​​求道者は黙して嘘をつく​…

「真理は "今ここ" 無心にあり!」無心から世間を眺める一風変わった賢者の視点をARTな写真と共に洞察していきます。

​​​​6度のヴィパサナー瞑想体験

f:id:gudosha:20200526162956j:image
 
•初めての瞑想体験

 

​​京都にあるヴィパサナー瞑想センターを

初めて​​訪れたのは27歳の頃である。
​​

 

​​それから早14年。瞑想から得た恩恵は

平静というフラットな心の在り方による

生活環境の変化であった。
​​

​​

​​平静で居ることを選択してきた結果、

思考習慣や偏った価値観で意見する事をやめ、

それはつまり心の自由を手に入れ、

それと同時に "出来ることなら休みたい"

と思うような仕事から解放されたのだ。

 

f:id:gudosha:20200527122340j:image

 

​​

​​ヴィパッサナー瞑想以前にも瞑想を

見様見真似でやってみた事はあったが、

瞑想が気持ちいいとか楽しいといった

ふうに思った事は一度もなかった。
​​

​​

​​ヴィパッサナー瞑想センターはインドに

ある最も古い瞑想法の一つで、2500年前に

お釈迦様が​​再発見し、それ以来その伝統は

脈々と受け継がれ、今では世界中に

150箇所以上、日本では京都と千葉に

センターがあり、主に10日間のコースが

月に2回程度行われている。
​​

​​

f:id:gudosha:20200527124324j:image

 

 

​​この10日間は携帯、読書、殺生、お喋り、

散歩以外の運動、与えられた食事以外の食物、

酒、煙草、​​コーヒー、一切の嗜好品、

他者とのコミュニケーション、思考妄想、

サプリメント、外出は一切禁止であり、

一日10時間半にも及ぶ瞑想を指導者の

元に行う沈黙の行である。
​​

​​

​​指導者との面談は随時行われ、夜には毎日

90分程度録音された講和を聞き、

修行の段階に起こる様々な出来事や疑問に

ついて説明してくれる。
​​

​​

​​本質的な霊能者やスピリチュアルな組織は

大体がそうであるように、ここも又お金は

参加者の寄付に頼っている非営利団体である。
​​

 

​​•初めての本格的な実践

 

f:id:gudosha:20200527122439j:image

 

 

​​本格的な瞑想の実践はこの時が初めて

であったから、気持ちはやる気に満ちて

いたのだが、肝心の集中力は皆無に

等しかったから全く上手くやる事が出来ず、

思考が収まる気配など毛頭なく、

​​4日目で既に諦めることになってしまった。
​​

​​

​​それまで2年半住んだ沖縄を出て、

瞑想が目的で京都まで来て、この先特に

行くあても考えてなかったし、

とりあえずこの地獄のような我慢大会

をなんとか乗り切るべく、

時間になったら皆と一緒に座り、

瞑想している振りをしていた。
​​

​​

​​初心者にとっての瞑想は集中力強化の

ためのトレーニングである。
​​

 

f:id:gudosha:20200527124815j:image

 

​​

​​当時の私は集中力が全然なかったから

疲れてしまったのだと思う。
​​

​​

​​それはつまり筋肉のない人が一日中筋トレを

やるようなものである。
​​

​​

​​途中で投げ出して思考妄想にうつつを

抜かした後半戦であったし、真面目な

瞑想実践者にありがちな神秘体験や恍惚感、

そうまで言わなくとも心地良さといった

体験すら感じた事はなかったから、

この10日間が無意味なものであったとコース

終了後にはそう思っていた。
​​

 

​​・トントン拍子の願望実現

 

f:id:gudosha:20200527122509j:image

 

 

​​しかしそんな気持ちとは裏腹に

コース終了直後から急にそれまでの願望が

叶いだす事になる。
​​

 

​​京都に来てから

フリマで服を買いたいなぁ…」

思っていたのだが、センターに来ていた

若い男の子と最終日に仲良くなり、

音楽をやっているという彼は近々

京都の精華大学のオールナイトで​​行われる

文化祭でプレイするというので、

行ってみるとフリマも開催されていたので

洋服を調達できたり、

 

​​「京都に住みたいなぁ…」と思ったら、

その文化祭で知り合った女の子に

寒かったので買った服を貸してあげた事が

きっかけで数日後から居候すようになったり、

 

 

f:id:gudosha:20200527123701j:image

 

 

​​そのひと月後には数年前から行きたかった

ネパール旅行に友達が連れて行ってくれたり、
​​

​​京都に住むようになってからは

「緑の折り畳みの安い自転車が欲しいなぁ…」

と思ったらまさに​​ドンピシャの自転車を

みつけたり、
​​

​​その後京都市内に安アパートを借りて骨董屋を

​​毎日巡り歩くといったまさにトントン拍子の

夢のような生活が訪れたのである。
​​

​​

​​しかし、よく考えてみればヴィパッサナー瞑想

センターにこれたのも願望が叶った瞬間では

あったのだ。
​​

 

