​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢視点をARTな写真と共に洞察していきます。

EP6.バシャール流ガンマ波になるための呼吸法 解説全文

 

youtu.be

 

今回は4月17日にyoutube配信した瞑想のカタチch.「バシャール流ガンマ波になるための呼吸法」解説編で話している内容の台本を全文掲載します。

 

 

この解説編では、バシャール流ガンマ波になるための呼吸法を行う事によって得られるメリッやその根拠、ガンマ波やその他の脳波、周波数についても解説しております。

 

実際にこの瞑想法を行った作者の実践レポートを交えながら、 [即効性、リスク、シチュエーション、非日常、やり易さ]と、5つの分野で 難易度レーダーチャートを作成し、指標化しております。

 

バシャール・瞑想・スピリチュアル・科学・宗教・自己啓発・ビジネス・などに興味のあるはご覧になってみてください。

 

 実践編はこちら⬇︎

 

youtu.be

 

 

「瞑想のカタチch」では、古今東西の様々な瞑想法・呼吸法を私が1週間かけて実践し、体験レポートを紹介しております。

 

1つの瞑想法を私が誘導しながら一緒に行う『実践編』と、瞑想の内容や概要、参考資料などを紹介する『解説編』に分けてお送りしておりますので、様々な瞑想法や呼吸法などに興味のある方は参考になさってみてはいかがでしょうか。

 

 

f:id:gudosha:20210417200354j:plain
 

EP6.バシャール流ガンマ波になるための呼吸法 解説全文

 

はい、どうもこんにちは「瞑想のカタチch 解説編」でございます。

 

今回は「バシャール流ガンマ波になるための呼吸法」(しかも即効で)を実践編の方でお送りしました。実践された方はいかがでしたでしょうか。ガンマ波を体感する事は出来ましたでしょうか。

 

 

こちらの解説編では、今回の瞑想法、呼吸法の詳しいやり方やガンマ波の説明、バシャールについてなどを話して参りたいと思います。

 

 

f:id:gudosha:20210417195644j:plain


 

4つのメリット 

この解説編をご覧になって得られるメリットは4つございます。

 

1.ガンマ波の重要性を理解出来る。

科学が明らかにしている周波数別の脳波の状態、つまり、ガンマ波やベータ波やアルファ波は心身にどういった影響を及ぼしているのかを知る事が出来ます。

 

2.モチベーションが上がる。

ガンマ波の凄さを知る事により、その状態に即効でなれると言うこの呼吸法を試してみたくなります。そして簡単な呼吸法の練習を知ることによってやってみようという意欲が湧いてきます。

 

3.常識が変わる。

本編を見ればガンマ波になりたい、いやなるべきだ!いやいやならなきゃ損だ!と自然に思われるかと思います。

そして紹介します様々な情報はなるべく偏りの少ない整合性の取れたものを意識して選択しておりますので信憑性のあるものばかりです。

そしてそれらの情報が与えてくれたのは、私がこれまで常識と思っていた事が全く違う視点でも見えるのだなぁ、と改めてこの世界に対する視点がポジティブに変わりましたので、皆様の中にもきっと価値観の変わる事もあるかと思います。

 

4.悟りについて垣間見える。

最後にアメリカ発の悟っているとされている人50人に対するアンケートという面白い記事がございますのでそちらも載せておきます。

これはスピリチュアル界に従事している有名人50人を集めた訳ではなく、口コミで聖者を調べたというとても面白いものです。

 

悟った人はどんな生活をしているのか、どんな仕草や、その仕草について質問したりするといった身近な内容になってます。

 

 

はい、という事で今回も約50分程度になっておりますが、これでもなるべく割愛している方ですので、ご了承下さい。

ながいと思われる方は早送りや、概要欄にタイプスタンプを貼っておきますので、気になる項目別にご覧になってみてください。

 

 

f:id:gudosha:20210417195714j:plain

4つの項目

 

はい、それでは今回はこちらの4つの項目について話して参りたいと思います。

 

・レーダーチャートの説明

・ガンマ波とはなにか…

・詳しいやり方

・バシャールによると…

 

となっております。それではどうぞよろしくお願いします。

 

  

 

f:id:gudosha:20210417195744j:plain

難易度レーダーチャートの説明

 

