​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

EP2. 夢見る瞑想(ビジュアライゼーション)解説編全文

youtu.be

 

ご覧いただき有難うございます。

今回は4月1日よりyoutube配信を開始した「瞑想のカタチch.解説編」で話している内容の台本を全文掲載します。

 

「瞑想のカタチch」では、古今東西の様々な瞑想法・呼吸法を私が1週間かけて実践し、体験レポートを紹介しております。

 

1つの瞑想法を私が誘導しながら一緒に行う『実践編』と、瞑想の内容や概要、参考資料などを紹介する『解説編』に分けてお送りしておりますので、様々な瞑想法や呼吸法などに興味のある方は参考になさってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

youtu.be

・夢見る瞑想(ビジュアライゼーション)実践編

 

 

 

f:id:gudosha:20210417205458j:plain

・夢見る瞑想(ビジュアライゼーション)解説編全文

 

はい、どうもこんにちは「瞑想のカタチch.解説編」でございます。今回紹介します瞑想法はヴィジュアライゼーション(夢見る瞑想)でございます。

 

今回実践編の方では5分間、約10分の動画になっていましたが、もう既に実践されたという方はいかがでしたでしょうか。

 

こちらの解説編では、ビジュアライゼーションの効果や科学的な根拠、詳しいやり方などを説明して参ります。

 

 

f:id:gudosha:20210417205535j:plain

・5つのメリット

この動画を見る事によって、得られるメリットは5つあります。

 

1.理想を実現する確信が持てる。

科学的根拠などの知的な理解により絶対に上手くいくと言う確信が持てます。

 

2.モチベーションが上がる。

科学的な根拠や、やり方がそんなに難しくないと知る事で、ビジュアライゼーション瞑想を行うモチベーションが上がります。義務感ではなくて楽しく行う事が出来ます。

 

3.毎日が楽しくなる。

コツさえ掴んで気をつけてさえいれば必ず実現しますので、望みが叶って人生全体、毎日がより豊かに楽しくなります。

 

4.心身共に健康になれる。

楽しい気分でいる時間が長くなり、それによって心身共に健康になれます。(精神と言うのは胸の辺りや脳の中にだけあるのではなく、全身の細胞一つ一つにあると言われています [バシャール、神との対話より]。つまり気分が良ければ細胞はポジティブな環境で本来の力を・・最高のパフォーマンスが発揮出来ると言うわけです)

 

 5.分かち合える。

あなたが実践して成功する事によって必ず人にも教えたくなると思います。その時にはこの知恵を他の方にも説明して分かち合うことが出来ます。そうして知恵を分かち合う事によってあなたはより豊かになる事が出来ます。

 

 

以上がこの動画を見る事のメリットでございます。時間は50分程度と長めになっておりますが、お伝えしたい事が多過ぎてこれでも割愛しているくらいですので、楽しんで頂けたらと思います。

 

タイムスタンプを概要欄に設けてありますので、内容別にご覧になりたい方はご活用ください。

 

f:id:gudosha:20210417205944j:plain

 

 

・5つの項目

はい、と言う事で今回はこちら5つの項目について話して参りたいと思います。

 

f:id:gudosha:20210417210014j:plain

  • 1. 理想の実現の為になぜイメージが必要なのか
  • 2.様々な実験の結果
  • 3. 実際にヴィジュアライゼーションを行ってる成功者のエピソード
  • 4. 詳しい瞑想のやり方
  • 5. 参考資料などについて(バシャール、シークレット)

 

でございます。それでは宜しくお願いします。

 

 

f:id:gudosha:20210417210100j:plain

  • レーダーチャートの説明

 

こちらは今回の夢見る瞑想法(ヴィジュアライゼーション)の難易度を示すレーダーチートになっております。

 

数字は10段階中の数値になっています。

 

★1、まず「集中力」は3です。

始めに呼吸法を行いますので瞑想に入りやすいとは思いますが、瞑想に慣れるまでは5分でも長く感じたりして飽きてきたりしましたので、そうなると余計なことを考えがちになってしまいます。

 

しかし、瞑想中に考える対象があるという事、しかもそのイメージが自分の好きな事、ということですので、比較的容易に実践出来ましたので、集中力は3となっております。

 

