分のことから知ろう" というのが

この瞑想法の教えである。

 

自分というスケールに起こる出来事を

よく知れば、それはつまり社会を、世界を、

ひいては宇宙というスケールまでをも

知るということなのだ…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200520081622j:image

 

 

⬇︎ヴィパッサナー瞑想HP

Vipassana Meditation: ダンマバーヌ

 

 

⬇︎求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活…毎夜更新中⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#ヴィパッサナー瞑想  #灯台下暗し

#瞑想初心者  #見様見真似

#ゴータマブッダ  #ビーガン

#ドミトリー  #ボランティア

#非営利団体  #指導者

#優先順位  #仲間意識

#無言の瞑想三昧 #世俗に帰る