​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「亀戸テーラー」…1話

f:id:gudosha:20200609095612j:image

 

 

琴線に触れるモノ…

 

亀戸商店街を真っ直ぐ西に進んで行くと、

随分低い所からオレンジ色の太陽が

こちらを眺めて何か物言いたげにしていた。

 

 

長い商店街の丁度真ん中辺りまで来ると

右に折れる細い路地がある。

 

 

キョロキョロと左右の景色を目に映しながら

道の真ん中を歩くのは、

大人になってからの癖である。

 

特に始めて歩く通りや旅先ではなおのこと、

歩く速度を落として周囲を見回す。

 

 

側から見れば随分と落ち着きのない人か、

何かを探しているかのように見えるかもしれ

ない。

 

 

探していると言えば確かに探しているが、

特に目当てのものがあるわけではない。

 

 

琴線に触れるものを探しているのだ。

 

 

 

f:id:gudosha:20200609095627j:image

 

 

物静かな路地の奥…

 

昼間に比べ随分とおとなしくなった太陽に

「また明日」

と呟いて路地を右手に曲がって行こうとすると

「明日はないよ…

と聞こえた気がした。

 

 

人とすれ違う際には多少気を使うだろう

その細い路地をしばらく進んで行くと、

左手に古い木製の扉が現れる。

 

 

「亀戸テーラー」と書かれたまるで愛想のない

表札は扉ともはや一体化し、

アンティークショップにこの扉が置いてあれば

モノズキな人なら買っていくのではないかと

思うほどの重厚感に漂っていた。

 

 

シャッター通りという言葉とは無縁なほど

亀戸商店街は人通りが多かった。

 

 

その喧騒が嘘かと思う程に細い路地は

いつ来ても静かであった。

 

 

そう言えばこの道で人とすれ違ったことは

ない。

 

 

重い扉

 

夜になるとBARとおぼしき灯りが

チラホラ漂っているが、

照明と言うには控え目にすぎる。

 

 

外灯も付けられていないこの路地のことを

役場は忘れてしまっているのだろうか。

少なくとも商店街を歩く人々は

この路地の存在を忘れてしまっているようだ。

 

 

f:id:gudosha:20200609101308j:image

 

 

この路地に一歩足を踏み入れると

途端に自分の足音がよく聴こえるようになる。

 

 

それは商店街の喧騒のせいで

聴こえなかっただけなのか、路地が狭いから

反響しているのかは分からないが、

とにかく自分の足音がやたら響いて

聴こえてきて、それは遠くの方から

やって来る足音のようにも聴こえた。

 

 

扉の横には置き物かと思ってしまうほど

ピクリとも動かない黒猫がいつも猫背で

目を閉じて屈んでいて、

首の辺りをなでると右の耳だけを小刻みに

ピクンと動かした。

 

 

f:id:gudosha:20200609095722j:image

 

 

「お前はいつも耳しか動かさないんだな…」

と言うと猫は少しだけ目を開けて、

「お前が動かしたんじゃないか…」

と言ったような気がした…。

 

 

重厚感どころか本当に重い扉に手を掛け

一気に押す。

 

 

始めて扉を押した時は

鍵がかかってるんじゃないかと思ったほどだ。

 

 

特に気持ちを込めているわけではないが、

本当に思いっきり押さなければ

この扉は開かないのだ…✍️

 

 

…続く

 

 

f:id:gudosha:20200609095655j:image

 

 

⬇︎求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活…毎夜更新中⬇︎
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#亀戸商店街   #黒猫

#亀戸テーラー  #重厚感

#扉は開かない #BAR

#シャッター通り  #オレンジ色の太陽

#長い商店街  #アンティークショップ

#路地の存在  #モノズキ