…はい、それではまず今回の呼吸法の難易度を示すレーダーチャートになっております。10段階中の数字となっています。

 

 

 

☆1、即効性.8

はい、まずは1つ目即効性でございます。まあ即効性と言いますと、呼吸法を行ってからすぐ現れる効果の事でございます。こちらは8となっております。

 

これは本当に効果が分かりやすくて、深く3回も深呼吸すると全身がジンジンしてきて暖かくなってきます。

 

今回はバシャールが教えているYouTube映像を参考にそれに忠実に再現しておりますが、私は個人的にはバシャールの教えてるやり方よりももっとゆっくりと行って、吸って・留めて・吐いてを20秒間隔くらいで行うのですが、そうすると目を瞑って行うとすぐに瞼の裏の景色が変わるのを感じますね。瞼の裏に焦点が合うと言いますか、色が変わるんですね。

 

それと同時に耳の音にも変化が現れて、耳の奥で聞こえる音がなんか一段階変わると言いますか、聴こえてる周波数が変わる気がするんですよね。ピーーて聞こえてきたりします。

 

即効性のある原因は恐らく喉を大きく開いて空気を一気に大量に取り込む事で脳に酸素が行き渡って血流がバーっと全身を巡るからだと思います。しかも鼻呼吸ですので、口呼吸よりも全身の細胞に酸素が行き渡るようです。

 

と言う事でとても即効性がありますので、瞑想前だけでなく、ふとしたタイミングでリラックスしたい際や、すぐに落ち着いたり効果を求めたいのならば効果的かと思います。

 

という事で、即効性は8となっております。

 

 

☆2、リスク.8

2つ目はリスクとなっております、こちらは8でございます。

 

「んっ…?呼吸法でリスクなんてあるの?」と思われる方もいるかもしれませんが、この呼吸法を行うと血流が急激に上がりますので、心臓からの血液の供給量があがってその分血管に負荷がかかったり、末端の方の血管にも血液が行こうとして負担がかかったりしてしまうという事です。

 

ですので高血圧の方や妊婦さん、病中病後の方、或いは体調に不安がある方は特に注意しましょう。という事でございます。

 

この呼吸法による血流の変化と言いますか、身体に起こっている変化には自然と気がつくので、余程この効果と言いますか、強い血流の変化が起こっているのだと思います。

 

この呼吸法の他にも似た様な身体の状態になるものがありまして、それは数秒間全身に力をグッと入れてパッと緩めてリラックス効果を得るものがありますね、そういった弛緩法や、おしぼりなんかで両目をギューと押さえたりすると気持ちがいいですけど、ああ言う時も血圧が急に上がっていますので、体調に不安がある方はやめたほうがいいかもしれません。

 

そうとは言いましたけど、いやいや待てよ…と、ガンマ波って言うのは深い瞑想状態になると現れる非常に良い脳波の状態ではないのかと…、それなのに危険も伴うのかと…、私などはそうも思うのですが、まあこれはあくまでそれくらいの血流の変化に耐えうる状態であれば行っても大丈夫だよ、という事だと思いますので、まあ一般的に考えて健康的と言える様な体調の方ならば、という事かと思います。

 

はい、という事で、少し心配な方はもう少し緩やかな呼吸法だったり、時間をかけて徐々に呼吸を深くしていく呼吸法を行った方が宜しいかと思います。

 

という事でリスクはやや危険な8となっております。

  

 

☆3、シチュエーション.7

はい、3つ目のシチュエーションは7でございます。

7とやや困難になっている理由としましては、まず一気に空気を取り込んで血流が上がりますので、寝起きですぐに瞑想される際などはあまり向いてないのかと思います。

 

それに勢いよく呼吸をするとかなり呼吸音も大きくなりますので、出先で行う際はちょっと気を使います。

 

どこでも短時間で行えるというメリットもありますが、その反面立ったまま行うと下手すると倒れそうになったり、椅子に腰掛けた状態で行って直後に立ち上がるとふらついたりする事もありますので、気をつけた方がいいとの理由からでございます。

 

ですので行う際はあくまで瞑想の前に導入として行うのがいいかと思いますが、日常の様々なシーンにおいて深呼吸したい時はあると思いますので、その際は充分に注意なさってください。

