​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

​臨済宗での修行体験 ​​

f:id:gudosha:20200526160800j:image

鈴木大拙氏

 

  • 覚者に憧れて

 

​​私が臨済宗での修行を熱望した最大の理由と

言えば、近年の禅系臨済宗で "覚者" と言われ、

西洋諸国に禅を広めた、故 "鈴木大拙" 氏と、

インド人にして禅の覚者、

"オショー・ラジシーニ" 氏の影響である。
​​

 

​​私の人生は集中力と落ち着きと常識のない

子供時代に始まり、青春時代を通して

30歳になる頃までは人生が全く上手く

いかなかった。
​​

 

​​それは "常に頭の中で考える癖" から

離れられず、そうしている事が誰にとっても

当たり前だと勘違いしていた事に起因して

いたのだろう。
​​

​​

​​思考習慣とは過去に見聞した知識のこと

であり、それらは個人がどんな情報に

晒されてきたかによってのみ育まれる

極めて個人的なものである。

​​ゆえにそれが正しいと思っているのは

自分だけであるのだ。
​​

​​​​「色眼鏡から見る景色」 - ​​求道者は黙して嘘をつく​…
​​

 

  • ​​強固な思考習慣

​​

f:id:gudosha:20200527155410j:image

 

​​常に思考習慣に苛まれていた

若かりし頃の私は、

「ここよりもあそこに行けばもっと

良いことがあるのではないか」

といつも考えていた。
​​

 

​​"ここ" に居ても過去や未来のことで

頭がいっぱいだったから何処にいても

現状に満足出来なかったのだ。
​​

 

​​その結果各地を転々として、

旅行に行って目的地に着いてもしばらく

したらもう飽きてしまい、

​​次の目的地を設定してそこに楽しみが

あるのではないかと期待していたのである。
​​

​​

​​それは遊びや仕事においてもそうで、

楽しく感じない原因が自分の中に

あるとは思わずに、

周囲の環境のせいにばかりしていたのだ。
​​

 

​​何をしてても余計なことばかり考えていたから

​​結果物事に集中して取り組む事が出来ず、

やっている事が間違っているのだと

思い込んでいた。
​​

​​

​​そんな愚かな精神活動は27歳の頃に体験した

​​ヴィパッサナー瞑想センターでの瞑想体験を

機に、それから今日まで思考を手放す努力を

する事になった。
​​

 

  • 臨済宗での修行体験

​​

f:id:gudosha:20200527155529j:image

 

​​29〜30歳の頃に経験した古今東西の覚者に

よる著作の十数冊に及ぶ読書体験は強烈な

インパクトとなってその後の私の人生の

行く道を決定づけるきっかけとなった。
​​

​​

​​当時の私が手にした世界中の覚者の本の中に

​​あって日本人は鈴木大拙氏のみであった。
​​

​​

​​"禅問答" が最大の特徴である臨済宗で修行した

氏の世事に対する洞察、禅問答の解説、

体験談は私の中に

「いつか臨済宗に出家して

禅問答をしてみたい」

と思わせる契機となり、それから10年の

​​歳月を経て東京からドロップアウトを果たし、

41歳の頃には念願叶って半年間ではあるが

臨済宗のお寺で修行することが出来たのだ。
​​

​​

​​お寺での生活はとても刺激的で

毎朝50分間に及ぶ読経三昧に始まり、

お目当の参禅指導 (禅問答)、

日中は作務と呼ばれる作業に従事した。
​​

 

​​そのお寺は一般人の修行体験希望者を

受け入れている数少ない禅道場であったから、

伝統に則った正式な体系の生活リズム、

修行様式ではなかったが、

規則正しい生活リズムと禅問答の答えを

日常作務の中で拈提

(ねんてい。公案を参究する事)

することは張り合いがあってとても面白かった。
​​


f:id:gudosha:20200527155813j:image

座禅堂

 

 

​​禅宗六派の中でも二大勢力となっているのが

​​「禅問答の臨済宗」「座禅の曹洞宗」

である。

 


​​"ただひたすらに座る"

ことのみに悟りへの道を求めた曹洞宗に対して、

"動中の工夫は静中の工夫の百千万億倍す"

と宣言した臨済宗は坐禅をあまり

重んじなかった。
​​

 