 

2、次に「楽しさ」は9となっています。

 

これは言わずもがなかと思います。理想の姿を好きなように考えますので、やはり明るい未来を思い描くことが多いのではないでしょうか。

 

私は楽しい未来ばかりを考えていましたのでとても面白く感じました。義務感で「瞑想やろう・・・」といった印象は全く無く、楽しく行えました。

ですので楽しさは9となっております。

 

 

★3、次に「忍耐力」です、こちらは2となっております。

 

これはかなり低い数値となっています。ビジュアライゼーションは様々な瞑想法の中でも忍耐とは程遠いタイプの瞑想法かもしれません。

 

それでもじっとしているのが億劫な方もいるでしょうし、イメージに慣れないうちは余計なことを考えてうまく出来ないことがストレスに感じる事もあるかもしれません。という事で忍耐力は2となっております。

 

 

★4、次は「経験値」です、こちらは2となっております。

 

始めに呼吸法で落ち着きますし、姿勢もリラックスしています。考える対象も一つではなく幾つあってもいいと言う事、しかも好きなイメージという事ですので初心者の方にはとても行いやすい、始めやすい瞑想法かと思います。

 

瞑想経験者の方なら尚のこと行いやすいと思いますので、経験値は2となっております。

 

 

★5、最後は「姿勢」です、こちらは1となっています。

 

瞑想と言うと「始めに決めた姿勢のままなるべく動かない」と言うものが多いのですが、ビジュアライゼーションではイメージする事が主な目的となっておりますので、別に横になっても構いません。ただし横になる際は眠らない様に気をつけましょう。

 

私は布団の中で朝方なんかに目が覚めた時や、寝る前なんかにイメージしてみたりしたのですが、そんな時はもう一瞬で睡魔が勝つので、まともにイメージ出来たことはありませんでした。

 

という事で姿勢は最も気楽に行えますので1となっております。

  

という事で総合的にみていきますと総合難易度は2となっております。

 

難易度が2という事ですのでかなりゆるいタイプの瞑想法となっております。ですので気楽に試してみてはいかがでしょうか。

 

 

f:id:gudosha:20210417210305j:plain

  • 1. 理想の実現の為になぜイメージが必要なのか

「理想の実現の為になぜイメージする事が必要なのか…或いはなぜイメージした方が願望実現しやすいのか…」という点についてです。

 

まず脳科学の分野で検証されているのは、ビジュアライゼーションをすると、「脳内にある網様態賦活系という部分に影響が現れる」という事です。

 

ここは五感で得た様々な情報の中から無意識に、自動で必要な情報を取捨選択するフィルターのような働きをする部分なんですね。

 

例えば街を歩いていて「お腹が空いたなあ・・」と思ったら飲食店ばかりが目につくような事ですね。

 

そのように情報を意識にあげる自然な選択に変化が起こるというものなんです。これは俗にカラーバス効果とも言われている現象です。

 

そしてこの網様態賦活系の働きをプログラムしてるのは何かと言うと、それは自分の普段の考え方だと言います。その考え方の元になっているものは生まれ育った環境や今の周囲の環境、遺伝的な習慣や性格といった個性。それらからなる一連の思考習慣によって培われた価値観だと言うことです。

 

つまり生まれも育ちも良くて、才色兼備で、ポジティブな女性がいたとして、その方が普段から「私って一流だわ…とてもいいわ…」と思っていたとしたら、自分が更にそう思えるような情報ばかりを無意識のうちに選んでしまう、と言う事なんです。

 

これは普段からポジティブな捉え方、思考を心掛けてる性格の方だったらいいですけど、ネガティヴだったら現実がつらくなってしまいそうですね。

 

 

今回のこの網様態賦活系の働きや効果についての情報は、私が普段からよく見てます「ユニグラ」という自己啓発系のYouTube chがありまして、その中からメルロビンズという白人の科学的な自己啓発系の女性の方の動画を参考にしておりますので、気になる方は参考にして見て下さい。

 

ユニグラ https://youtu.be/ZwqKKam9e_k

 

メルロビンズ https://youtu.be/fYVjywfg-J0

 