 

という事でシチュエーションはやや困難な7となっております。

 

 

 

☆4、非日常.8

はい、4つ目は非日常は8でございます。非日常と言いますのも、私達が普段起きている間に体験しているこの意識の状態ではあまり体験しない様な出来事を体験出来るという事です。つまり深い瞑想状態になると訪れるガンマ波になれる、という事です。

 

しかしそれは特別に神秘的な体験と言うよりも、閉じた瞼の裏の視界にピントがあったり、無音の音の音階に変化を感じたり、集中して行えた瞑想の時に感じる様な脳内がクリアになって冴えた様な感じをこの呼吸法の直後に経験出来たりする事です。この呼吸法の後に目を開けると眩しく感じたりしますね。

 

そう言った日常ではあまり経験しない事を体験すると何か特別なことだったと感じたりしてワクワクします。

初めのうちはそう言った神秘的とも言えるような体験が新しいおもちゃのようで楽しくもあります。

 

しかし、多くの聖者や人生での道の多くを踏破した賢者によると、「瞑想中に起こる神秘的な出来事、体験はさほど重要ではない」とよく言われますね。禅ではこれを魔境などとも言われてますね。魔境ていうのはそう言う神秘体験によってエゴが調子に乗ってしまう状態です。

 

あくまで神秘的な体験と言うのは、歩いている時に見える虹や、車の事故、咲き乱れる花や、初めてみるような大波のようなもので、ただ単に自分が見慣れていないものであって、それは地球や宇宙、脳にとっては当たり前に存在するものなのだ、と言う事です。

 

だから重要な事はその神秘体験に執着して追い求める様な事はしない様にする事だと仰ります。

 

はい、という事で普段はあまり体験出来ない非日常性がありますので、非日常は8となっております。

  

 

☆5、やり易さ.3

はい、5つ目はやり易さでございます。まあこの数値、3となっおります、やややり難いと言う事です。

 

と申しますのも、ダリルアンカさんがチャネリングの際にこの呼吸法を行なっている所をみますとかなり勢いよく行なってますので、その通りに行うと中々ハードな呼吸法なんですね。

 

あまり勢いよく数回行いますと頭がクラ〜としてきたり、ちょっと苦しい感じもあったりします。人によってはその感じが嫌だったりするかもしれません。

 

まあその勢いのお陰ですぐにガンマ波になれるのかもしれませんけど…。

 

まあ慣れてくれば自分のペースで楽に行える様になるかと思いますが、バシャールのやり方を忠実に再現しようとすると私は少しやりづらさを感じました。

 

という事で、やり易さは3となっております。

 

 

 

総合難易度 7

はい、という事で総合の難易度に致しますと、バシャールの呼吸法は難易度7となっております。

 

まあすぐに現れる効果の反面、そこそこしんどいよ。というところでしょうか。

 

という事で以上が難易度を示すレーダーチャートの説明でした。

 

 

 

f:id:gudosha:20210417195819j:plain

ガンマ波とは

 

はい、それではガンマ波について説明して参りたいと思います。

 

まずガンマ波以外の脳波の段階についてですが、大きくは5段階に分けられています。

 

こちらの通りですね。

 

・デルタ.δ波=0.4Hz〜4Hz以下 

・シータ.θ波=4Hz〜7Hz   

・シューマン共振波=7.8Hz

・アルファ.α波=8Hz〜13Hz  

  1. スローα波=8〜9、
  2. ミッドα波=9〜12、
  3. ファストα波=12〜14

・ベータ.β波=14Hz〜30Hz 

・ガンマ.γ波=31〜120Hz

 

 

何Hz〜何Hzという細かい数字は科学者によって多少違いがあるようです。

 

 まずデルタ波は0.4Hz〜4Hz以下の脳波で、熟睡中の脳波で意識は全くない状態です。脳が眠っている状態です。ノンレム睡眠と言われてますね。まあデルタ波の中でも4つのステージに分かれていますので、深さは違うのですが、新生児や5歳児位までは起きていてもこの脳波にいる事があるそうです。

 

シータ波は4Hz〜7Hz、浅い睡眠状態で脳が活発に動いているレム睡眠中です。脳が活発に動くことによって夢を見たりするようです。その時に海馬がよく働くそうです。レム睡眠中は眼球が凄く動いているそうです。

