​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「願望は語るほどに遠ざかる」

 

f:id:gudosha:20200605103138j:image

 

 

言葉を軽んじてやしないだろうか。

 

​​私達は普段、言葉を無神経に使いすぎて

​​いるのかもしれない。
​​ 
​​ 
​​ 例えばそれは頭の中で行われる思考習慣。

 

 

​​ 歯を磨く間、電車を待つ間、

食事中や​​ 運転中…。
​​ 
​​ 
​​ 例えばそれは会話において、

反射的に発する​​ 言葉の数々。
​​ 
​​ 
​​ 意に反してお世辞を言ったり、

感情的に​​ 言い返したり、

くどくど考えてみたり、

​​ 昨日見たTVを反芻してみたり。
​​

 

​​言葉が自らの心、他人に与える影響の大小を​​

考えずに、言葉が偉大な力を持つと理解せず、

言葉を少々軽んじてやしないだろうか。
​​ 
​​ 
​​物心ついた頃から耳にしてきた

意味と内容を​​含んだその音は、

身近すぎてもはや扱い方に​​関しては

思慮するに及ばない、ただの意思伝達​​手段の

一つの媒介でしかないのだろうか。
​​ 
​​ 
​​自らの心を少し除いて見れば

言葉はあまりにも​​溢れ返っていて、

それは止まることを知らない

​​川の流れのようですらある。
​​ 
​​ 
​​乾いていれば一滴の水さえ貴重な存在で

大事に​​扱うというのに、

いつでも当たり前のように​​刻々と流れていく

そんなありふれた言葉には

​​もはや重要性はないのだろうか。
​​ 
​​ 

f:id:gudosha:20200605103551j:image
​​ 

 

わざわざ散らかす事をする


​​自然界のことはさておいて、

私達人類が​​これまでに形成してきた

人間社会やかつての​​歴史、伝統技術、

科学の継承は言葉なくしては

​​あり得なかった。
​​ 
​​ 
​​人間社会に溢れる物は全て発明家による

言葉の​​産物である。

​​(芸術はまた別の話である)
​​ 
​​ 
​​人間社会が言葉によって形成されたのであれば

​​それぞれの人生も言葉によって形成されて​​いる

と言って差し支えないかもしれない。
​​ 
​​ 
​​他人からの優しい言葉は耳障りが良く

​​心地良くて温もりを感じる。

​​力強さに溢れ、生き生きとして晴れた気分に

​​なる。

 

 

​​それに比べてネガティブな言葉は居心地が悪く

​​表情が暗くなってしまう。

​​陰鬱な気分になって胸騒ぎがする。
​​ 
​​ 
​​ f:id:gudosha:20200605104105j:image
​​ 
​​ 
​​他人に向かって粗野な言葉を使えば

相手の​​注意力を奪えるから

言っている方はその時は​​力強く感じるかも

しれない。

 

 

​​頭の中でネガティブな独り言を呟いてる時は

​​自らのエネルギーを浪費しているにすぎない。
​​ 
​​ 
​​それはわざわざ部屋を汚しているような

もの​​である。

 

​​何もしなければ綺麗なままなのにわざと

​​散らかして居心地を悪くしてしまっている。
​​ 
​​ 
​​私達の多くは事実全くその通りのことを

​​している。
​​ 
​​ 
​​そして目の前の他人を自分の部屋に招き入れて

​​その汚い部屋に巻き込むのだ。
​​ 
​​ 

 

心も身体も空にしてく

 

​​ あなたの心の部屋の状況に応じて訪れる

​​ 来客の質は変わる。

 

​​ 好んで何度も訪れる人は自分の心の部屋と

​​ 似た様な居心地の良さを感じているのだ。
​​ 
​​ 
​​また、自らを卑下するような考え方は

汚い部屋について愚痴る様なものである。

 

​​その否定的な考え方が掃除をするきっかけと

​​なるのならばまだ良いのだが、

ただ単に文句を​​言っていたのでは

なんの解決策にもならないし​​

気分まで悪くなってしまう。
​​ 
​​ 
​​ f:id:gudosha:20200605104658j:image
​​ 
​​  
​​私達は発した言葉を簡単に裏切るが、

​​言葉が私達を裏切った事はかつて一度もない。
​​ 
​​ 
​​"自己啓発で言われているように願望が

​​実現しない"

と言う人が多くいるが、

​​それは全く逆である、

むしろ全ての願望は実現しているのだ。
​​ 
​​ 
​​ 
​​自らが頭の中で、また他人や社会に向けて

話して​​いる言葉の一言一句に注意深くなれば、

​​言葉がどれほど現実化しているかと

知る事が​​出来るだろう。
​​ 
​​ 
​​少なくとも感情のレベルでは

言葉の持つ波動に​​常に影響を受けている。
​​ 


​​ 
​​あなたはレストランに入って全てのメニューを

​​注文するだろうか。

 

​​頼んだところでそんなに食べることは

出来ない​​はずだ。

 

​​ではその時一体どれに手をつけるのか。

 

​​先に来たものではないか、

食べ慣れたものでは​​ないか、

記憶にあるものではないか、

​​CMでよく見るものではないか。
​​ 
​​ 
​​食べる量には限界があるように、

現実化、現前​​する思考にも限界がある。
​​ 
​​ 
​​あれこれ注文するのをやめてみれば、

​​頼んだ通りのものが出てきたと

確かに確認​​しやすくなる。

 

​​その一品をよく味わおうではないか、

​​その為にも心を空に、

お腹を空かせておこう​​ではないか…​🙏​
​​ 
​​

f:id:gudosha:20200605105936j:image

 

 

⬇︎求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活…毎夜更新中⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#感情のレベル  #言葉が偉大な力を持つ

#一言一句  #自己啓発

#否定的な考え方  #粗野な言葉

#意思伝達  #無神経な言葉