そしてこのビジュアライゼーションの素晴らしい所、とっつきやすい所はですね、「夢のゴールさえ明確に思い描いていれば、成功する為の手段は考えなくてもいい」という事なんです。

 

つまり成功する為の手段・方法は網様態賦活系が勝手に選んでくれるというわけです。これは本当に都合が良いですね。

 

そして普段、私達の五感で得られる情報と言うのは、視覚からの情報量が約87%を占めているとも言われています。ですのでイメージの中でもリアルに映像が見えるようになってくれば、より一層効果的という事でしょう。

 

寝ている最中に見ている夢は本当にリアルというか、むしろ夢だと気付かないくらいのイメージ力なんで、実際にそれくらいのイメージは出来るということですよね。

 

私はここで一つ気になったのが、「寝ている間にも夢という映像を見ているじゃないか…それは現実化しないのか」とこう思いました。

 

夢をコントロールして現実化するといったテクニックもあると思いますが、今回のビジュアライゼーションで重要なのは「この起きている状態での私が何を求めているのか」、という所なのだと思いました。

 

 

f:id:gudosha:20210417210454j:plain

 

2.様々な実験の結果

 

それでは次に実際に行われた実験の結果、成果についてお話しします。

 

アメリカのシカゴ大学でバスケットボールのフリースローを実験対象にイメージトレーニングの成果の実験を行ったデータがあります。これはイメトレ界では有名な実験の話でググればすぐに出て来ますね。

 

この実験では学生をA・B・Cと3つのグループに分け、それぞれにフリースローを同じ数だけしてもらい、1週間後に再度してトライもらうというものでした。その1週間の間に、

Aチームは=1日20分間の実践練習

Bチーム=練習しない

Cチーム=1日20分間のイメトレ

をしてもらい、成功率の変動を見るというものでした。

 

結果は、

Aチーム=25%の向上

Bチーム=0%

Cチーム=23%の向上

 

となりました。イメトレのCチームと実践練習のAチームでは成功率がわずか2%しか違わなかったというのは面白いですね。

 

それとは別の機関が行ったハーバード大学のピアノの実験では、「一週間鍵盤に触れずにイメトレしただけで50%の成長効果を得られた」という結果があったそうです。50%の成長効果というのは、脳細胞の形態の変化率が50%であった」というものでした。

 

つまりイメトレだけで実際に脳の構造を変えられたという事です。

 

多分実際に鍵盤に触れて練習しても、全く集中していなかったら脳細胞は10%も変化しないって事ではないでしょうか。

 

 

f:id:gudosha:20210417210705j:plain

  • 3. 実際にヴィジュアライゼーションを行ってる成功者のエピソード  

次に実際にヴィジュアライゼーションを実践して成功している人々の紹介例です。

 

まずは羽生結弦さんです。

2014、2018年の冬季オリンピックを金メダル連覇した羽生さんは、2014年ではアジア人初、2018年の怪我を推しての連覇は男子史上4人目、66年ぶりという快挙でした。

 

この羽生さんが2018年のオリンピックに行く道中の飛行機の中で優勝したイメージをして(静かに目立たない様に)実際に泣きながら喜んでいたといいます。優勝後のインタビューで 「飛行機の中で喜び過ぎてそっちの方が感動してました」と語ったそうです。

 

羽生さんは競技中にも、大技の直前には飛べたイメージが瞬間的に見える事もあるそうなので凄い集中力ですね。

 

 次にソフトバンク現会長の孫さんは、かつてまだ会社が小さかった頃には段ボール箱を高級車に見立てて車内を走ってみたり、何かのプロジェクトが始まる前には「大成功した!」と言って部屋中転げ回って大喜びしていた、というエピソードがあります。

 

これはググった情報なので多少の誇張はあるかとも思うのですが…はい。

 

孫さんはまた、ソフトバンク社の新卒採用のイベント「ソフトバンク新卒LIVE」で話された内容の一部に「30年後の未来をまず思い描く所から始めよう」と語っていたようです。こちらは「働く君たちへ」という題名で2012年に書籍化されてます。

 

ネット検索すると中古で150円くらいで売ってましたので、リンクを貼っておきます。

 

孫さんが大喜びしていたように日本には昔から予祝という習慣がありました。桜の花見や盆踊りがこの予祝にあたるそうで、元々は稲の豊作を祝ったものだったと言います。

 