 

シューマン共振波は後ほど説明します。

 

アルファ波は8Hz〜14Hzなのですが、その中で更に3段階に分けられてまして…

 

・スローα波は8〜9Hz、

寝る前ですとか、食後に眠くなるような休息モードに入ってボーッとしている状態です。

 

・ミッドα波は9〜12Hz、

とてもリラックスしていて緊張感のない状態、頭が冴えて集中力のある時ですね。クリエイティブな事が捗る状態です。

 

・ファストα波は12〜14Hz、

12Hzに近いといわゆるZONEに入る鍵となる脳波と言われていたり、14になるにつれてスローベータ波にも被ったりするようです。つまり意識が集中しているけれどもあまりゆとりがないような状態です。なんか急いでる時とか、瞬時に判断を求められて焦ってしまうスポーツや締め切り間近の仕事の時などでしょうか。

 

 

ベータβ波は14Hz〜30Hz、イライラしている時や不安な時、緊張状態でストレスフルな状態です。

 

ガンマ.γ波は31〜120Hz、ガンマ波もベータ波に被るので、極度の緊張状態を経験したりするのですが、しかしそこを越えると凄い状態になるようですね。意識ははっきりとしていて、とてもクリアな状態なようです。

 

ガンマ波もα波のようにと3段階に分かれておりまして、 Low40Hz、Medium70Hz、High120Hzです。ですのでベータ波に被る30Hz後半辺りはポジティブになるLOWに入って来ませんね。

 

Low 40Hzでは、自律神経やホルモンバランを整えたり、精神的には集中力、メタ認知能力、平静さが増します。

 

因みにメタ認知能力と言うのは、自分の事を客観視する視点の事です。メタと言うのは "高次の…" という意味で、つまり高次の視点で自分を客観視する、という事です。 そうありたいものですね。

 

Medium 70Hzではポジティブな心の状態、喜びや感動をかんじたり、身体的には体内の振動などを感じれるようです。バシャールの言う心がワクワクする状態にいなさい、と言うのはこの辺りでしょうね。

 

High、100Hz辺りになってくると、自我の拡大、深い静けさ、妄想の減少などの状態になるといいます。

自我の拡大と言っても尊大になると言うようなニュアンスではなく、自らの源、ハイヤーセルフに近づくと言った意味合いかと思います。ここにくるとワクワクと言った感情の体験もしてないようです。

 

更にその上の120Hzになると、気づきや悟りの状態、聖者の意識状態、といったグレートな状態になるようです。

しかしここにくると自我・精神活動はないのかと言うとそうではなくて、自我という精神は肉体のように性格面での個性、基本スペック、雛形のようなものなので、完全にその個性がなくなるわけではないようです。

その精神的な乗り物を意識の視点、悟りの視点、魂の視点から常に客観視、認識している状態なようです。

なので思考や外的な影響による感情の浮き沈みはなく、常に慈愛、至福の感情を体験しているようです。

ですので心も身体も全身が至福の波動なので、一般的にみると聖者の人生には奇跡の連続が起こっている様に見えると言います。

そして本人は至福に満たされているがゆえに何も欲する必要がないことを理解してます。なのでこの状態になると80%の方は肉体を離れる事を選択するとも言われています。

 

概要欄に覚者50人にインタビュー調査したという資料を乗せておきますので参考にしてみて下さい。

 

 

ある研究者の方は、「ガンマ波の中でも低い周波数はリラックスに効果があるなど、どちらかというと身体に関する効果がある。周波数が高くなると、潜在意識、集合意識などに効果があるのかもしれない」と語っています。

 

 

このガンマ波は脳波の測定技術が進化した近年になって初めて知られる様になった脳波で、現在脳科学の分野では…まあ脳波の中ではですね、最注目されている領域だそうです。

 

 

 

シューマン共振波とは…

 

そしてシューマン共振波と言われる7.8Hzの周波数がありまして、まあシータ波とアルファ波の間辺りですね、これはなにかと言いますと、その7.8Hzは地球が出してる周波数と言われております。

 

