​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「禅の逸話」…その1. 天国と地獄


 

 

f:id:gudosha:20200523103120p:image

 

 

「 天国と地獄」という例え話を聞いた事があるでしょうか。

 

 

言わずもがな"天国が良いとこで" "地獄が悪いとこ" なんてことは誰もがよく知っています。

 

 

しかし「それが何処にあるのか」という段になると人それぞれ解釈は違ってきて、「死んだ後の世界にある」なんて言われてもよくわからないと言う人の方が多いかもしれません。

 

 

因みにあなたは

 

"天国があると思いますか…""地獄があると思いますか…"

 

 

あると思うのならば少しでも悪行をやめる理由になりますでしょうか…。

 

はたまたそんな事は信じちゃいないと言って傍若無人に振る舞うでしょうか…。

 

 

この「天国と地獄」についての面白い逸話が臨済宗にあります。

 

 

話は戦国時代にまで遡ります…。

 

 

f:id:gudosha:20200523115111j:image

 

 

昔ある所に将軍と呼ばれる地位の方がおり、その将軍は名家の御子息らしく国を護るとばかりに子供の頃から英才教育を施され、武は勿論のこと学問の方も達者で、正に才色兼備、優れた徳も備えたそれはそれは立派な人物であったといいます。

 

 

そんな将軍は当然の事ながら仏教についての学問も学んでおり、しかしこの目で見た事のない世界をどうも信じる事が出来ない、そんな性分でありました。

 

 

「極楽浄土なんていう世界が本当にこの世の何処かにあるのだろうか…。

悪い事をすれば地獄に落ちると言うが、国を守るためとはいえ、何人もの人を殺めてきた私でも、やはり地獄に落ちるのだろうか…」

 

 

そんな悩みを心に抱き、お坊さんに会うたびに単刀直入にその質問をしてみましたが、どうも納得のいく答えを出してくれるお坊さんにはこれまで一度も出会ったことがありませんでした。

 

 

ある時将軍は、この辺りに偉い高僧が来ていると言う話を聞きました。

 

将軍は極楽についての話を是非聞いてみたいと思い、すぐさま使いの者を出して高僧を丁重に城に招き寄せました。

 

 

f:id:gudosha:20200523121336j:image

 

 

将軍は高僧を招き入れると礼節を重んじて恭しく挨拶し、失礼のないように注意しておもてなしをしました。

 

 

なんともない世間話に花を咲かせ、そしていよいよ例の問題について質問してみようと話し始めました…。

 

 

「お坊様、私は幼い頃より仏教というものを幾ばくか学んできて参りました。

そしてそこには天国と地獄について書かれているものもあり、殺生は罪であると書かれておりました。

 私は天国に行きたいと切望しております。否、それは皆が思うところでありましょう。

 しかし私は武人です。国を守る為、人民の生活を守る為に戦わなければならないのです。

 例え百姓であったとしても害虫の命を取らなければならないではございませんか。

それならば殺生の罪を犯さざるをえない我々人間がどの様にして極楽浄土へ参れるというのでしょうか。

 是非貴僧に教えて頂きたくお招きした次第でございます…」

 

 

 

それまで将軍の歓待に和やかに応じていたその僧は、その話になるとじっと耳を傾けて真剣な表情で聞いていました。

 

 

さて長きに渡って悩んで来たこの問題に対して、高僧と呼ばれるこのお方は一体どんな答えを出すのでしょうか。

 

 

将軍はワクワクしながら身を乗り出して高僧を食い入るように見つめ、その答えを暫く待っていたが、僧は急に態度を変えてぶっきら棒にそっぽを向いて、フンッと鼻を鳴らしてしまったではありませんか。

 

 

どうやら答える気はないらしい…。

 

 

将軍は呆気にとられました。

 

なぜ僧が急に不機嫌になったのかがわかりませんでした。

 

将軍はこれまで高僧を敬い丁重にもてなし、出来る限りの礼節も尽くして、気を見計らって丁寧に質問もしたつもりであります。

 

それなのに高僧と呼ばれるこの僧は一体何故急にこんな態度を取るのでしょうか…、質問の仕方が悪かったのでしょうか。

 

 

将軍は落ち着いて気を取り直してから、意を正してもう一度僧に質問しようとしました。

 

 

すると話も聞き終わらぬ内に僧は、「フンッ、この人殺しの野武士めが、そんな事も分からんのか…」と悪態をついて酒を煽りだしたではありませんか。

 

 

将軍は僧のぶっきらぼうな態度に呆気に取られ、その一言にカチンと来ましたが、

今一度冷静さを装って「人を殺めるのは国を守る為なのです」と、しかし語気を強めてそう説明しました。

 

 

すると僧は益々悪態をついて、「黙れ黙れこのこじき野武士が、貴様らのように人の命を虫けら同然に奪うやつなんざ地獄に落ちるに決まっとる。

閻魔大王様にビビッとらんで、はよ死なんかい…」

 

 

f:id:gudosha:20200523113219j:image

 

 

それを聞いた将軍は、酒も入っていたせいで更に顔を真っ赤にして怒りに打ち震え傍らにおいてあった刀を手に取りました。

 

それでもなんとか我慢して血走った眼を僧にギロリと向け「いま謝るならば命だけは勘弁してやるぞ…」と我を抑えるのに必死でありました。

 

 

しかし僧は、更に悪態をついてその場に寝転がり、

「坊主を殺しちゃ地獄行きは確実じゃわい、ほれ、やれるもんならやってみんかい、死ぬ事なんぞとうの昔に覚悟しとるわい…」

 

 

とうとう我慢の限界に達した将軍は、僧が言い終わらぬうちに勢い一閃、大きく振りかぶって見事僧の頭上めがけて刀を振り下ろしました。

 

 

刀が僧の脳天に触れるかというその瞬間、僧はボソリと一言なにかと言いました…

 

 

「それが地獄じゃ…」

 

 

刀は僧の頭上ギリギリの所で止まり、いつしか汗びっしょりになった将軍は呼吸を荒げたまま…

 

 

「こ、これが地獄…」

 

 

f:id:gudosha:20200523113554j:image

 

 

「そう、それが地獄じゃよ…」

 

 

力一杯握りしめた刀の柄からようやく指を引き離し、刀を下ろして汗ばんだ掌を見てふと我に返り、初めて地獄の存在が自分の中にあったのだと気づいた将軍は、しばらく呼吸を整えると、僧の教えてくれた事が紛れもない真実であると理解しました。

 

 

これまで読んだ文献では決して悟る事の出来なかった地獄の存在を、この僧はあわや命をかけてまで教えてくれた事に心底感謝の念が湧き起こり、びっしょりと濡れた両の手を畳につけて深々と頭を下げました。

 

 

すると僧はボソリと一言…

 

 

「そこが天国じゃ…」   

 

     

…🙏

 

 

 

f:id:gudosha:20200523114137j:image

 

 

⬇︎求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活…毎夜更新中⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#天国と地獄 #死後の世界

#閻魔大王 #坊主を殺しちゃ地獄行き

#野武士  #将軍

#偉い高僧  #極楽浄土

#才色兼備  #地獄の存在