花見は満開の桜をたわわに実った稲穂に見立てて、稲から出来た日本酒を呑んで前祝いする意味があったそうです。

 

 

ビジュアライゼーションを実践して成功した著名人

 

・コナー・マクレガー(UFC初の2階級同時王者)

・長澤まさみ(ダイエット)

・ジョン・ジョーンズ(UFCライト級王者、無敗)

・アーノルドシュワルツネッガー

(ボディビルチャンピオンになる為に部屋に憧れの人物の写真を貼りまくって、バーベルだけでなくモチベーションも上げていた)

 

 

 

f:id:gudosha:20210417210849j:plain

4.瞑想の詳しいやり方

 

それでは次に詳しいやり方についてです。

 

・始めに理想を掲げる。

(1億円貯金、年収1億円、出産子供3人、田舎で幸老後を過ごす、ダイエットしてスリムな体型…)など色々あるかと思いますが、「幸せになりたい」とか「お金持ちになりたい」と言った漠然としたものよりも、「子供が〇〇大学に入学しました」、「貯金5年後に1億円貯まりました」などという風に具体的な方がいいようです。

 

確かに「車が欲しい!」て言ったって、スポーツカーからトラックまであるわけですから、より具体的に「赤い・・6人乗りの・・電気自動車で・・オフロードも行けて・・300万円までのものがいいわ」と思った方が脳としてもリアルにその目的に向かって行動出来るというものですね。

 

大層な夢でなくてもいい。

必ずしも成功や勝利、幸せな生活などといったポジティブな状況ばかりでなく、理想的でない状況が改善されている姿でもいいようです。

(摘み食いをしなくなった、寝坊しなくなった、片付けするようになって部屋がいつも綺麗になった)などですね。そう言ったことでも構いません。

 

また、理想像は幾つあってもいいと言いますから、どんどん夢を思い描きましょう。

 

実際にやってみると私は始めは5分でも長く感じました。1分もかからないくらいで終わっちゃって、また同じイメージを繰り返したりしてましたね。ですので私は成功している状況をより詳細に五感を使って感じたりしていくようにしました。

  

最近ではまず友人に対して私から「最近どうなの?」と聞き、それに対して友人は満面の笑みで「いやぁ、仕事も順調で家庭生活もうまくいってるし、何やっても思い通りなんだよね〜、本当に幸せだよ…」と言う幸せ話を聞く所から始めています。

 

その後に「君はどうなの?」と問い返され、私も私で「いやぁ、絶好調ですわ…」と叶った夢を言って、「凄いじゃん!」と友人が大袈裟に喜ぶという・・そして最後にはいつも満面の笑みでお互いハグをして「わっしょいわっしょい」ていって別れるのです。

 

それを始めは10人位の友人知人、家族などを相手にして日々変わるがわる、朝晩15分〜30分づつくらいかけて行っていましたが、最近では一人の人との語りが長くなってきました。それにしても終始にこやかにトークできるのでなんだかそれだけで楽しくなってきます。

 

ウチは妻も作家で毎朝9時から2人で打ち合わせをするのですが、そこでもお互いの夢を確認しあってます。半年後、一年後、3年後、5年後、にどうなっているのか、またどうしてそうなりたいのかを話し合いながらノートに書いているんですが、それがとても面白くて30分くらいかかります。そして最後には大袈裟に2人で喜んでます。

 

 

f:id:gudosha:20210417211106j:plain

実際の瞑想のやり方

 

・煩くない集中しやすい環境で目を閉じてリラックスします。

 私は耳栓をしたり、アロマを焚いたりします。

 

・全身の力を抜いて緊張をほぐし深呼吸します。

 

・呼吸に集中して深い深呼吸を3回行いましょう。

 

・理想の姿をイメージします。

 

 

この流れで行っていきます。呼吸から合わせると7分前後で終わるかと思います。

 

★Point 1 ★

 

自分がなりたい姿をイメージしたら、(貯金が1億円…事業での成功…子供の出産…自家用ジェットでの旅行…etc)実際にそのイメージの中で目の前の物に触れて、匂って、味わって、触れて、音を聞くようにしましょう。五感で感じることによって脳がより一層錯覚をおこします。