​​•脳内データの書き換え

 

f:id:gudosha:20200527122607j:image

 

 

​​その経験からその後も瞑想に本格的に

取り組むようになったのだが、

それまでの人生でほぼ長きに渡って

繰り返してきた思考習慣が簡単に手放せる

はずもなく、瞑想中は未だに思考は

"ふわっと"訪れてくる。
​​

​​

​​しかしこれまでに考える習慣であったの

ならば、脳はその都度そのように

メニュー表示してくるのは当然の作業

であるし、問題は現れてきた思考に囚われて

ホイホイとついていくことであり、

​​相変わらずメニューを提示してくる脳には

「過去のデータに基づいた思考のメニューを

提示しても採用されない」

という事を新たに覚えさせなければ

いけないのだ。
​​

 

​​•奉仕としての初参加

 

f:id:gudosha:20200527122712j:image

 

 

​​それからは数年おきにコースに参加する

ようになり、普段から瞑想する時間も

もつようになったので参加するごとに

自身の成長が感じられている。
​​

​​

​​コースは完全に寄付で賄われており、

コース参加者のサポートをする奉仕者も

ボランティアである。
​​

​​

​​これまでに5回の10日間コースと、

10日間コースの奉仕を1回行い、

計6回のコース参加であるが、

​​奉仕として参加する以前は 、

​​「奉仕として参加するよりも瞑想に

打ち込んだほうが絶対成長出来るはず」

と思っていたし、

​​「忙しい仕事の合間をぬって12日間も

休むのだからやっぱり生徒の方がいい」

とも考えていた。
​​

​​

​​しかし仕事をドロップアウトして時間的に

余裕が出来たことがきっかけで初めて奉仕

として参加する気になり、実際に奉仕者

として参加する事になった。
​​

 

 

​​•奉仕の方が意識が高い

 

f:id:gudosha:20200527122738j:image

 

 

​​奉仕者の役割とは瞑想に打ち込む生徒の

衣食住のサポートである。

​​主に食事の準備となるのだが、

生徒の時は一日10時間半の瞑想時間が、

奉仕者となると全員で行うグループ瞑想の

3時間のみとなるので、

はっきりいって楽である。
​​

​​

​​奉仕をするにあたっては「奉仕者の心得」

というものがありそれらを遵守する事を

求められる。
​​

 

•奉仕者の心得

 

f:id:gudosha:20200527124039j:image

 

 

  • ​​笑顔を常に絶やさない
  • ​​男女の分離
  • ​​節約
  • ​​自分を観察し、感謝の波動を常に保つ
  • ​​必要以外の言葉を喋らない
  • ​​常に愛を持って人々に接する
  • ​​不殺生
  • ​​性行為の禁止
  • ​​盗みを犯さない
  • ​​嘘をつかない
  • ​​酒・麻薬類を摂らない

​​

​​

​​生徒として参加している時は自分の

感覚にだけ注意を向けていればいいので

成功も失敗も全て自分の努力によるのだが、

奉仕者となると

自分の修行​➕​奉仕者との関わり​➕​

生徒さん達のサポート

という意識の視点が双方向に求められ、

それらの振る舞いは真剣にやればやるほど

難しく、生徒として自分にだけ

向き合っている時よりも他人を気遣う分

難しいと感じた。
​​

​​

​​しかし、それまでの瞑想的生活が

上手くいっていた私は、奉仕者として

そこそこ上手く立ち回れていたようで、

他の奉仕の方や長期滞在の

マネージャーさんに大変褒められた。
​​

 

f:id:gudosha:20200527125130j:image

 

​​

​​私はお米を炊く係をしていたのだが、

毎日約90人分のお米を炊いていると時には

沢山余ったり、時には足りなくなったり

するのだが、マネージャーさん曰くお米担当

の人は炊く量の調整が難しいので

悩んだり落ち込んだりする事が

よくあるのだと言う。
​​

​​

​​私はそんな事は全く気にならず、

それよりもむしろ戒律を守る事に

フォーカスしていたので、

​​はっきりいって沢山余ろうが足りなかろうが

次に改善すればいいくらいにしか

思わなかった。
​​

​​•慣れた頃にミスを犯す

 

​​f:id:gudosha:20200527123209j:image

 

 

​​その期間の奉仕参加者は多かった為、

男女それぞれ交代で一日づつ休む事になった。
​​

 

