​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「アラサー女子のインナービューティーよ」…2話

 

f:id:gudosha:20200623082900j:image

 

 

不安症

 

私は昔から不安ばかりが的中してしまう。

あまりにも的中するので、逆にこの才能を

生かせないものかと真剣に考えたことも

あったが、なんだかもの凄く気分が悪くなって

しまったのでやめてしまった。

 

 

私の慢性的な体調不良の原因はハッキリと

分からない、とお医者さんに言われたことが

ある。

その時は夏休みで、母は中学生の私を連れて

人間ドックを受けさせてくれた。

 

 

 

また、私は昔から占いの類が好きで、

友達と占いの館に行って人気占い師さんの

順番を一時間並んで待ってみたり、

電車で2時間かけて「奥多摩の父」なんて

呼ばれているお爺さんの所を訪ねたりもした。

 

 

ある日、これまで視てもらった占い師さんの

意見をまとめた占いメモを開いてみると、

質問の内容は大体体調に関するもの

ばかりで、その答えは大体「否定的に考えすぎ

ないように」と書いてあった。

 

 

そしてその帰り道では大体「はぁ〜、私って

ダメだなぁ…」と考えるのである。

 

 

f:id:gudosha:20200623083121j:image

 

 

不安症からの解放

 

しかし、そんな暗い運命にも大学時代から

始めたピラティスのお陰で光明が差してきた。

始めた頃はなんの変化もなかったから、

彼に嫌われたくない一心で続けていたが、

ピラティスを始めて半年後には、これまで

乱れに乱れていた生理の周期が安定して

きたのだ。

 

 

それと同時に慢性的な体調不良から解放され、

身体に力が漲ってきたように感じる。

 

 

ピラティスは何がそんなに良かったのだろう、

と考えてみると、きっとマインドフルネス

という考え方にあると思う。

 

 

これまで占い師さんに言われ続けてきた、

「否定的に考えすぎないように」という言葉が

妙に府に落ちたのだ。

 

 

f:id:gudosha:20200623084202j:image

 

 

ヨガの静止する動きに比べて、常に動き続ける

ピラティスは私に合っていたようだ。

昔から部屋でネガティブに考える時は、

体育座りで膝を抱えてジッとしていたから、

ジッとしているとついついネガティブに考えて

しまうのだ。

 

 

ピラティスの最中に呼吸と身体の部分に意識を

向けている時は、ネガティブな考え方に

囚われていないのだ、と気付いた時には衝撃的

だった。

 

 

その時は、私はこれまで多くの時間を費やして

なんてバカなことをしてきたのかと涙が

出てきて、小一時間は泣き続けた。

 

 

こんなにも出るのかというほどに涙と鼻水は

出続け、鼻のかみすぎで真っ赤になって

しまった。

 

それでもなんだかこれまでのネガティブな

感情が全て洗い流された気がして、

生まれ変わったような心地良さを感じたのだ。

 

 

そしてその瞬間にふと思ったのは、

もしかして体調には食生活よりも心の影響の

ほうが関係してるのでは、

ということであった…✍️

 

 

…続く

 

 

f:id:gudosha:20200623083628j:image

 

 

 

求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活…毎夜更新中
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#アラサー  #インナービューティー

#ピラティス  #ヨガ

#ネガティブ  #マインドフルネス

#占い師  #奥多摩の父

#心地よさ  #涙と鼻水