 

 

★Point 2 ★

 

イメージが出来たら感情を体験しましょう。つまり果たされたその状況の中で実際に喜ぶのです。なるべく大袈裟に喜びましょう。

 

「イメージと感情、これが重要です」

 

 「喜ぶのに慣れてなくて難しい・・」という方はとりあえず笑顔を作りましょう。笑顔を作れば脳は嬉しいのだと錯覚すると言います。とりあえずニコニコしながらイメージしてみましょう。そして可能ならば声に出して喜びましょう。

 

この2つのpointを踏まえて、今回の実践編の方では瞑想を5分程行って終わりです。説明と準備などを含めると10分程度の動画になっております。

 

 5分といっても慣れてくると本当に楽しくなってきますので、10分位は簡単に出来てしまいます。「YouTube見てるよりもこっちの方が楽しいなぁ…」みたいになったりしました。

 

 

★イメージのコツ★

 

ゴールだけを思い描きましょう。これは完成図を見ているようなもので、どうすればそうなれるのかはその時は考えません。これは冒頭にも話したように、「手段や方法は毛様体賦活系の働きに任せる、選択してもらう」ということです。

 

友達や仲間といった他人を登場させて、実際にイメージの中で会話するとリアリティが増しますし、時間もあっという間に過ぎてしまいます。

 

 

☆継続するコツ☆

 

私もこれまでビジュアライゼーションを何度かやってみてはやめてを繰り返してきましたが、今回のチャレンジではとても面白く感じました。 私は今回継続する為に起床後の瞑想と午後の瞑想の終わりにビジュアライゼーションを行いました。

 

いつも行っている60分の瞑想の最後は感謝の祈りで締め括るのですか、その後に自分の理想像を15分〜30分程イメージしました。

 

仲間と喜びを分かち合い、爆笑して万歳三唱しているとニコニコになりますので、その時点で「すでに幸福に慣れているんだなぁ・・あってことは夢は叶っているんだなぁ・・」と思いました。

  

必ずしも瞑想中ではなく、ちょっとした家事の合間ですとか、通勤電車や病院の待ち時間に目を閉じてイメージしてみるのもいいのではないでしょうか。

 

最近ではマスクが流行ってますからね、ニコニコしていても表情が見られないので都合がいいですね。

 

 

☆楽しむ事

 

・イメージする事に慣れないうちは集中するのが難しいと感じるかもしれません。初めのうちはイメージの中で視覚化出来なかったりもします。そのような場合はやはり早々に笑顔を作って喜んじゃえば楽しくなりますので是非笑顔も試してみて下さい。

 

ダイエットをしたい方ならば痩せている人の姿を、一億円の貯金ならば実際の一億円を、というふうに映像で見ておくとよりイメージがしやすいでしょう。イメージ中も実際に身体を動かして声に出すとよりリアリティが増します。

 

 

☆願いが叶わない…。

 

例えば競争相手のいる事や、他人に迷惑のかかる事、恋愛関係、法律に触れるようなことなど、他人を巻き込む場合には容易に願いは叶わないかもしれません。ビジュアライゼーションは他人をコントロールするテクニックではありせんから、そういう期待はしない方がいいでしょう。

 

願望が中々叶わなくてもビジュアライゼーションを継続していく事で、イメージする力が養われていく事、網様体賦活系に新たなプログラムをする事でこれまでとは違う選択が出来るという事は重要だと思います。

 

ビジュアライゼーションを楽しく継続して行っていくうちに自分の選択しているものの変化に気付けるかもしれません。色々な夢を視覚化しやすいように楽しみながら継続して行ってみましょう。

 

 

f:id:gudosha:20210417211441j:plain

参考文献の紹介

 

「ザ•シークレット」

 

「ザ•シークレット」は2007年頃に一大ムーブメントとなった引き寄せの法則で話題になった自己啓発本です。この時は江原啓之さんが大人気を博していました。

 

 「ザ•シークレット」のメソッドもビジュアライゼーションに通づる所がありますので簡単に説明しておきます。

 

1.願望を紙に書き出す

(ビジュアライゼーション)

 

2.当然叶うものだと思い込む。

(レストランに入ってオーダーしたものが必ずくるくらいの当然さ)