​​私が修行したお寺でも坐禅に充てられる

時間は30分であり、しかもその間に参禅が

行われるので実質殆ど坐禅の時間は

取られていなかった。
​​

 

​​しかし「禅問答」に憧れた私は言葉を

全否定するそのやり方にこそ興味を

抱いていたので、坐禅は個人的に自室で

朝晩行うようにしていた。
​​


f:id:gudosha:20200527173512j:image
自室で休憩中

 

​​

​​一般大衆道場であったから四畳半程度の

個室があてがわれ外出自由の休息日は

月に3回もあった。

 

  • 修行の効能

 

​​f:id:gudosha:20200527160524j:image

 

 

​​誰にとってもそうであるように、

欲望をコントロールするのは至難の技である。

​​欲望を満たす甘美な誘惑は俗世間には

溢れている。どうせなら選択肢が

目の前にない方がよっぽど楽だ。
​​

 

​​かくして私も入山当初はそれまでの

堕落した生活さながらに、

甘いものへの誘惑や、性欲、ゴルフ欲

といった欲望を満たすことに後悔の念を

抱きつつも打ち負かされていた。
​​

​​

​​規則正しい生活リズムと朝課での読経三昧

こそ​​大いに精神修養の役にはたったが、

中途半端に​​堕落したそんな態度で修行の

恩恵を最大限享受出来ようはずもなく、

あれ程楽しみにしていた​​禅問答も

真剣に参究する事が出来なかった。
​​

​​

​​しかし下山予定まで残り二ヶ月半と

なった頃に「こんな事じゃいけない​‼︎​️」

とようやく改心し、それ以来食生活が

がらりと変わり、朝も2時〜3時に起きる

ようになり、気持ちに拍車がかかった。
​​

​​

​​それまでは大好きであった肉、魚、お酒、

小麦粉食品、マーガリン、添加物、砂糖、

加糖 (蜂蜜など)、乳製品、などを進んで

手にすることはなくなり、

それと同時になぜか性欲も失せてしまった。
​​


f:id:gudosha:20200526142224j:image
休息日の昼食

 

 

​​そうなってからというもの、

自分ではあまり変化を感じていなかったが、

毎日携帯のメモに書いて妻に送っていた

日記の内容がそれ以前とは段違いに良く

なったと妻は言っていた。
​​

​​

​​「悟りを得る​‼︎​️」と宣って意気揚々と

お寺に行ってはみたが、

そんな甘いものでもなく、

結局悟り意識には到達出来なかった。
​​

 

​​しかし、お寺での生活で早寝早起きの

生活リズムが出来たこと、

食生活が改善された事は大収穫であったし、

長年の夢であった臨済宗での修行生活も

叶ったから大いに収穫はあった。
​​

​​

東京から​​ドロップアウトして新潟の山奥へと

​​引っ越し、それからお寺に行くまでに

四ヶ月ほど時間があったから、

田舎に引っ越してきたばっかりの荷物は

ある程度整理していたつもりではあったが、

お寺から帰るとすぐに部屋の整理整頓と

​​インテリアを変えた。
​​

​​

​​すると以前は必要だと思って取っておいた

物がそれ程必要ではないように思え、

断捨離が以前よりもとても進んだのだ。

​​おかげで部屋はスッキリし、以前よりも過ごし

やすくなった。
​​

​​​

​​それからというもの食生活の改善も継続され、

​​散歩以外の外出も控えるようになり、

早寝早起きのリズムは目覚ましなしで自然と

行われ、朝晩60分づつの瞑想はすこぶる快調で

ある。
​​

 

f:id:gudosha:20200526142653j:image

自宅で糠漬け

 

​​

​​13年程前からなんとなく憧れていた

作家業にも本腰を入れるようになり、

毎日文章を書く事にやり甲斐を

感じているし、手応えも感じている。
​​

​​

​​お寺にいた頃は分からなかったが、

こうして生活の改善を見るからに

確かに成長をしているようだ。
​​

 

​​今では遊ぶ事やお酒やお菓子などといった

欲望は全くなくなり、代わりに創作意欲が

強くなってきて一日中創作活動に

向き合っている。
​​

​​

​​これからどんな展開が待っているのかは

分からないが、それは自分次第で幾らでも

創造可能なのだという強い確信があり、

無心である事の効能を伝えていけたらと

思うのである。

 


f:id:gudosha:20200527160825j:image
​​