地表から電離層の間にある周波数という事です。電離層とは大気の上辺りですね。電離層になると、元々中性、真ん中だった原子分子を紫外線やX線の影響で➕か➖にしてしまう層という事です。イオン化などとも言われてます。

 

この地表から電離層までの間で見られる周波数が3つありまして、7.83 Hz(一次)、 14.1 Hz(二次)、 20.3 Hz(三次)、あると言われています。これをシューマンさんが発見したようです。

 

「まあ地球を形作る周波数なら7.8Hzて人体にもいいんじゃない…」と言われてまして、全ては振動、周波数で出来ていますから、この地球の放っている周波数と共鳴すれば人体にも良い影響があるのではないか、として様々な分野、まあヒーリングや音叉セラピーなどですね、7.8Hzによるセラピーが行われています。

 

しかしですね、現代科学ではまだ正当性を主張出来るだけの論文が無いと言う事でシューマン共振波が健康に良いとされる科学的な根拠は無いと結論づけられています。

 

 

とは言え、肯定的な意見も勿論ありまして、ある研究者は「データ量がもっと必要だ」としながらも、シューマン共振の電磁波を強く感じれる日は、最高血圧、最低血圧、大動脈圧、などが低下する傾向がみられたと語っています。

 

他には、(2019)に科学誌に投稿された論文においても、「シューマン共振の周波数の電磁場下にいると、CK(クレアチンキナーゼ)の値が低くなる傾向が認められた・・つまり心筋の損傷の程度が減った、心筋へのストレスが減った」との報告があるようです。

 

まあ共通点は心臓に良いて事ですかね。

 

 

それにNASAがスペースシャトルにシューマン共振発生装置を設置して宇宙飛行士の“宇宙酔い”を防いでいたと言う話や、オーディオマニアの間ではステレオのそばに置くと音質が劇的に変わるとも言われているようです。

 

 

7.8Hzへの人工的な悪影響

 

まあ7.8Hzという元々自然界にある周波数帯に対して、現代では人工の電磁波などによって生態系に悪影響が出ているなんて話もあるようです。

 

自然界、生体に対する電磁波の悪影響についての研究報告もありまして、

 

「例えばX線などの極めてエネルギーレベルが高い放射線は生体組織の内部にまで浸透するので、その接触によって発生した熱エネルギーによって正常な細胞が悪化してガン細胞化するのだそうです。

 

それよりも低いエネルギーレベルの紫外線でも同じ事が言えて、紫外線は生態の奥までは入って行けないけれど、表面で、人間で言うと皮膚ですね、熱を発生して正常な細胞をガン化させる。と言うのです。

 

そしてそれよりも更に低いエネルギーレベルがありますね、それがマイクロ波、電磁波です。私達の身近にある携帯電話やPC、電子レンジなど、家電から放出されています。

 

これらの使用が認められている理由としては、マイクロ波の周波数帯の及ぼす電磁波の発熱作用、生体に触れた際に起こる温度ですね、それを念頭にして考えられています。まあつまり、「それくらいの低い温度なら大丈夫でしょ…便利だしね」という事です。これを被爆制限基準値と言います。

 

我々や自然界に存在する生体が、電磁波、マイクロ波によって被爆した際に、影響を受けた際に、そのエネルギーは最終的に熱に変換されるという事です。「でもまあ、大丈夫っしょ…温いし…便利だしね…」という事ですが、その熱によって引き起こされる温度上昇が自然界、生態における障害の原因となっている、と考えられています。

 

被爆制限基準値が低ければ大丈夫、と当時は考えられていたのですが、現行の被爆制限基準値以下でも、あれ、そういえば…ペースメーカーなどの医療機器の誤作動が起こってるじゃないかと…。

いやいや問題は温度だけじゃなくて、機械おかしくなってるじゃん。というふうに他の作用の重要性も認識されるようになってきたんですね。

 

よくよく考えてみたら、電磁波というのはそもそも、生態に吸収後に発生する熱よりも高いエネルギー状態にあるのだそうです。つまり身体に入んなくても十分強いという事です。

 

 

