​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「人生を自由に創造するには…」

 

f:id:gudosha:20200619122233j:image

 

 

自由に創る可能性

 

"空の間" と書いて空間。それを余白とも言う。

空間には何も無いように思われがちだが、

しかし、その空間・余白にも確かに存在する

唯一のものがある。

その唯一のものとは "可能性" ではない

だろうか。

 

 

隙間があるからこそそこには物事が収まるので

あって、満員電車やタイトなスケジュールには

新たに入り込む余地がない。

 

 

私はかつて瞑想の後に街中を散歩していて

面白いことに気がついたことがある。

その時もいつもながらなるべく無心を心掛けて

ゆっくり歩いていたのだが、家々が立建ち並ぶ

住宅街の中に、ぽつんと一ヶ所だか更地に

された場所があった。

私はそこを見た瞬間に "そうか、なにもなければ

自由になんでも創れるんだ"

という "可能性" を感じたのだ。

 

 

隙間や空間、余白があるからこそ、

そこに新たなる物事が生まれる可能性がある。

 

 

f:id:gudosha:20200619122921p:image

 

 

創造のための破壊

 

そしてその空間を作り出す行為とは

破壊である。

 

 

破壊無くして創造はあり得ず、破壊こそが創造の

三原則である思考➡︎言葉➡︎行動の行動における

第一歩である。

 

 

ならばこの空間という余白、無とも言いうる

この隙間こそ重要な要素ではないか。

 

 

そしてその空間・余白を持つことは、

創造の三原則である思考➡︎言葉➡︎行動の最初の

段階である思考の状態にも当然必要だと

私は考える。

 

 

心の中が常にお喋りで一杯になっていては、

新たな可能性が生まれてこないのではない

だろうか。

過去の記憶に根差した心のお喋りは、

瞬々刻々現れる全く新しい現実世界に対して

古い価値観を持ち込む。

そのように生きるのならば、日々訪れる

人生とは見慣れた物事になってしまうのでは

ないだろうか。

そこにある可能性とは見慣れたものになって

しまうのではないか。

 

 

f:id:gudosha:20200619123257j:image

 

 

瞑想の目的

 

瞑想における目的の一つは、

心の中に空間、余白を創ることである。

それは心の中でのお喋りをやめている状態で

あり、無心無思考と呼ばれる状態である。

 

 

これまでの思考習慣によって心のお喋りが

当たり前となっているのであれば、

それは一度破壊しなければならない。

 

 

その破壊の仕方とは、私の伝えるやり方で言う

ところの "自覚意識" である。

 

 

瞑想中でも電車を待つ間でも構わないが、

心が何も考えてない状況を観察する。

これだけである。

 

 

これまでの思考習慣が根強い人は、

初め思考を止めるのが難しいかもしれない。

そんな時は数を数える。

「1…2…3…4…」この数と数の間にいるとき、

心の沈黙を感じられるはずだ。

沈黙にとどまれていると分かったのなら、

その間隔を少しずつ長くしていくのである。

 

 

瞑想の実践法が詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

「瞑想の実践法を紹介」…その4. 注意すること - ​​求道者は黙して嘘をつく​…

 

 

さて古い価値観を破壊して、

心の中に空間・余白を創ってそこにどんな

可能性が現れてくるのだろうか。

 

 

その時本当に自らのやりたい事、

極めて個人的なあなたにしか作り得ない、

真に自由な人生をその空間に創造出来るのでは

ないだろうか…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200619123439j:image

 

 

求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活…毎夜更新中
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#空間•余白の重要性  #沈黙

#自覚意識 #思考習慣

#シヴァ神  #自由な人生

#無心無思考  #タイトスケジュール

#過去の記憶  #古い価値観

#満員電車  #創造の三原則