​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「inori-ya」…6話*出家願望と祈りの日々

 

f:id:gudosha:20200708164202j:image

 

 

青森での穏やかな生活

 

青森県の別荘地へと引っ越してきたのも、

妻の出身地であったからだ。

 

 

青森へ来て半年程は仕事もせず

ゆっくりと過ごしていた。

 

 

起きたい時間に起きて、日がな一日散歩を

したり、スピリチュアルな本を読んだりして、

仕事のストレスに追われることがなくなると、

あんなに好きだった肉食やお菓子にも

興味がなくなり、自然と有機野菜中心の

食生活になっていった。

 

 

拝み屋さんに教えてもらった感謝の祈りは、

食事をするくらい日常的なものとなり、

毎朝毎晩神棚の前で、心を込めてゆっくりと

声に出してお祈りするようになった。

 

 

のんびりした日常にあっても、

その当時の私の関心事はやはり出家に対する

もので、出家と言って宗教にと言うよりは

座禅や瞑想に興味があった。

 

 

出家願望があるとは言え、数年も行くつもりは

なく、半年程度の住み込みで座禅でも瞑想でも

いいから、とにかく座る事に打ち込めれば

それでいいと思っていたのだ。

 

 

なぜそうしたかったのかは分からないが、

スピリチュアルに対する憧憬は昔からあって、

建築業に従事してはいたが、

いつかそう言った仕事に就きたいと本音では

思っていた。

 

 

f:id:gudosha:20200708164038j:image

 

 

ヴィパッサナー瞑想センター

 

色々と調べてみたところ、

ヴィパッサナー瞑想センターという仏教系の

組織に行き当たった。

 

 

当時のヴィパッサナー瞑想センターは日本には

京都にのみセンターが置かれ、

そこでの10日間コースは一日約11時間も瞑想を

するという、当時の私にとってはこの上ない

場所であった。

 

 

その期間中は無言、人と目も合わさず、

携帯電話、読書、メモ、PC、思考に至るまでの

一切を禁止され、しかも料金はお布施、

非営利団体という極めてポジティブな組織で

ある。

 

 

今では千葉にもセンターが作られ、

京都、千葉共に10日間コースが毎月2回

行われているが、常に満員御礼状態である。

 

 

コースの運営も全てボランティアで

なされている為、半年間の住み込みも

可能であった。

 

 

f:id:gudosha:20200708164358j:image

 

 

しかし、住み込み期間中に生徒としてコースに

参加出来るのは3回に1回で、

2回は生徒さんのサポートに回る従事者で

あるが、それでも時間を見つけて一日6時間は

瞑想することが出来た。

 

 

28歳から本格的に始めた瞑想とは言え、

ヴィパッサナー瞑想センターで

指導を受けるまでは見様見真似で行っていた。

 

 

引っ越してからは時間だけはたっぷりと

あったから、毎朝晩30分づつ呼吸法の瞑想を

行なっていた。

 

 

当時の私は41歳。

瞑想歴こそ13年目であるが、

まだまだ熟練者と言えるほどの集中力もなく、

ただただ止まることのない思考に翻弄されて

ばかりいた。

 

 

それでも瞑想する事に対する追求心が

衰える事なく、色々な本やインターネットから

心を落ち着かせる方法を学んでは、

毎朝晩になると意気揚々と座っていたので

ある。

 

 

しかし、いつかはきちんとした体系で学びたい

と思っていたので、

青森で半年程生活した後、ヴィパッサナー瞑想

センターに半年間滞在する事にした。

 

 

f:id:gudosha:20200708163907j:image

 

 

愛の教え

 

瞑想センターでの半年間は素晴らしいもので

あった。

何より、教義こそないが "愛の教え" である

組織の雰囲気がとてもよく保たれていた。

 

 

ボランティアの中にはルールに厳しい人や、

あまりやる気のない人もいたが、

 

「とにかく自分の思考習慣と、

基本的には五感の感覚に意識を向け、

常に笑顔と優しさを持って人と物事に

当たりなさい」

 

という教えは簡単ではなかったが、

とても気が楽なものであった。

 

 

その指針さえあれば誰のことも恨む必要がなく

文句を言う必要もなかったからである。

誰の何事も詮索しなくていいのかと思うと

気楽だったのだ。

 

 

ヴィパッサナー瞑想センターでは、

特に生徒として参加している時は、

お祈りなどの宗教的儀式は禁止されるのだが、

感謝のお祈りだけはなぜか頑なに

欠かさず行っていた。

 

 

「祈り屋」の構想が初めて閃いたのも、

そこで瞑想をしている最中であった…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200708164556j:image

 

 

求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活…毎夜更新中
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#祈り屋  #ヴィパッサナー瞑想センター

#ボランティア  #宗教的儀式

#スピリチュアル  #愛の教え

#厳しいルール  #有機野菜

#詮索  #常に笑顔

#五感に意識を向ける  #閃き