確かに人体に対する影響はあると私も思いますね。

と申しますのもまあ私の妻もですね、PCが大好きで、特に用事もなければ一日の殆どをデスクトップの前で過ごすような生活で肩凝りが酷かったんですが、電磁波対策のコイルを常に首に当てたり、家庭内電磁波対策グッズをコンセントやら電化製品の各所に張り巡らせたらすっかり肩凝りが改善されましたので、やはり、身体に与える電磁波の影響と言うのもあるのかと思っております。

 

私もPCは苦手でして、ずっと画面を見てると目の奥がズキズキしてきますね。携帯電話だとそれほど感じないですけど…ですので一応我が家では寝る際はWi-Fiも携帯も電源OFFにしています。

 

 

まあなんにせよ身体や他の生態もストレスによって強くなる、という側面もあるかと思いますし…野菜なんかにつく害虫と言われる昆虫なんかも、農薬を強くすればするほど強くなっていくそうですね。スーパー害虫なんて言われてめちゃくちゃ強いらしいです。

まあその様に様々なストレス、問題があるからこそ、それを乗り越える為の、解決していく為の知恵と言いますか、進化や、それぞれの役割、命があるのではないでしょうか。

 

 

電磁波が悪影響を及ぼすとは言え、当然良い面もありますよね。

このデジタルの進化はとてつもない発展をもたらしました事は言うまでもないですし。電気や電波とかは正に超能力者の様な一部の人が使うような能力を一般人が利用できる所まで普及させた、つまり安価にする事が出来た、と言うのは本当に凄い進化だと思います。

 

勿論環境破壊などの懸念もありますが、私は個人的にはそれらも凌駕するような発明がその内なされると思います。

 

そしてそれを突き詰めていけばきっと個人個人の思考、考え方、意識改革なのではないかと思います。

 

そして水瓶座(アクエリアス)の時代にして風の時代の到来がそのポジティブな可能性を更に加速させるのではないかと考えております。

 

 

そして人間が肉体に出来る電磁波対策、放射線対策、健康対策は何かと言えば、バシャール然り、神との対話然り、エイブラハム然り、そして自然界の法則を見ても然り、通底している意見が "水をたくさん飲む" という事なのです。

 

確かに水は流れてないとどんどん悪くなっていきますし、水のある土地はそれはそれは豊かですからね。

それに水は熱を取ってくれますから、被爆して発生した熱を下げてくれるのではないでしょうか。そして水が死んだ細胞なんの組織を効率よく流してくれるのかと思います。

 

私は一時期に沖縄の宮古島という土地に住んでいたのですが、あそこは台風銀座とも言われるくらいの台風の通り道なんですよね。平均すると夏の間で5〜6回は直撃するようなのですが、台風のお陰で珊瑚礁の死骸なんかをザラッと流してくれるという効果もあると言うのです。

 

 

人体は体重の約60〜65%が水分という事で、因みに日本人の成人が1日で排出する水分量は平均で2.5リットルだそうです。ですので食事以外での水分は1.2リットルは摂取した方がいいと言うことです。しかもなるべくなら分解に苦のない水がいいという事です。

 

 

私は以前は全然水を飲まなかったんですよ。トイレが近すぎて飲むのが煩わしかったんです。

 

約2年前に大都会からド田舎に引っ越してきまして、生活環境がガラリと変わって、生活のリズムや食生活がまるっきり変わって、水をたくさん飲む様になったのはごく最近のことです。

 

今では大体朝は6時前後に起きて、昼前に食事を摂るのですが、それまでに2リットルくらいは水を飲むようになりました。ですので午前中はトイレばっかり行ってます。午前中は排泄の時間らしいので良いらしいですけどね…。

 

まあ出来ることを少しずつできたらなと思います。

 

まあなんにせよ色んな情報がありますので、なにが自分にピンと来たか、身体に合ってるか、という事かと思いますので、あくまで私が個人的にピンと来た情報をお伝えしておりますので、一意見として思っておいていただけたらと思います。

 

 

 

f:id:gudosha:20210417195902j:plain



呼吸法の詳しいやり方

 

はい、それではここからは呼吸法の詳しいやり方と、実際にこの呼吸法を行ってみた私の体験談なども交えてお話して参ります。

 

まずこの呼吸法は深い瞑想状態になると現れるというガンマ波になる為の呼吸法です。

 

まあ深い瞑想状態という事ですので、100Hz辺りでしょうか。

 