​​私は7日目に休みをもらったのだが、

その日一日は生徒として皆さんと同じ

スケジュールで座ることにした。

​​すると途轍もなく疲れてしまい、

改めて生徒として参加する事の大変さを

実感したのだ。
​​

​​

​​あけて8日目。

​​私は食事の準備が整った事を最終確認する

役割も担っていたから、特に男子の方は

私の責任となっていた。
​​

​​

​​最終確認を行う際にはA4のラミネートを確認

しながら行うのだが、8日目にもなって慣れて

きたし、前日の瞑想三昧に疲れていたの

かもしれないが、その日の朝はラミネートを

使用しての確認作業を怠ってしまった。
​​

​​

​​毎朝の食事にはパンが出されるのだが、

ストレスの多い瞑想三昧の生活では

食事は自ずと楽しみとなる。
​​

 

f:id:gudosha:20200526145002j:image

 

 

​​甘いジャムなども使えるので、

パン好きな人にとってはとても楽しみな

時間であり、パンは人気である。

 

しかし私はその朝男性側の食堂にパンを

出すのを忘れてしまったのだ。
​​

​​

​​生徒さん達はサンカーラと呼ばれる

過去の嫌悪感にひたすら向き合う

生活を続ける中で、その生活を

何不自由なくサポートする立場で

あるはずの私のミスで彼らの中に

「えっ​、​今日パンないの​⁉︎」

と新たなサンカーラ (過去の嫌悪感)

を生み出してしまったことだろう。
​​

​​

​​自分の感覚と思考と行動を注意深く観察し、

変えるだけでも注意力がいるのに、

相手の事まで気遣わなければならない

奉仕の仕事は

"私が思っていた​​以上に難しい仕事なんだなぁ"

と痛感し、恐らく真剣に

向き合えば向き合うほど更に難しく

感じるのではないだうか。
​​

​​

​​そしてふとした時に垣間見える奉仕者の

人達の​​細かい所作の中に、その人が

どれだけ真剣に取り組んでいるのかも

見えてくるので、それだけでも

"面白いなぁ" ​​と感じるのである。
​​

​​•コースの参加は半年に一度

 

​​f:id:gudosha:20200527124127j:image

 

​​生徒としてヴィパッサナー瞑想に

参加出来るのは半年おきであるが、

奉仕の楽しみもよく分かった事だし、

生徒と奉仕の合わせ技で続けて参加すれば

2度おいしい体験が出来るので

今後が楽しみである。
​​

​​

​​時間が許すのであれば、どちらが先でも

構わないから生徒と奉仕を続けて

やってみるといい。

​​ポジティブな波動が保たれているあの地に

留まるだけでも世俗よりは良い影響が

得られるはずだ。
​​

 

​​•実践生活

 

f:id:gudosha:20200527123301j:image

 

 

​​東京からど田舎に引っ越してきて

普段は全く人と合わず、散歩に行っても

殆ど人とすれ違わない生活は

とても気楽である。
​​

​​

​​肉体労働を辞めてからというもの

疲れも溜まらくなり、これまでにないほどに

瞑想に集中出来るようになった。
​​

​​

​​お寺で修行していた頃は睡眠時間を

削ってまで​​坐禅に打ち込んでいたが、

今考えれば心身共に​​充実している時の方が

良い瞑想が出来るので、​​例え座る時間が

短くなろうとも疲れている時は

​​休んだ方がいい。
​​

​​

​​それに瞑想であれ貯金であれ、

毎日コツコツと​​実績を貯めていく事は

確かな成長となるから、

​​例え五分でもいいから毎日座ることである。

​​忙しい時にこそ一度頭を休めて

リラックスした方が

いい発想が浮かぶというものだ。
​​

​​

​​瞑想に慣れてきて集中力が増してくると

無心で居ることが出来るようになる。

​​無心とは無思考であり、

感情に左右されない心の状態であるから

平静であり中庸とも呼ばれるのだ。
​​

 

f:id:gudosha:20200526114148j:image

 

​​

​​思考は感情を助長し、

感情は更に思考を助長​​する。

​​そのスパイラルは延々と繰り返されて

波の上下のように自然の摂理に従って

良いことと悪いことのうねりの中で

右往左往しているのだ。
​​

​​

​​必死になって外側を見て、沢山の知識を

獲得したところで幸せの種は自分の中に

あるのだ。

​​その種を見つけ、育むことが出来るのは

自分でしかなく、誰も本当の意味で

自分以外のことに興味などない。

 


​​例えあなたが大事に思っている子供にしろ

恋人にしろ家族にしろ会社にしろ

様々な物事にしろ、​​なくなってしまえば

後に残るのはあなただけではないか。
​​

 

​​その時あなたはどうするのか。

​​その時あなたが無心で居られれば、

過去の思い出が煩わせるあんなに

好きだった人や物事が自分の心の中に

なければ何処にもないのだと知ることだろう。
​​

 

f:id:gudosha:20200527133843j:image

 

​​

​​瞑想はその為のものである。

​​刺激の最も少ない環境の方が、

自分の心身の動きに注意深くなれる

というだけのことだ。
​​

​​

​​