​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

「inori-ya」…8話*スピリチュアルな夢

 

f:id:gudosha:20200710085956j:image

 

 

毒が抜ける

 

ヴィパッサナー瞑想に来て半年が経った頃、

当初の予定通り施設を後にした。

 

 

帰る直前には生徒としてコースに参加した

ので、とても充実した気持ちで集中して

瞑想に取り組めた。

 

 

あの半年間は誰とも連絡を取らず、

雑誌もTVも新聞も見ずにいたが、

心は晴れ晴れとして充実感を感じていた。

 

 

会社を経営していた頃は常に

会社としての目標を達成しなければならない、

と言う焦燥感に駆られていた。

 

"お客様に喜ばれる良い仕事をしよう" 

というポジティブな気持ちよりは、

失敗したくない、怒られたくない、

もっと良い仕事が欲しい、と言った

ネガティブな動機から働いていた。

 

 

それが良いのか悪いのかはよく分からないが、

少なくとも良かれと思って物事を選択していた

のに、体調を崩すことになってしまった

からには、かなりのストレスを感じたいたの

だろう。

 

 

青森に帰ってくると妻は

"私の毒がすっかり抜けた" 

と言って喜んでいた。

 

車の運転が穏やかになり、歩く速度も遅くなり

表情が緩くなったのだと言う。

 

 

f:id:gudosha:20200710090214j:image

 

 

スピリチュアルな夢

 

それから数年間は貯金で生活出来る算段で

あったが、何もしないわけにはいかない。

田舎暮らしと言ってまったりして、

一日中ボーッと過ごしたい訳ではない。

 

 

焦燥感にかられて仕事に行くような真似は

二度としたくないと思ったから、

今のうちに何か手を打たなければならない、

とそう思った。

 

 

出家願望と共にもう一つの夢であった

スピリチュアルなことを仕事に出来ない

ものかと考えると、すぐに「祈り屋」の事を

すぐに思い出した。

 

 

早速電話帳で調べてみると

全然分からなかったので、役場や税理士さんに

電話して聞いてみたが、

お祈りを専門にしている法人はない、

と言われた。

 

 

お祈りと言えば神社やお寺、キリスト教などと

言った宗教団体の専売特許な気がするが、

私がやりたかったのは、個人や団体の事を

名指して毎日お祈りするというサービスを

提供したかったのだ。

 

 

お金を貰ってお祈りをする、というのは

神社の祈祷に近いイメージがあるが、

私が考えたのは、月額1000円で毎朝祈る

と言うものであった。

 

 

f:id:gudosha:20200710091057j:image

 

 

スピリチュアルには殆ど関心はないが、

全く信じないと言う訳でもない妻にその事を

相談すると、否定的な意見が返ってきた。

 

 

妻に言わせると、

  • お祈りの効果が分からない。
  • 効果があるとしても実際に効いてるのかが分からない。
  • 無料ならして欲しいけど、お金を払ってまで祈って欲しい人がいるのか。
  • 本当にやっているか分からない。
  • 実際に祈ってくれる人がどう言う人か分からない。
  • 誰にでも出来るから、お金を払ってまで頼む事だろうか。
  • 信じるような人はきっと自分でする。
  • 1000円は高い。

 

 

とまあ見事に反対の意見しか出てこなかったが、

それらの問題を全てクリアしなければ、

ただの胡散臭い会社になってしまいそう

なので、ひとまず妻を納得させるべく

それから真剣に考え出した…🙏

 

 

f:id:gudosha:20200710090912j:image

 

 

求道作家のこだわりオーガニックど田舎生活…毎夜更新中
https://sensan.gudosha.space/

 

 

#スピリチュアル  #祈り屋

#胡散臭い会社  #毒が抜ける

#専売特許  #祈祷

#否定的な意見  #宗教団体

#ネガティブな動機  #ヴィパッサナー瞑想

#ポジティブな動機 #祈りの効果