​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「イラつく心の処方箋」

 

f:id:gudosha:20200529075343j:image

 

 

イラつく心を愛してる…?

 

それぞれの性格というのは体型のように

元々の雛形がある。

 

価値判断や好き嫌い、

盲信的か現実主義か、

利己的か利他的か、

 

待ち合わせの際に待たせるのはどうも

気になってしまう、

逆に待つくらいなら絶対待たせる、

 

負けず嫌いか平和主義か、

基本的にポジティブなのかネガティブか。

 

 

顔や身体つきを見てみれば、

誰かは必ず誰かに似ている。

 

 

性格にプロトタイプがあるように

思えないのは、

それが一見では判断がつかないからであろう。

 

社会人たるもの、表面的な付き合いの場では

本音を隠して接するのが大人のマナーの

ようであるから、初対面で性格を見抜くの

難しい。

 

 

f:id:gudosha:20200529075758j:image

 

 

些細な事でカチンと来ることは誰にでも

あるだろう。

 

 

それはどんな立場の人であっても経験した事の

ある地獄の様な風景だ。

あなたにそんな気はなくとも、側から見てれば

そう見えるのだ。

 

 

心にとっての嵐は、身体にとっての災害だ。

 

その感情が、決して心地良いものではないと

理屈の上でも気持ちの上でも

よく分かっているつもりではあるが、

幼い頃から慣れ親しんで、無意識のうちに

選択してきたその反応の仕方は、

これまで特に、改善の余地を感じなかった為に

放置され、ゆえに粗野な形のままなのである。

 

 

ほんの些細な事にイラついて大人気ないのは

分かっている。

しかしイラつくものは仕方がない。

態度に出るのも仕方がない。

周りのことは関係ない。

とにかく私はイラついている…。

 

 

多くの人は、そんな気持ちの悪い感情を

むしろ愛してるのではなかろうか。

 

そんなにイラついてばかりいて

そんなに楽しいのか、とすら思える。

 

 

"そうなるのだから仕方がない" のだろうか。

凶暴なペットを外に連れて歩くのならば、

首輪くらいはしておくべきだ。

 

 

f:id:gudosha:20200529085651j:image

 

 

自分で生み出す地獄

 

子供であろうが、新入社員であろうが、

ペットであろうが、自分の心であろうが、

躾られてないことほど無様なことはない。

 

 

躾とは改善のことであり、

それは注意することであり、

意識させることであり、否定であり、

痛みであり、それは角を削って丸くなる

ことなのだ。

 

 

人間が丸くなるとはそういうこと。

 

 

「角を削って丸くなる」 - ​​求道者は黙して嘘をつく​…

 

 

f:id:gudosha:20200529080108j:image

 

 

体調のせいもあるだろう、

食事の影響もあるだろう。

 

確かに相手や状況が悪いのかもしれないし、

イラつく方が悪いとばかりに言う気もないが、

昔に比べて穏やかになった

私の反応の仕方を見るからに、

やはり原因は自分自身の反応の仕方に

あるようだ。

 

 

どんなに成功した人物であれ、些細な事で

イラついている時は不幸である。

 

 

どんなに貧しい生活をしている人だって

穏やかであれば幸せである。

 

 

さて裕福なあなたは天国と地獄の

どちらに住みたいのだろうか。

 

 

神からのメッセージは感情を通じて行われ、

喜び、慈しみ、心地良さといった

ポジティブな感情は、やっていい事、

是非やるべき事、

正しい選択をしているという指針であるのだ。

 

 

真逆は地獄だ、言うに及ばず。

悪魔が影からこちらを見ている。

 

 

f:id:gudosha:20200529080633j:image

 

 

イラつく克服する

 

ではイラつく感情を克服するために

自己啓発本の類にはなんて書いてあるだろう…

うーむ、なるほど。

"ポジティブに考えなさい" 的なことか。

 

 

様々なやり方を批判する気はあまりないが、

"ポジティブに考える" という習慣は

改善の余地を逃しかねなかったりもする。

 

例えば、失礼な態度のホテルサービスに対して

ポジティブに考えて相手を注意しないので

あれば、相手は否定されないがゆえに

過ちだと気づけないではないか。

 

相手の愚かなやり方に対して

許してはいけない事もあるのだ。

 

 

また、ポジティブな言葉によって

イラつく事は収まるかもしれないが、

言葉によって形作られたエゴは、

また別のエゴを育んでいるのだということを

知っておくべきだ。

 

 

f:id:gudosha:20200529085644j:image

 

 

では私はどうしているのかというと、

感情を一段上の俯瞰した視点から眺めている。

 

 

"イラッ" とした瞬間をつぶさに捉え、

ただただ黙してそれを観ている。

 

"ヘェ〜"と言った感じで意見も言わず、

ただただその感情を認識している。

 

 

例えばその沈黙とは、1…2…3…と数える

その数の隙間にある沈黙を

じっと眺めるだけでいい。

只管打坐とはそのことだ。

 

 

沈黙の眺め方に関する記事

「瞑想の実践法を紹介」…その3. 思考に向き合う - ​​求道者は黙して嘘をつく​…

 

 

只管打坐に関する記事

「瞑想の実践法を紹介」…その6. 只管打坐 - ​​求道者は黙して嘘をつく​…

 

 

ネガティブな感情に誘発されて

ネガティブな思考は展開する。

 

 

逆もまた然り。

 

 

その思考はまた感情に油を注ぎ、

そのスパイラルは

あなたがこれまでしてきた程度の長さで

しばらく続いていく。

 

 

ネガティブな感情が起こったのは

これまで通りの反応なのだから仕方がない。

脳はあなた好みのお馴染みのメニューを携えて

役目を果たしただけなのだ。

 

 

f:id:gudosha:20200529083133j:image

 

 

無心で観ていれば感情は収まる。

無心とは意識が現前している状態であり、

それは知恵の光なのだ。

 

 

白日の元に晒されたエゴはその暗い影を失い、

行き場をなくして消滅する。

 

 

意識 = 気 = エネルギー = 真理 = 知恵 = 覚醒 =

美 = 愛 = 光 = 神の一部

 

 

その時あなたは自らの本質である

エネルギーによってエゴを超越したのだ。

 

そこに新たなるものは何もなく、

本来あなたが持っている愛が

姿を見せただけでなのある…✍️

 

 

f:id:gudosha:20200529081152j:image

 

 

⬇︎求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活…毎夜更新中⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#知恵の光  #エゴを超越

#平和主義  #プロトタイプ

#無心  #粗野な形

#ネガティブな感情  #自己啓発本

#ポジティブに考える  #真逆は地獄

#神からのメッセージ   #正しい選択

#天国と地獄    #逆も又然り