​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「inori-ya」…5話*スピンドリフトリサーチの祈り

 

f:id:gudosha:20200703164050j:image

 

 

「スピンドリフトリサーチ」の研究

 

「祈り」の科学的研究に関しては、

米国の「スピンドリフトリサーチ」という

科学的な機関が些細な研究を行なっている。

 

 

彼らは植物に対して "祈る" ことで、

どのような変化が起こるのかを実験した。

 

 

f:id:gudosha:20200703164915j:image

 

 

祈りの量的効果

 

まずは大豆の種を4つのグループに分け、

  1. 祈らない。
  2. 4と一緒に祈る。
  3. 4と一緒に祈る。
  4. 2.3と一緒に祈る 。

として比較しながら成長の様子を観察した。

 

つまり、2と3は祈りの量・回数は同じで、

4は2倍祈られた事になる。

 

2と3が同じ条件である意図はよく分からない。

 

 

そして結果は、成長率として測定した。

 

  1. 祈らない=11.5%
  2. 4と一緒に祈る=13.5%
  3. 4と一緒に祈る=14.1%
  4. 2.3と一緒に祈る =16.6%

 

結果はこの通りである。

そしてこの実験はライ麦でも行われ、

様々な人・環境を変えて何度も何度も行われた

のである。

 

 

この事から祈りが植物に与える影響が確認され

"その効果は祈る量が多いほど強くなる"

というものであった。

 

 

f:id:gudosha:20200703164505j:image

 

ストレス下での祈りの影響

 

次に彼らは、

「主に祈り場合、健康的な人や

幸福な人よりも、困難な状況下にある人の方が

祈る機会が多いのではないか」

という点に着目し、今度は緑豆に塩水を与えて

ストレスをかけてみた。

 

 

  1. 祈らないグループ、8400株
  2. 祈るグループ、6000株

 

(株数の違いは、真ん中に適当に糸を置いて

区切ったようである)

 

に分け、9日間24時間塩水に浸しておいた。

すると祈らないグループに対して祈るグループ

は85.2%も成長率が高まったというのである。

 

 

この実験は大豆でも行われた。

するとやはり結果は同じで、

塩を入れて祈られなかったグループは

成長が弱まったのに対して、

塩を入れられたグループは「祈りの量的効果」

での実験時よりも高い成長率を

記録したのである。

 

 

そして驚くべきことに、塩分濃度を高くすれば

するほど成長率は高まった。

 

つまりストレスのある状況下での方が

祈りは効果的ということになったのだ。

 

 

これはつまり、

「若い頃の苦労は買ってでもしろ」

とも言えるかもしれない。

 

 

そして医療の現場においては、プラシーボ効果

というものがあり、

これは患者に対して薬と言って実はなんの

薬理効果もない "砂糖錠" を服用させるのだが、

この際も、"少ない痛みの状況より" も

"激しい痛み" の時の方が効果が高いのだと

いう。

 

 

f:id:gudosha:20200703174723j:image

 

祈る力

 

次に彼らは、祈る対象を明確に絞った場合と、

絞らない場合では違いがあるのかを検証したが

結果は歴然であった。

 

 

つまり、誰かに対して祈るならば、

その人の事を特定して祈らなければ

効果は出ないという事だ。

 

 

そして祈る人がヒーラーであったり、

祈りの実践が長い人であった場合も、

祈りによる成長率の効果は高まったのだと

いう。

 

 

f:id:gudosha:20200703174502j:image

 

お祈りの仕方

 

次に彼らは、どのように祈る事がより効果的か

或いは祈り方によって違いがあるのかを実験

した。

 

 

その実験は細菌学者がよく研究に用いる方法で

行われた。

お米入りの寒天の表面に育つカビの菌に対して

成長を阻害するためアルコールを噴射した。

 

 

2つのグループに分けられたカビ菌は両方とも

祈られたが、指示的に祈られたグループは

成長しなかったのに対し、無指示的に祈られた

グループは成長を始め、しかも木に見られる

年輪のような同心円状の輪を形成したので

ある。

 

 

つまり癌を患っている人に対して、

「あの人の癌が完治しますように」

と祈るよりも、

「あの人の人生が最良のものとなります

ように」

と祈った方がより効果的であると言う事に

なる。

 

 

これはつまり、指示的な祈りは祈る人の願望で

あって、本当に最良の結果は必ずしもそうでは

ないということではなかろうか。

 

 

この事からも私どもの会社では、

決して指示的なお祈りはしない事にしている

のである。

 

 

つまり、「受験に合格しますように」とか、

「病気が治りますように」とは祈らないので

ある。

 

 

始めたばかりの頃はそれを理解してもらえず、

「受験に受からなかったじゃないか、

詐欺まがいの会社だ」

と言われた事が何度もあったのである…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200703174316j:image

 

 

求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活…毎夜更新中
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#スピンドリフトリサーチ  #祈り

#最良の結果  #カビ菌

#細菌学者  #祈りの量的効果

#詐欺まがいの会社  #同心円状

#プラシーボ効果  #ヒーラー