​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「inori-ya」…1話*アイデンティティは模倣癖

 

f:id:gudosha:20200702100351j:image

 

 

開業当初

 

今年で62歳になった私が「祈り屋」として

活動しだしてから早20年が経った。

 

 

始めた当時は、お祈りと言えば神社で祈祷して

もらうか、教会で行われている、というのが

一般的な認識であったし、実際に職業として

「お祈り」だけを専門にしている法人は

なかった。

 

 

しかし今となっては同業者も多くなり、

ようやく職業欄に「祈り屋」と書いても、

「お坊さんですか?」と言われることは

なくなった。

 

 

全てのWebサイトの中にとは言えないが、

職業欄に 「祈り」という項目も置かれるように

なった。

 

 

f:id:gudosha:20200702100430j:image

 

 

アイデンティティ

 

盲信的な私の性格は、母親の遺伝か、

生まれつきの基本スペックなのか、

或いは二つ上に兄がいるせいで、

幼い頃から見知らぬ内に兄の真似をしてきた

からなのだろうか…。

 

 

きっと全てが合わさっていたのかもしれない。

 

 

子供の頃から私はとにかく人真似ばかりして

きた。

小学生の頃は兄の洋服を勝手に着たり、

兄の録画した深夜のお笑い番組のビデオを

こっそり見たりして育った。

 

 

友達の輪の中でも、誰かについていくばかりで

自分から新たな遊びを見つけるような

タイプではなかった。

 

 

f:id:gudosha:20200702100839j:image

 

 

しかしまあ考えてみれば子供なんてのは

模倣の連続で成長していくのだから、

特別変わったことでもないのかもしれないが、

それにしても、私の模倣癖は際立っていた

ように思える。

 

 

友達や先生、芸能人なんかの喋り方や笑い方、

仕草や牛乳の飲み方まで、気に入ったらすぐに

真似をするようなそんな子供であった。

 

 

もはやそうする事が自分のアイデンティティ

なのかとすら思っていたが、

28歳の頃から本格的に始めた瞑想のおかげか、

それとも自分の中に経験値が十分蓄積された

からなのかは分からないが、とにかく人真似を

する様なことはなくなった。

 

 

f:id:gudosha:20200702101421j:image

 

順調な経営

 

東京で建築業の会社を数名で営んでいた

40歳の頃、仕事は年を追うごとに右肩上がりに

成長していた。

 

当時の私は10名ほどの従業員を抱えていて、

その規模の中小企業の社長が大体そうである

ように、私も先頭を切って獅子奮迅の

働きっぷりをしていた。

 

 

昼夜問わずあくせく働いていたが、

しかし本心では、

「別に私でなくても良いのではないか…」

という気持ちがあった。

それはつまり、私の会社がやらなくても、

結果が同じなら、誰がやってもいいのでは

ないか。

というものであった。

 

 

その頃の夢はお金を貯めて、早々に引退して

"お寺に出家する" というものであった。

 

 

しかし、お金を自由に使える事に喜びを感じて

いたのも事実で、ゴルフに夜遊びにと、

中小企業の社長らしい遊びに興じるように

なっていた。

 

 

そして本当にやりたい事と、やるべき事の

狭間で悶々としていたそんな41歳の厄年に

悲劇は起きた。

 

ここ数年無理が過労がたたって

私は倒れてしまったのだ…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200702101531j:image

 

 

求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活…毎夜更新中
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#祈り  #prayer

#過労  #厄年

#獅子奮迅  #中小企業

#出家  #アイデンティティ

#建築業  #右肩上がり