​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「アラサー女子のインナービューティーよ」…7話

 

f:id:gudosha:20200628091547j:image

 

 

何も考えないコツ

 

土曜日の21時を過ぎた代々木駅の

下りのホームはひとけが少なかった。

 

 

さっき先生に教えてもらったばかりの

"何も考えないコツ" を実践するには丁度いい。

私は中学校の頃のいじめのトラウマで、

人がいると気になってしまうのだ。

 

 

 

「本当にネガティブに考えるのをやめたいの

なら、いつでもどこでも出来るいい方法が

あるわ。

 

 

f:id:gudosha:20200628091839j:image

 

 

いい、ピラティスの時は呼吸と身体の感覚に

注意を向けるでしょ。

要はそれを常に行うって事なのよ。

 

(…常に、ですか)

 

そう、起きている時は常によ。

 

 

朝起きてまずはトイレに行くかしら?

その後は洗面…歯を磨いて…鏡を見て化粧水

でもシュッシュして…。

 

 

そういった何気ない一瞬一瞬の動作の中で、

皮膚に感じている身体の感覚、音、匂い、味、

景色に注意を向けるのよ。

 

 

全部にってわけじゃなくて、気が向いた方に

注意すればいいの。

 

 

f:id:gudosha:20200629072622j:image

 

 

考える心のことを "エゴ" って言うわ。

エゴは警戒心とか、好奇心とか、探求心とか、

色んな動機で常にあっちこっちに注意の矢印を

向けてるのよ。

 

 

その矢印は考えることにも同じように

向けられてて、五感に触れた刺激を元にして、

馴染み深い思考パターンを繰り返してるの。

 

 

自転車にしたって歯磨きにしたって、

初めての時は集中して取り組むけど、

慣れてくると特に注意しなくても出来るように

なるでしょ。

 

 

そうなると身体は勝手に動いて、

頭では別の事を考えるようになるの。

それが言葉を利用する人間の特性で、

逆に言えばその習慣のせいで、言葉の束縛から

逃げられなくなるのよ。

 

 

そうやって何かをしつつ考え続ける事が

常識になってしまうの」

 

 

f:id:gudosha:20200629073410j:image

 

考える習慣

 

「その考える習慣についての教えっていうのが

あまり世間に浸透してないから、

昔の私や、今のあなたみたいに、

みんな大なり小なり、善かれ悪しかれ、

いつも何かしら考えてるのよ。

 

 

 

五感のどこかに注意を向けて感じていて、

あれこれ考えが起こってきても放っておいて

その思考は助長しないこと。

 

 

頭の中でお喋りしないなんて始めは私も

信じられなかったけど、コツを掴めば

その無思考でいられる瞬間が心地いいと分かる

はずよ。

 

 

1日1分でも、10秒でも、1秒でもいいから

トライし続けること。

そうすれば少しづつその時間が長くなって

いくわ。

 

 

何も考えないって楽なのよ〜。

私なんて家にいて本当に何もしないことだって

あるんだから。

 

 

そうやって考えもしない、行動もしないで、

ただボーッとしてるとね、その時にやるべき事

やりたい事がピンッ!て閃くのがわかるの。

直感て言うでしょ、あれよあれ。

 

普段ずっと考え続けてたら、その考えてた事の

連想でやる事を決めたりしちゃうから、

閃きとは言えないのよ…」

 

 

 

物凄い勢いでホームにやって来た電車の風が

緩やかになっていくのを感じていると、

何も考えていないことに気がついた。

 

 

ひとけの少なかったホームが嘘のように

電車の中は混んでいた。

吊り革に掴まり、電車の動く音や揺れる身体に

注意を向けていると、それ程周囲の人のことが

気にならなかった…✍️

 

 

…続く

 

 

f:id:gudosha:20200629073200j:image

 

 

#アラサー女子  #インナービューティー

#考える癖  #考える習慣

#電車のホーム  #無心無思考

#マインドフルネス  #ピラティス

#吊り革  #閃き