まあ通常の考え方であれば、"瞑想によってガンマ波になる" となりますが、バシャール流は簡単な呼吸法によって、しかも速攻でガンマ波になってから瞑想に取り組もう。と言うのです。

 

はい、それではまず、

 

・呼吸は常に鼻から行います。

しかし、鼻から空気を吸っていない感覚で行います。つまり、喉から空気を吸い込むのです。途中に鼻がある。みたいな感じです。

 

そうする為に喉を大きく開いて喉の辺りで空気を吸い込む感覚で行います。

 

"鼻呼吸なのに喉で吸う" これがこの呼吸法のキーワードになっています。

 

 

それではまずは喉を開く感覚を掴む為に口を大きく開いて口から、喉の辺りで空気を吸い込みます。

 

数秒行う…

 

 

はい、喉の辺りを意識して空気を吸うと喉が開いている感覚があるのが分かりますでしょうか。

 

 

はい、そうしましたら、大きく口を開けたまま唇だけを閉じます。つまり口の中で上下の歯は隙間が開いてますね。そして喉も開いた感じがしますね。

 

はい、その状態で先程のように喉の辺りで吸う感覚で吸ってみて下さい。

 

すると鼻から空気が入ってきてない感覚になります。

 

 

しばらく行う…

 

 

よくわからない方はこの感覚を掴む為に次の方法を行ってみましょう。

 

・まず口を開けたまま喉から空気を吸い込みます。

・全て吸いきる前に途中で唇だけ閉じます。

 

するとそのまま鼻から空気が入ってきます。

 

唇の辺りから空気を吸ってると唇を閉じた際にうまく鼻に切り替わらないですね。喉から吸う意識をする事でスムーズに唇を閉じた際に鼻から空気が入ってきます。

 

喉から空気を吸って唇を閉じたり開いたりパクパクして喉から吸い込む感覚を覚えていきましょう。

 

 

しばらく行う…

 

 

☆はい、次に、呼吸には胸式呼吸、複式呼吸がありますが、バシャールは瞑想時は基本的に腹式呼吸を行うようにと言っています。

 

バシャールをチャネリングしているダリルさんがセッションの際にこの呼吸法を行なっているのですが、それを見る限りでは、上半身全体を使って大きく呼吸していますので、そうしてみるとうまくいきました。

 

 

今回は呼吸法のみを紹介してますので、バシャールの瞑想の際のポイントはまだ別の動画で話して参ります。

 

 

先程の喉から吸うコツが掴めましたらまずはゆっくり大きく吐くところから始めましょう。

 

・吐ききったらゆっくり大きく上半身を膨らませるように吸い込みます。

 

・吸い込んだら息を止める事はせず、自然なリズムで吐き出していきます。

 

・この吸うと吐くの切り替えのポイントは円を描くようなタイミングです。

 

吐きだす際はお腹と胸から空気を絞り出すようにすると上半身が縮こまって大きな呼吸になります。その様に意識していれば自然に空気が出ていきますので、吐き出す際は特に喉も鼻も意識しなくても構いません。

 

 

実践編の方ではこの呼吸法を5回続けて行っておりますが、ダリルさんがチャネリングをする際には3回程度行っている様です。

 

 

呼吸を行なっていきますと徐々に呼吸が深くなっていきます。

 

 

実践編の方では練習の為に5回行いましたが、酸素が増える事によって血流が速くなりますので、あまりやり過ぎると頭がクラクラしたり、呼吸が終わって座った状態から立ち上がったり、立ったまま行うとふらつく事がありますので注意しましょう。

 

 

以上が呼吸法のやり方でございました。

 

 

 

f:id:gudosha:20210417200243j:plain

バシャールによると…

 

次はバシャールによる解説です。バシャールは "ガンマ波になるには恐れや疑いが無い方が入りやすい" と言っています。

 

確かに、恐れや疑いと言うのはネガティブな印象がありますから、波動が低いのでしょう。

 

 

ダリルさんがバシャールをチャネリングしている時に最初と、途中でも呼吸のパターンが変わる瞬間がありますね。たまに深いため息のように "コォ〜" とやっています。

 

あの時がガンマ波の呼吸を行っている瞬間なのだとバシャールは話しています。

 

 