これは "疑わない" という事です。

 

つまり"どうすればそうなれるのか"、"実現の為に何が必要なのか"、"今の人間関係や仕事を変える必要があるか"などとプロセスを考えない事です。

 

プロセスを考えてしまうと "本当にそうなれるのか"と不安になったり、"変えるのは面倒かもしれない"、"家族や周囲の反対されるかも" と打算的に考えてしまうそうです。

 

特に現状に困っていない時の人間の脳はとても怠惰で、"現状維持" を心地良く感じてしまうそうです。なので贅沢な次のステップに進みづらいのだそうです。

 

3.自分には受け取るだけの価値があると信じる。

(レストランで注文した物に支払うお金を持っているという事実)

 

☆point☆

 

・既に受け取った事として毎日感謝する。

(ノートに書いたり口にして、与えられる物事に先に感謝しておく)

 「10キロのダイエットに成功しました、ありがとうございます」など。

 

しかし、更に踏み込んで重要なのは、既に与えられている現状にもちゃんと感謝する事だと私は思います。与えられた自分の命や今日食べた物、周囲にある一つ一つの物事などなど…。

 

今後欲しいものにばかり感謝して、既に手にしている目の前の物事、つまり"釣った魚に餌はやらない" のでは心のバランスが悪くなって尊大になってしまうのではないでしょうか。

 

「神との対話」というスピリチュアル好きには堪らない本があるのですが、そちらでも「全ての現実は自分の思考が顕在化しているにすぎない」、と言ってますから、どん状況であれ「とりあえず感謝しなさい」と、「そうすればその思いが次の現実をつくるよ」といっています。

 

 

f:id:gudosha:20210417211742j:plain
 

 バシャール流

1:ビジュアライゼーション

2:感情又は願望

3:行動もしくは物理次元での行動

 

バシャールによると「この3つが一つになって理想の現実を演じれる」のだと言います。「演じれる・・」というのが面白いです。

 

「成功している姿を視覚化している時にはその波動になっている」のだと言います。

 

イメトレしている時に夢中になってイメトレしている事を忘れて、それが現実であるかのように行っていると、アドレナリンが出て実体験が100%だとすると、60〜70%の体験情報を得られるのだそうです。

 

そして、「自分が一番ワクワクする事を自然にやってくる一番明白なタイミングに行動に移せば努力は必要ないのだ」と言っています。

 

そして「自分が真に望んでいる事であればなんの努力も無しに行う事ができる」バシャールによると「全ての現実は観念によって作られている」そうです。

 

「好ましくない現実にいる時は、無意識のうちに過去に行った思考習慣の観念が具現化したものである。現状が好ましくなくても決して過去の無意識の選択の結果を後悔したり恨まない事。何故なら全ては中庸であるから、その現実にネガティブな意味をつけるとそれがまた現実化してしまう。」と言っています。

 

「自分は自由に望むものを実現化することが出来る」という肯定的な観念を持つと、喜びに満ちた観念をもたらし、それによって肯定的な結果を実現するのだそうです。

 

これがバシャール流「創造の物理学」

 

そして最後にバシャールは、「夢を実現させない理由はただ一つ、個人の観念である」つまり常にポジティブシンキングであれ、という事のようです。バシャールによるガンマ波に即効なれる呼吸法というテクニックもありますので、また今度そちらの動画も近日配信予定です。

 

はい、と言う事で今回は以上でございます。長々とお付き合い頂き誠にありがとうございました。瞑想によって皆様の人生がより良くなります事を心よりお祈りしておりますので、楽しんで瞑想をしていきましょう。

 

 

 

『参考資料』

 

[本]

・「神との対話」https://amzn.to/3frftYj

・「ザ・シークレット」https://amzn.to/3we497Z

・「働く君たちへ」https://amzn.to/3sAfQU1

 

 

[youtube]

United Gratitude ユニグラ

https://youtu.be/ZwqKKam9e_k

 

メル・ロビンズ https://youtu.be/DB8totvpzSQ

 

★バシャールの 願望実現7ステップ 岩瀬アキラ氏

その1〜3 : https://youtu.be/T1Ki7D5_36U

その7 : https://youtu.be/o_1_rm45MoM