呼吸法によって通常以上の高波動を受けたダリルさんの脳は猛スピードで回転し、通常の呼吸法では得られない特殊な方法でエネルギーを体内にまわしていると、バシャールは話しています。

 

ですから、更なる酸素の供給の助けによって、沢山のエネルギーを取り込む事が出来るだけでなく、ダリルの体が燃え尽きないよう、保護する役目もあるというのです。

 

燃え尽きないと言う事は、空気が冷却剤のようになっているという事かもしれませんね。

 

 

 

ピラミッドの秘密…

 

またバシャールはガンマ波の呼吸についてこのようにも語っております。

 

古代人はギザのピラミッド内にある特別な素材で作られた蓋のない棺桶の中で瞑想していたそうです。

 

その中で瞑想するとガンマ波に入りやすく、その棺桶の中でガンマ波の波動が行ったり来たりして動き、その波動は増長し、その結果意識が肉体からポンっと離れて幽体離脱(アストラルトラベル)を行なって非物質界へと飛んでいき、そこで明晰夢の様なイメージを見て様々な情報を得ていたと言います。

 

そしてこの石棺は黄金率で設計されていたそうです。

 

 

そしてワクワクしている状態はガンマ波でもあると言います。

 

これは途中で紹介した資料でも言ってましたね、「ガンマ波のmedium70Hzは喜び、感動の精神状態…」であると。

 

それゆえに様々な情報の中から自らをより高める創造のために必要な情報をキャッチする事が出来るのだそうです。

 

そして普段から自分の好きな事、楽しい事、ワクワクする事をイメージする事でワクワクの波動を体験する事が出来るのだと言います。

 

これは「夢見る瞑想(ヴィジュアライゼーション)の中でも似たような説明が出てきましたので、良かったら見てみてください。概要欄に貼っておきます。

 

 

このワクワクガンマ波に居れば、高い視点から物事を見れるので、様々な問題解決は容易である。ガンマ波にいる事で物質的な脳とアストラル界の私(ハイヤーセルフ)がシンクロして、ハイヤーセルフのマインドで知覚して感じる事が出来る。故にそのハイヤーセルフの高い視点で様々な選択や問題を捉える事が出来る。という事です。

 

なんとも心地良い話しです。聞いてるだけで楽しくなってきますね。

 

 

f:id:gudosha:20210417200324j:plain
 

finトーク

 

はい、という事で今回はバシャールのガンマ波になるための呼吸法でございました。いかがでしたでしょうか。

 

瞑想の前におすすめの呼吸法です、と冒頭に言いましたが、どの様な瞑想を行うのか、それぞれの瞑想法が提唱している瞑想の目的と言いますか、そう言った内容によってこの呼吸法を取り入れるべきか否か、と言うのは変わってくると思います。

 

ですのであくまで瞑想法によっては事前にこの呼吸法を行う事で素晴らしい効果を得られるテクニックではないでしょうか。

 

 

深い瞑想状態と言いますともう…無心無思考とか、視覚的なイメージや言語的な思考が一切起こらない静謐な心の状態ですかね。

 

明晰な意識の状態とか、ただただ気づいている状態、とも言いますね。その気づきを認識していると、思考が現れようとする僅かなさざ波のうねりの瞬間に気が付けますので、思考が形をなす前に捉えられるんですね。

ですので早々に見つかってしまった思考は中和されると言いますか、形をなす前に分解してしまいます。

 

そんな深い瞑想の状態は普段中々訪れませんし、訪れてもずっとその意識状態が継続すると言うのはかなりの熟練者かと思います。

 

 

はい、という事で今回は以上になります。皆様のより良き瞑想の為に、より良き人生の創造の為に、今後も古今東西様々な瞑想法や呼吸法を紹介してまいりますので、宜しかったら是非またご覧になってください。

 

それでは今回も最後までご覧いただき誠にありがとうございました。皆様の幸せな人生を心より祝福しておりますので、是非これからも楽しんでいきましょう。

 

 

 

参考資料

 

[youtube] ネブラ・チャンネル_the Planet from Nebula オフィシャル https://youtu.be/VHDmiBppX1g

 

 

米国悟りの50人インタビュー

https://aishinbun.com/clm/20181218/1888/